« 我慢することのデメリット | トップページ | 満開の桜 »

執着と愛情の違い

皆さん、こんにちは!

東京は今日は雨でした。相変わらず寒いです。

いつになったら春が来るのかなあ、と思うのですが、しっかり桜は咲いていて、季節を先に感じ取っているようです。

寒いお陰でまだ花は散ることなく咲いていて、今年は長く桜を楽しめてお得かもしれませんね♪

 

さて、本題です。

以前からよく、愛と執着の差について考えていました。

私が好きな心理学では、執着は愛の残骸と言う表現をとっています。

 

私が思うこと。

愛は相手のためにも自分のためにもなる。

執着は自分のエゴで作った檻なので、とじこめられた相手も、とじこめている自分も苦しむ。

と感じています。

 

双方が、穏やかで心配することなく、居心地いい関係であれば、愛が2人の間に流れている証拠ですし、なんだか居心地が悪いな、と感じる関係には、執着が接着剤のように、くっついてきているのかもしれませんね。

 

でもね。

人をつなぎとめたい気持ち、私も分かるのです。

最初から、今の私だった訳ではないですから。(もちろん、今も、エゴがゼロなんてことはなく、行ったり来たりです)

 

ただ、結果論として、幸せになれる方法を考えると、無理に繋ぎとめることが苦しみを長引かせてしまうとも感じるのです。

 

人の苦しみって、ジワジワと長引くよりは、一気に打撃を受けて切った方が後の回復が早いそうです。

例えば、恋人と別れる時、いわゆる自然消滅のように、連絡が取れなくなって毎日のように電話やメールを待ち続けて、数か月、半年になっていくよりは、理由を言われて振られた方が、その瞬間は大打撃ではあるけれど、半年後には新しい恋人が出来ているかもしれません。

 

執着を手放して、全ては良いようになると思って、神様(ここでいう神様とは特定の宗教ではなく、万物の神様のようなイメージです)にお任せ出来たら楽になれるのかな、と思う私です。

もちろん、自分以外のものにお任せするなんて、とっても勇気がいるけれど、人間の一生は宇宙の流れからみたら、ほんの一瞬。

自分の知恵よりは、大いなる存在の方が、幸せになる方法を知っているのかもしれないと思う私です。

 

私がいつも思う言葉です。

 

「人との関係はすべて縁が決める。

縁があれば続いて行くし、なければ疎遠になっていく。

それを自分の力でどうすることもできない。

だから、縁にお任せして、自分らしく生きるだけ」

  

今日も読んでくださって有難う。

それではまた明日!

良い1日になりますように☆

|

« 我慢することのデメリット | トップページ | 満開の桜 »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

色々考えることはあるのですが、何と書いたらいいのか・・・
執着なのかもしれないと迷う時もありますが、私は愛だと信じています。私は幸せになれると信じています。
二人の間に流れる温かい空気を信じています。

すみません。背景が分からないから意味不明ですよね。

白猫さんにはいつも力を貰っています!
ありがとうございます!

投稿: 華 | 2010年4月10日 (土) 22時41分

華さん、こんにちは。
コメント有難うございます。
 
私は、華さんが感じたご自身のことを、そのまま信頼して欲しいと願っています。
  
穏やかで温かな空気。
とても素敵だな~と感じました。
 
信頼関係があるのですね。
大切なことを教えてくださって有難う。 
  
また何かあれば、書き込みしてくださいね。お待ちしています。 

投稿: 白猫 | 2010年4月11日 (日) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我慢することのデメリット | トップページ | 満開の桜 »