« うまくいくコミュニケーションの考え方 | トップページ | お台場 miwaめざましライブ »

デール・カーネギー「人を動かす」

皆さん、こんにちは。

今日はお勧め書籍をご紹介しますね。

最近、本のブログの更新がぱったり…。ごめんなさい。

 

今日、ご紹介するのは、コミュニケーションの本の中でも、特に秀逸と思う古典の本です。

コミュニケーションとは言っても、その神髄に、「人を思いやる」という気持ちが溢れているからこそ、相手を尊重し、その結果、相手からも尊重してもらえるという循環となっています。 

 

デール・カーネギー「人を動かす」

 

 

本の目次を読むだけでもためになります。

 第一部 人を動かす三原則

  1、盗人にも五分の理を認める

  2、重要感を持たせる

  3、人の立場に身を置く

 第二部 人に好かれる六原則 

  1、誠実な関心を寄せる

  2、笑顔を忘れない

  3、名前を覚える

  4、聞き手にまわる 

  5、関心のありかを見抜く

  6、心からほめる

 第三部 人を説得する十二章

  1、議論をさける

  2、誤りを指摘しない

  3、誤りを認める

  4、おだやかに話す

  5、イエスと答えられる問題を選ぶ

  6、しゃべらせる

  7、思いつかせる

  8、人の身になる

  9、同情を持つ

  10、美しい心情に呼び掛ける

  11、演出を考える

  12、対抗意識を刺激する

 第四部 人を変える九原則

  1、まずほめる

  2、遠まわしに注意を与える

  3、自分のあやまちを話す

  4、命令をしない

  5、顔をつぶさない

  6、わずかなことでもほめる

  7、期待をかける

  8、激励する

  9、喜んで協力させる

 付録 幸せな家庭をつくる七原則

  1、口やかましくいわない

  2、長所を認める

  3、あら探しをしない

  4、ほめる

  5、ささやかな心つくしを忘れない

  6、礼儀を守る

  7、正しい性の知識を持つ 

 

 以上、目次をそのまま書いてみましたが、内容、読んでみたくありませんか? 私は、この本はとても素晴らしい本だなと感心しています。

 それは、相手をたてて、結果、好かれる方法をとっているから。

 

 つまり、北風と太陽ではありませんが、太陽が最後は勝つんですよね。

 

 この本には学びが沢山ありすぎるのですが、1つだけピックアップさせてくださいね。すごく色々とありすぎる中、なぜ、これかと言われると不思議ですが、なるほど、と特に納得したのです。

  

  それは、「議論に負けても、その人の意見は変わらない

という言葉です。

 議論したことで、例え勝っても、相手は自尊心を傷つけられ、こちらへの恨みを抱く。

 かつ、もし勝ったとしても、心の中にある考え方が変わる訳ではなく、表面的に「分かった」と言わせているにすぎないので、あまり意味はないのですよね。

 

 もし、相手を変えたいなら…。

  

 私の必勝方法は、「変えようとしない」というのが一番です。

そして、自分が自分らしく、正しいと思う価値観で生きること。

それをみて「真似してみよう」「この考えいいな、教えて」と言ってもらえるようになれば、それで十分だと思っています。

 

 人を変えるには、相手を変えようとせず、自分がモデルになること、しかないのかなと思うのです。

 

 この本は本当にお勧めです。

 

 読んでくださって有難う。

 皆さんが、人間関係に悩まず、幸せに生きられますように☆

 願っています。

|

« うまくいくコミュニケーションの考え方 | トップページ | お台場 miwaめざましライブ »

コミュニケーション力」カテゴリの記事

コメント

「人を動かす」以前から読みたいと思っているのですが、読む機会を逃しています。
ぜひ、読んでみます。

人に対して悔しい思いをしていた時に、友達が言ってくれたのですが、「相手と過去は変えられないけれど、自分と未来は変えられる」と。
その言葉にあらためて、前向きに考えられるようになりました。

投稿: よっこ | 2010年8月16日 (月) 20時34分

時代は変わっても人付き合いの仕方?悩み語ってかわらですよね。
わたしも買ってみようかな

投稿: れい | 2010年8月17日 (火) 19時20分

「かわらないですよね」でした笑

投稿: れい | 2010年8月17日 (火) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うまくいくコミュニケーションの考え方 | トップページ | お台場 miwaめざましライブ »