« 中央線沿線散策 | トップページ | 相談したい友人のタイプ »

メディアセミナー「プロの絶品! 減塩花見弁当試食会」レポート

今日はメディアセミナー「プロの絶品! 減塩花見弁当試食会」にブロガーとして招待して頂き、出席させて頂きました。

場所は八芳園。かなり以前、同僚の結婚式に訪れた以来です。懐かしい雰囲気でした。

とても雰囲気が良い会場で、外でも中でも礼儀正しいスタッフの方がお出迎えしてくださって、とっても好印象な気持ちではじまりました。

 

オープニング後、名古屋市立大学大学院 心臓・腎臓血圧内科学教授 木村 玄次郎先生の講演でした。

とても温和で素敵な雰囲気の先生で、分かりやすい説明は勉強になりました。

100311_120323

簡単にポイントをまとめます。

1、食塩の摂取量と景気のグラフは一致している。(現在は不況なので、多少減っているが、日本人は元々過剰摂取国なので、もっと減らしたい)

2、加工食品、ファーストフードに含まれる塩分を摂取すると、喉が渇いて、ソフトドリンクを飲みたくなる。ソフトドリンクには砂糖が含まれていなくても、塩分が含まれているのが危険

3、日本人の1日平均11gの塩分摂取量を6gに減らすと、薬で治療している人の延命率より、食事のみで延命する人が増える。

4、DUSH食が一番良い(野菜、果物、低脂肪乳製品 中心の食事)

5、塩分を多くとると、尿で排泄する際に血圧があがるが、DUSH食は血圧をあげずに利尿の作用がある

 

素晴らしい講演の後、つきぢ田村三代目 田村隆 氏の減塩食の説明と会食タイムでした。

100311_123353

田村さんは、とてもスピーチが上手で、笑いを含めてとても楽しく減塩食を作るポイントを教えて頂きました。

  

1、薄口しょうゆを使う

2、だし汁を中心に味付けする

3、ポイントで酢を使う

4、適度な甘味は利用する。

5、素材の味、食感を楽しむ (歯ごたえ、こんにゃく、柔らかいなど混ぜる)

6、料理全てに塩分を使わなくても、塩味のあるものと、ないものを交互に食べることで満足できる。

  

通常5gのお弁当を、今日は1.9gで作ってくださったそうです。

細心の注意をはらって作ってくださったそうですが、家庭では、秤ではかることはしなくても、直接塩をふりかけるなどしなければ、簡単に減塩食は作れそうです。

味付けに酢を利用したり、だし汁で味付けするだけで、美味しく減塩できることが分かりました。

また、昆布を水1ℓに入れて冷蔵庫に常備しておくだけで、美味しいだし汁を常備出来るそうです。このだし汁に鰹節やしょうゆを入れるだけで味も変化出来ますよね。

 

また、つきぢ田村さんでのだし汁はとっても美味。

中身は、めじまぐろ節、かつお節、真昆布だそうです。本当に美味しかった!

100311_125426 料理は申し分ない絶品でした!

一つだけ希望を言えば、やはりお刺身には醤油が欲しかったなあ。これで塩分がほんのちょっとあがっても、欲しかったのが本音でした。

こんなに美味しい幕の内は食べたことがありません。

料金は、お店で頂くと6000円だそうです。美しく栄養バランスも良く、美味なので当然でしょう。

ご馳走様でした☆

100311_124649  つきぢたむらさんのロゴはどれも可愛い☆

でんでんむしにお魚にシェル。美味しい料理だけど、ロゴは可愛らしい。

そのアンバランスがなかなか粋ですね!

いつかお店に訪れてみたいです。

 

最後に、減塩食に加えて、ウォーキングも血圧を下げる効果があるそうです。病気になる前に、予防が大事ですよね!

良い時間を有難うございました☆

皆さんの参考になれば、嬉しいです。

塩を減らそうプロジェクト

ブログネタ: 減塩なのに絶品!!プロが作る花見弁当の味を教えて!参加数拍手

|

« 中央線沿線散策 | トップページ | 相談したい友人のタイプ »

セミナー受講」カテゴリの記事

コメント

おおお!

結構本格的な試食会だったんですね。
お弁当にびっくりしました。

美味しんぼとか、思い出しますね。

相変わらず、食べ物ネタにばかり、反応してすみません… m(_ _)m

投稿: あくちゃん | 2010年3月12日 (金) 17時17分

>あくちゃんさん、コメント有難うございます♪
 
そうなんです!
すっごく美味しいお弁当でした。
 
正直、これはお世辞ではなく、幕の内お弁当では過去最高に美味しかったです。

お弁当じゃなく、お店で食べる食事ならもっと美味しいでしょうね。さすが築地です。

 

投稿: 白猫 | 2010年3月12日 (金) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中央線沿線散策 | トップページ | 相談したい友人のタイプ »