« 我慢しないことのメリット | トップページ | スモールステップで »

大きな羽になる

実は先々週に、作家の中谷彰宏さんのセミナーに参加してきました。

参加動機は、仲のいい従兄から、「とてもいいよ」と聞いたことで、ピンときたらすぐに行動! のモットーに従い、いきなり前日に予約して行ってきたのです。

 

そこで、こんな言葉を教えて頂きました。

 

「重荷は羽になる。

重荷は、マイナスではない。

背負った重みで、大きくジャンプできる」

  

私の解釈は、重荷とは自分にとって、次のステージへの怖さだったり、不安だったり、背中に背負った責任だったり、負担だったり。

もしくは、抱えている悩みだったり、問題だったり、実際に困っていることだったり、ハンデキャップだったりするのでしょうか。

そんなことを想像して聞いていました。

 

何もない方が軽々、ジャンプできるのかと思いましたが、中谷さん曰く、重荷があればあるほど、もっともっと高くジャンプできるのだと。

 

今後、私自身の実体験として体感していこうと考えています。

 

私の重荷は色々とあります。

例えば、年齢。

いつしか、一緒に仕事させていただく人や、学ぶ場に出た時に、周囲が段々と年下ばかりになってきています。気づけば、一回り、二回りも年下の方と一緒に学ぶこともあるくらい。

正直、こんな私でいいのかしら、と自分の成長のなさを感じたりしていますが、でも、年下の人たちから良いものを頂ける方が、私にとっては貴重で、感謝している毎日です。

年齢を考えて行動の枠を狭めるのではなく、思い切って外に出ることで、吸収させていただくことが沢山あって、脳も気持ちも若返っていると思います!

 

そして、資格。

私はほとんど人に言えるような資格がなく、最近、色々なセミナーに出るたびに、優秀な方ばかりの中で、私って本当に何も持っていないなあ、と感じることが多いのです。

資格も大事ですし、私も今後、資格所得を目指しているものもあるのですが、それだけが大事ではなく、やはり、それに気後れしないだけの、自分を持つこと。

それを自分に言い聞かせていたいなと思っているのです。

  

その他、抱えていることも色々とあります。

 

でもね。こうして書いていますが、私は恵まれていると思うことも沢山あるのです。

つまり、客観的に考えると、人は全ての人に共通するのが、人よりハンデを感じる部分はあるけれど、人より恵まれている部分もあるだろう、ということなんです。

私はない、と思われる方がいらっしゃるかもしれませんし、絶対にそうなのかと言われると言い切れないのですが。

 

でも、実際に私が感じるのは、人と比べること自体無意味ではありますが、それでも比べたとしたなら、誰もが良いと思う部分は持っているはずなのです。意識していないかもしれませんが。

そこは素直に受けいれて、そして、自分自身が重荷だと感じている状況や、出来事、現実、心の問題、不安や恐れの感情など、全てを羽にして、大きくジャンプできたらいいなと願っています。

私自身にとっても、皆さんにとっても。

  

 

ここで、再度、お知らせです♪

先日、お茶会のお知らせ をさせて頂きました。

少人数で温かな会にしたいと思っています。

私も皆さんとお話できるのが、とても楽しみな反面、がっかりされないかしら…と正直、不安でもあるのです。

でも、いらしてくださった方に「参加して良かったな」という思ってもらえるような会にできればいいな、と考えています。

もちろん、私自身は皆さんとお会いすることで、沢山のことを頂けると確信しています☆

 

お忙しく、ご都合もあると思うのですが、もし、もしですが…。

行ってみたい気持ちはあるけれど、躊躇していらっしゃる方がいらっしゃるなら、是非、勇気を出して頂けたらな、とふと思いました。

いえ、私自身、勇気を出して会って頂くだけの人間なのか、と言われると、それは分からないのですが、参加して頂けたら、私はとても嬉く思います。

お互いに、何か一つでも、素敵な思い出を共有できたら嬉しく、また光栄です。お問い合わせ、お気軽にお待ちしていますね。(mikomikeneko*gmail.com   *を@に変えてくださいね)

 

実は今回のお茶会も、セミナーも、色々な活動全て、私にとってはちょっとした羽でもあるのです。でも、それは今後、羽ばたくための大きな羽になっていくイメージがあって、事柄によっては苦しいけれど、楽しみでもあるのです。

 

いつも読んでくださって有難う。

それではまた明日☆

良い1日をお過ごしくださいね。

|

« 我慢しないことのメリット | トップページ | スモールステップで »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

白猫さん、こんにちは!

「重荷が羽になる」
この言葉を読んだ時、「何じゃ、こりゃー!嘘やろ!!」というのが率直な感想です(苦笑)それと同時に期待感も湧きました。

多分、誰かにそう言って欲しがってたというのもあるのかもしれません。

「重荷をおろしなさい」というのは、よく聞きます。でも、それを聞くたびに「それが出来へんから、苦しいねん!!」という反発心を持ってしまうのです。
そして、「あなたに何がわかる!」という苛立ちが出てきたり。

「重荷は羽になる」
重荷のイメージは、私もマイナス的な物が多いです。
私も、年齢を意識してしまったり、資格もほとんどもってなかったり、病気だったり、人付き合いの下手さだったり。
資格・病気は年齢と比例してどんどん重さが増して行く感じがするのです。だから、「もう勘弁してくれ」という思いが日に日に増して、それらが自分をダメにしていって追い詰めて行く感じもしてしょうがないんです。

それが、この中谷さんの言葉で「そうじゃないのかもしれない」という考えに方向を変える柔軟さをもらったような気がします(^^)

白猫さん・白猫さんの従兄さん・中谷彰宏さんに、感謝です!!ありがとうございます!!

さて、今日、私の住んでいる所は雨です。
でも、雨が降ると心が落ち着きます。毎日雨だとさすがにゲンナリしてしまいますが(笑)
今日読んだ白猫さんの日記・雨降り。
”焦らず落ち着いてゆっくり進んでいけばいいんだよ”というメッセージなのかもしれないと思いました(^^)

投稿: あすか | 2010年5月19日 (水) 12時59分

>あすかさん、こんにちは!
いつも率直な感想を有難う♪ とても嬉しいです。
 
 そうなんです。重荷ってマイナスに感じますよね。
  
 でも、私が中谷さんのセミナーを受けて分かったのは、重荷があるからこそ、心が豊かになったり、経験が増えたり、人の気持ちが分かったり、努力することが出来たり、頑張りがきいたり、深みが出たり、これがダメなら他の方法でどうだろうか、と考えらたりするのかな、と思ったのです。
 
 そして、ゆっくり歩いて行けばいいんだよ。
 
 の言葉を頂いて、今日のスモールステップの記事を書かせて頂きました。
 
 お互い、小さな一歩ではじめましょう!
 重荷を羽にして、いつしか高く飛べたらいいですね☆
 
 いつも有難う♪

投稿: 白猫 | 2010年5月19日 (水) 23時24分

白猫さん、こんばんは。

『重荷は羽になる』素敵な言葉ですね。
中谷彰宏さんのお名前は、聞いたことがあるなぁという程度でした。いきなりセミナーでは敷居が高いので、今日本を買ってみました。これから読んでみたいと思います。

投稿: 華 | 2010年5月20日 (木) 23時14分

>華さん、こんにちは!

私の記事を読んで、早速本を購入されたのですね。
すごい行動力です。
きっと、華さんにとって、必要な言葉を発見されることと思います。
 
ピンときたら行動することで、運は開けていくと思う私なのです。
 
華さんにとって良いメッセージと出会えますように!

いつもブログを読んでくださって有難う。

投稿: 白猫 | 2010年5月21日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我慢しないことのメリット | トップページ | スモールステップで »