« 第3の椅子に座ろう | トップページ | 恋人の心を掴む聞き上手になる »

幸せ脳になる

皆さん、こんにちは!

今日は、マンネリ脳の解消について、書かせてくださいね。

 

私が好きな作家さんで、佐藤富雄さんという方がいらっしゃいます。

富雄さんは、ものすごく好奇心が旺盛で、60歳を超えてから、いくつもの大学や大学院を出て、博士号もとられて、好きなことを仕事にして、今も70歳を超えていらっしゃいますが、ますます活躍されているようです。

 

脳の研究もされていて、その本がとても分かりやすくて、勉強させてもらいました。

富雄さん以外の方でも、幸せに輝いている方の本を読むと、やはり行動に共通点があるのです。

それをお伝えさせてくださいね。

 

人って、ワクワクしたり楽しかったりする時間が続けば、幸せですよね。でも、なかなか毎日のことに追われて、ついマイナスの気持ちに引きずられることってあると思うのです。 

実は、ワクワクしたり、元気になるには、脳に刺激が必要なのだそうです。

 

人間は安全を好む生き物。

本当は変化を好まないのですが、実は変化しないと、不安に引っ張られていくそうなのです。

なぜなら、人間は防衛本能があって、生きるために身を守らなくてはいけない本能があるのだとか。

昔は外敵が多くて生きるのも命がけ。ちょっとした不安がアンテナ変わりだったそうです。

なので、不安な気持ちは生きるために必要なアンテナだったそうなのです。もちろん、今もその不安がアンテナになっているものの、今の時代と原始時代の危険を考えると、今の時代には適応しない部分もあるそうなのです。

 

ではその不安を解消し、新しいアイディアが浮かんだり、ワクワクしたり、楽しいことを発見するための脳にするにはどうしたらいいか。

 

一番手っとり早いのは、生活パターンに変化を起こすことだそうです。

 

一番簡単な変化方法です。

通勤ルートを変えてみる。

駅からの歩く道を変えてみる。

帰りにどこかへ立ち寄る。

いつも立ち寄るお店だけじゃなく、違う店に行ってみる。

エスカレーター派なら階段にしてみる。

駅の出口を違う出口から出てみる。

ランチの店に変化を持たせる。

 

ちょっとハードルをあげてみますね。

早起きして散歩、ウォーキングをする。夜、ランニングをする。(慣れてきたら道には日々、変化を持たせる)

いつもと違うメンバーでランチや夕食に行ってみる。

お稽古ごと、習いごとをする。

交流会などに出席してみる。

 

もっとハードルをあげますね。

定期的に知らない人と会話する機会を作る。

勉強をする。副業をする。

新たなことにチャレンジしてみる。

 

色々と考えてみましたが、もっと他にも良いアイディアがあるかもしれませんね。

 

例えばお子さんが小さくて、会社の行き帰りも余裕がないし、生活パターンを変化することも難しい。

もしくは面倒で、パターンを変えるのは抵抗がある。

など、そんな方の場合には、こういうのはいかがでしょう?

  

家の中での行動の順番を変えてみるのです。

例えば、朝起きて、顔を洗い、着替え、ご飯を食べて、出かける順番を時々変えてみるのです。

朝起きたら、先にご飯を食べる。着替えは最後にする。

いつもは読まないジャンルの本をあえて読んでみる。

読むことが苦手なら、あえて本を読んでみる。

普段は読まない漫画を、友人のお勧めを聞いて読んでみる。

お勧め映画をレンタルして観てみる。

文章を書いてみる。

 

など、生活パターン自体を変えなくても、している行動を少し変化させることは可能でしょうか?

 

それも面倒であれば

朝ご飯を、お米からパンに変える日を作る。

飲み物を珈琲から野菜ジュースに変えるなど。

 

ほんのちょっとのスモールステップで、少しずつハードルをあげていってはいかがでしょうか。

 

脳は同じ道を通り続けると、老化が早くなるそうです。

そして、新しい脳の道が増えていかないことで、思考パターンも変化に富まない。そうすると、ワクワクするための情報を得ることも、発想するのも難しいかと思うのです。

 

是非、毎日にちょっとだけ変化を持たせて、生活してみてくださいね☆

ストレスや不安が少しでも減れば嬉しいなと思います。

 

今日も長い文章を読んでくださって有難う。

それではまた明日☆

良い1日をお過ごしくださいね。

|

« 第3の椅子に座ろう | トップページ | 恋人の心を掴む聞き上手になる »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

白猫さん、こんにちは!!
実は・・・先月末に会社を辞めたのです(←すごく唐突なコメントですが(苦笑))。
体調を崩し、そしてその他もろもろの事も重なり辞める事になりました。

今後の自分の生活が心配で他の事をしてても「どうしよう・・。どうなるんやろうか・・・。」等不安な事ばかりを考えてしまってました。


佐藤富雄さんの本は、私も読んだ事があります!(^▽^)
4-5年前位だったと思います。
内容は、「早起きして歩いたりジョギングすると良い」「上手い人のしてる事を真似ていけばよい」とかそういった漠然とした物しか覚えていませんでした。

白猫さんの日記を読んで、
「もしや、今、こんなに不安で一杯になってしまってるのは、会社を辞めてからずっと同じパターンの生活をしているからかもしれない」そう思いました。

不思議な物で、不安や心配ごとがある時に限って、
行動力が低下してしまうんですよね(^^;)
そして、運動もしなくなってしまう。
それだと、体力も落ちて行く。
そこまでは認識していたのですが、脳まで劣っていくというのには気づいていませんでした!!
そして、それが更に不安に拍車をかけている事も!!

自分から行動して、脳に刺激を与えて行く事で、
何かが好転していくかもしれないと気づきました。


今日から、ちょこっとウォーキングして、
明日は、早起きをしてみようかなと思いました(^^)

投稿: あすか | 2010年5月16日 (日) 12時51分

>あすかさん、こんにちは。
いつもコメント有難うございます♪
 
 あすかさんが、私の記事で、活動をはじめようと思ってくださったこと、とても嬉しいです。
 
 私もあすかさんのコメントを読んでから、青汁を毎日、工夫して飲んでいます♪
 本当に有難う!

 私もついつい自分に甘いので、いやだなと思うことは後回しにしたくなっちゃうのです。
 でも、人が頑張っている姿を見ると、とても刺激を受けますね。
 
 あすかさんもファイトです。私もあすかさんを思い出して頑張りますね☆

投稿: 白猫 | 2010年5月18日 (火) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第3の椅子に座ろう | トップページ | 恋人の心を掴む聞き上手になる »