« 人の好意を受け取る力 | トップページ | 80歳の美しい歌声に感動 »

結婚のこと 孫のこと で思うこと

皆さん、こんにちは。

唐突ですが、結婚について、書きたいことがあるので、聞いてくださいね。

先日、未婚の友人から、本音を聞かせていただく機会がありました。

友人は、「結婚して孫の顔を見せることが親孝行だと思う。そして、先祖から受け継いだ遺伝子を、子孫に伝えることも天から授かった自分という命をつなぐ大事な役割だと感じている」

と切ない本音を話してくれました。

そこから感じたのは、今現在、それが出来ていない自分に対して、罪悪感を抱いているようでした。

その時、私は聞くだけしかできなかったけれど、本当は言いたいことがありました。でも、友人の打ち明けてくれた気持ちを否定してしまうと思い、口にできなかったのです。

 

私は私自身が親なので、親の気持ちが分かるのです。

 

それは、一番の望みは子どもが幸せであってくれること。そのことだけだということ。

 

つまり、結婚して幸せならそれも嬉しいし、独身でも幸せならそれでも嬉しい。孫がいてにぎやかで楽しそうなら嬉しいけれど、孫がいて余計に大変になったり、苦労するなら、いなくてもいい。

正直なところ、なんでもいいんです。(笑)

子ども自身が、今の状況が幸せだと思ってくれるならそれでいいんです。

 

もし、結婚相手にいい人が見つかったとして、その人が子どもを持てる年齢ではなかった場合、結婚しない方がいいなんて考えられないのです。

子どもは天からの授かりもの。

授かる場所に授かるように出来ていて、自分自身の遺伝子、もしくは親の遺伝子を受け継ぐ子どもを、あえて持つ必要もないと思うのです。

 

人間という存在を受け継ぐという意味では、子孫は必要だと思うのです。

でも、親って孫は可愛いけれど、本当は自分の子どもが幸せであれば、どうしても欲しい程のものではないと思うんですよ。いればもちろん可愛いけれど、それ以上に大事なのは、子どもなのですから。

何がなんでも、自分の遺伝子を受け継ぐ孫が必要だという人がいるならば、それは何のためなのか。

自分のためではないのかなと思うのです。

孫が必要だから、子どもも存在することになってしまう。それでは本末転倒ですよね。

 

もし、とっても今が幸せで満足している場合、逆に、孫の顔が見たいと思うかもしれないなと思うのです。

苦労したり、考えることが沢山ある人生だったなら、本当に「何かないと幸せ」ということから、段々と遠くなっていく気がします。

ただ、生きていることが幸せで、自分に子どもがいて、その子どもが幸せに生きていてくれるだけで、有難い。

もし、子どもがいなくても、自分の人生や周囲に感謝で一杯になると思うのです。

 

自分の親、そしてその親、元をたどれば、先祖って全て元は同じだったと思うのです。あるいは宇宙生命体とかね。

これから生まれてくる命は、絶対に自分が作る必要はなくて、これから先は、きっと、人類全体の子どもとして、生まれてくるのではないかと思うのです。

 

一人の親として思うこと。

一番の親孝行は、子ども自身が幸せであること。それ以上のことは何も求めていないのが本音です。 

 

だから、自分が何かの役割を果たしていないからといって、申し訳ないと思わないでほしいのです。

何の役割もいらない。その子どもが生まれて、生きてくれていることだけで、本当に感謝なのです。

 

「子どもは産むべき」とか「結婚して一人前」という言葉もありますが、本当にそうなのかな。

決してそれだけではない。もっと人って奥深いと思うのです。

同じ定規で測れるほど、簡単なものではないと感じています。

 

自分という存在を、何もしなくても、そのままで親のために、世の中のためになっていると、認めてほしいと願う私です。

結婚することも、孫を作ることも、全ては自分の意思だけではなく、きっと神様が、その人に与えてくれた試練とか運命もあると思うのです。

一見、良く見えることも、悪く見えることも、本当に良いか悪いかは経験してみないと分からないですし、何より、人と同じ形が幸せではないと、それだけは心から感じています。

 

その人の人生をただ、その人らしく生きること。それが自然と周囲に影響を与えていくんですよね。

そして、それが一番の使命でもあり、生まれてきた理由だと思うのです。

 

本当ならメールで伝えたいことでしたが、同じようなことで悩んでいる人がいるのではないか、と思い、記事にさせてもらいました。

もし支障があれば、コメントくださいね。記事を削除したいと思います。

 

読んでくださって有難う。

また明日!

明日も良い1日でありますように。

|

« 人の好意を受け取る力 | トップページ | 80歳の美しい歌声に感動 »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

少し前から読ませて頂いていました。

白猫さんの日記になんでたどり着いたのかは
もう思い出せないんですけど(^^;)
穏やかな語り口?が傷心まっただ中の私にはすごく心地よかったから。

でも、今回の日記には泣きました。

なぜなら、今の私はそのお友達と全く同じ考えだったからです。
それに「女に生まれたからには、子供を産んで当然」
みたいな考えでもありました。
でも、そうは思っても自分が「子供を産んで育てる」という事に
自信が全く持てず、
付き合う彼氏とは恋愛を楽しむばかりで、
その先の将来を真剣に考えてこなかった自分も
いるのです。
責任から逃げていました。

しかし私はついこの間45歳になりました。
ですが未だに結婚をしていません。
「したくない」のではなく、「出来ない」のです。

顔が見えないネットで言うのも信用性がないし、
自分で言うのもなんですが、
私は見た目はいつも10歳くらい若く見られます。
性格も悪くは無いと思うんです。
なので、全くモテないわけではないのですが・・・。

でも、縁がありません。

えり好みしていると言われますがそんなことはないと
自分では思っています。
(過去の彼氏遍歴を知っている親しい友人はわかってくれてますが)

あ、すみません。自分語りをしてしまいました。

しかし、こんな私でもやっと結婚を意識し、
この人の子供が産めたらなぁconfidentと心から思える男性と出会い
1年ほどお付き合いをしました。
だからといって子供が欲しいと迫ったわけでも
結婚を迫ったわけでもないのですが

それは叶いませんでした。

もう、私には結婚は出来ないのかも。
それにもう、親に孫の顔が見せられない・・・。
二重のショックで彼にフラれてから
ここ何ヶ月も一人の時に泣いていました。

男性は70歳でも、子供を授かることが出来るけど
女性にはどうしても「期限」がある。
その期限に私は間に合わなかった。
そのことが私の心の半分以上を占め、
自分を責めてばかりの毎日でした。

でも、今日の白猫さんの日記を読んで、
本当に本当に救われました。

親にしたら自分を責めて悩んでいる子供を見る事の方が
孫が出来なかったことよりも数倍辛いことなんでしょうね。

その事の方が親不孝なんですね。

私は私なりの幸せを見つけようと前向きの気持ちになりました。
今も、涙が出てとまりません。

ありがとうございました。

急いで書き込んでいるので文章が変かもしれませんがお許しください。

どうしてもコメントせずにはいられませんでした。

投稿: 梅花。 | 2010年6月16日 (水) 14時45分

白猫さん、こんばんは。

私の母も同じ考えです。
『希望やこうしたら幸せなのではないかという考えはあるけれど、一番は本人が幸せだと感じて生きていってくれればいい』と。

とても嬉しい言葉です。しかしそんなに自分のことを想ってくれている両親にいまだに心配をかけていることが申し訳なくてたまりません。早く幸せにならないとと思います。

投稿: 華 | 2010年6月16日 (水) 22時25分

白猫さん、ご無沙汰してます。

この日記を読んで
「私の母親側の祖母や叔母達が白猫さんと同じ考えを持っていてくれる人だったらよかった」
です。

すごくマイナスな内容になってしまってますが(汗)

母親側の親族・祖母は、考えが古く支配的な性格もあり
「女は高学歴の男性と結婚してなんぼ。結婚したら子供を産むのが女としての役割。結婚もしない・出産もしないなんて言語道断」
そういう事を遠回しに言ってくるんです。

そして、今年の9月、私と同じ年の母側の従姉妹(同性)が結婚します。
婚約が決まった途端、祖母がその子の母親(私にとって叔母)と二人で私に言ってくるんです。

私に「早く結婚しなさい。結婚しないと将来寂しいよ」とか「結婚して両親を安心させるのが子供の役割」とか。

私は、好きで今の自分(病気持ちだったり未婚の状態等)になってる訳では無いし。私の気持ち・状況はそっちのけで自分達の理想に押し込めようとしてる祖母や叔母たち。そして、勝ち誇った態度の従兄。

悔しいけど、負け惜しみと取られてしょうがない。
どうしようもなく、憎しみと言っていい感情を持ってしまうんですよね(苦笑)

そんな自分が惨めで情けなく思っていました。

この日記を読んだ時、素直な気持ちで「白猫さんのような考えを少しでも誰か持ってくれてたら・・・」と思いました。

マイナスオーラ全開のコメントで、すいません。

投稿: あすか | 2010年6月17日 (木) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人の好意を受け取る力 | トップページ | 80歳の美しい歌声に感動 »