« 立川 cafe cuisson(カフェ キュイッソン)でランチ | トップページ | JALシティ四谷でランチ »

運気をあげるポイント☆

自分の中で運気をあげる方法があれば、気持ちが落ちた時でも、自力でアップさせることができますよね☆

明るい気持ちに無理せずリンクするちょっとしたコツについて、私の考えを今日は書かせてくださいね!

 

最初に私が思うのは、日本人の美徳として、楽しむことを悪いと感じてしまう部分が本能的に、どこかにあるのかな、と色々な人と話して感じています。
 
周囲の人があまり元気がないのに、自分だけ幸せになるのが申し訳ないという遠慮でしょうか。

みんな頑張って、苦しい思いをして生きているのに、自分だけ楽しそうに暮らすのが、楽して生きているように見られるようで、罪悪感を感じるという雰囲気でしょうか。

もしくは、苦労して働いている人に悪いという引け目のような気持ちでしょうか。 

様々な気持ちが深層心理にあるような気がするのです。

 

でも、私はこう思うのです。

みんなで一緒に幸せになっていけばいいんじゃないかなって。

一人が元気になれば、きっと周囲に波及していくと思うのです。

もちろん、自分のためになる努力はした方がいいけれど、自分を追い詰めること、苦しむことがが良いとは思えないのです。 

一見、頑張ることって、苦しんで必死に耐えて、逃げずに立ち向かうことのように思えますが、本当にそれは自分を愛しているといえないこともあるかもしれません。(全てを否定している訳ではないので誤解されませんように)

  

自分の中に罪悪感、無価値感がある場合、そのために「何かしなくてはならない」「何かの役割を演じなくてはならない」衝動にかられ、あえて自分を追い込むこともあるのではないでしょうか。

 

そして、幸せになることに、何か抵抗感を感じている人は、もしかしたら自分で幸せになることを禁止しているのかもしれません。

 

一つ目は、まず楽しむ自分、幸せな自分を許可してあげること。

 

「私は、自分が好きなことをしてもよい」
「私は、自分が楽しいと思うことをしてもよい」
「私は、幸せになってもよい」
 
自分自身に繰り返すことで、ブレーキがはずれていきます。

寝る前にゆっくり出来る時に、口にして、自分に言葉をかけてあげてくださいね。

 

二つ目は、不幸のオーラに影響されないこと。

 

あまりそういうものに触れすぎないのようにしたり、ニュースでもあまり暗くなる事件などは、見ないのも一つです。

そして、精神的に攻撃性のある人や、意地悪な人、穏やかではない人のそばにいると、ピリピリしたものが伝わってくることもあるかもしれません。

もし、自分の中で嫌だなと感じる部分があれば、離れられる関係なら、一度距離を置くのも一つです。

離れられない関係(職場の同僚など)については、また後日書かせてくださいね。

 

そして、マイナス思考の人や、本当の友達でない人といたりすると、落ち込むこともあるかもしれません。

その人といて元気がなくなるというのは、「今、違う世界に住んでいるんだよ」というお知らせかもしれません。

現実社会では同じ世界でも、心の世界では別の場所にいるということもあり得ると思うのです。

もちろん、大事な友達が一時的に元気がないのは当然のことなので、そんな時は是非、ご自身の元気を分けてあげてくださいね!

 

そして三つ目は、自分自身で元気が戻るコツを元気な時に見つけておくことです。

この本や映画を見れば元気になれる。この趣味をすれば元気になれる。美味しいものを食べると元気になれる。泳ぐ、走るなどスポーツをすると元気になれる。

などなど。

その人にとって、それぞれ方法があると思います。

それを普段見つけておくことも、ポイントです。

 

そして、やはり、自分にとって元気になれる友人がいることは宝物です。

元気といっても、テンションが高い人という意味ではなく、自分と相性があって、分かってくれる人。

その人といると心が明るくなる、ホッとする、癒されるなど、そんな自分にとってのプラスの友人を持つことは大切です。

話を聞いてもらったり、会ってお喋りするだけで元気になれたりできる友人がいること自体、とても幸せなことですよね。

 

そして、日ごろから小さなことに嬉しいと思えるアンテナを持っていること

毎日、何気なく過ごしていると流れてしまうような小さなラッキーって、実は沢山あると思うのです。

例えば、水曜にTちゃんとお目当てのカフェを目指して歩いていた時のこと。このあたりでいいんだろうけど、どのあたりだろうね、と言っていたら、ちょうど向こうからお巡りさんが来て確認することが出来たり。

そんなたわいのないことでも、「ラッキー! 私って運がいい!」と思えれば、強運な気持ちになり、ラッキーなことが立て続けに起こることは間違いありません。

いいことと言っても、すごいことではないんですよ。

ちょっとのことだけど、いいことに遭遇する。それをしっかり「ラッキーなことだ」とキャッチする。それがきっと、ラッキーの連鎖を呼ぶ秘訣だと思うのです。

小さなラッキーにピンと反応する感度のよさも、やはり大事かもしれませんね!

 

最後に、これはすごくお勧めかどうかは分からないのですが、ネットで試写会やお試しモニター、プレゼントなど、簡単に応募できるものがあるでしょう?

それに思いついた時に応募しておくと、忘れた頃に何か届くということもあるのです。

私については高いものは当たらないのですが、試写会のチケットや食べ物系など、たわいないものは良く当たるので、「あ、また届いた!」ということが割と頻繁にあります。

こういうのも、運気をあげるコツかもしれません☆

(ただし、こういう応募については、サイトや企業の安全性を確認の上、メルマガなどが届く場合もありますので、自己責任でお願いしますね)

こうして自分にとっての元気ポイントを幾つか持っているといいかなと思います。 

 

以上、長くなりましたが、大きく分けて3つのポイントをあげさせてもらいました。参考になれば嬉しいです。

 

読んでくださって有難う!

|

« 立川 cafe cuisson(カフェ キュイッソン)でランチ | トップページ | JALシティ四谷でランチ »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立川 cafe cuisson(カフェ キュイッソン)でランチ | トップページ | JALシティ四谷でランチ »