« マック ポテトストラップ | トップページ | 映画「告白」を観てきました。 »

自分の大切な人を、人前で悪く言わない

皆さん、こんにちは!

お元気でお過ごしでしょうか?

  

昨日、友人とメールしていて、すごく共感したことがあるので、聞いてくださいね。

それは、大事な人のことを、人前で悪口を言わない方がいい、ということです。

 

たとえば、夫や彼、家族のことなど、ついつい、腹がたつことや、自分をわかってくれない、なんだかイラっとくるなど、事実としてあると思うのです。

 

そんな時、本人を知っている人たちの前で、その部分をさらけ出して愚痴ったり、悪口を言うのは、本当にやめた方がいいと思うのです。 

 

なぜなら、理由があります。

それは、悪くいうその人と、一緒にいるあなた自身が、もっとレベルが下だとさらけ出しているように見えるから。

です。

もちろん、本人がいる前でいうのは、言語道断。これについては、また次の記事にさせてくださいね。

 

一緒にいれば、不愉快に思う部分もあるのかもしれません。

そんな時は、信頼できる口の堅い友人に、ちょっと愚痴を聞いてもらう程度にした方がいいと思うのです。

  

友人仲間、サークル、職場の人、親戚など、大勢に悪口を言って、一瞬、同意してもらえてスッキリしても、彼の印象が下がり、その彼といる自分自身も下がり、ましてや、大事な人の恥をさらすことで、本当の価値が下がるのは、悪く言ったその人自身だと思うのです。

 

私のスタンスとして。

1、嫌だなと思う部分があっても、その人そのものを受け入れたいので、あえて口にしない

2、どうしても変わってほしい部分があるなら、本当に的を絞って、言い方に気をつけて、直接言う

3、相手の嫌な部分があるのなら、相手に変わってもらいたいと思うより、距離を置く方がいいと考えている

以上です。

私はやはり、何よりも、その人自身のプライド、尊厳を尊重したいと思っているのです。

他者のプライドを傷つける人を、決して人は、大事にはしてくれないと思う私です。

 

また続きを記事にさせてくださいね。

読んでくださって有難う!

また、コメントも嬉しいです。有難うございます。

来週にはお返事できると思います。もう少しだけお待ちくださいね。

 

良い週末をお過ごしください☆

いつも有難う。

  

|

« マック ポテトストラップ | トップページ | 映画「告白」を観てきました。 »

恋愛、友情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マック ポテトストラップ | トップページ | 映画「告白」を観てきました。 »