« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

楽しかった週末

皆さん、こんばんは!

週末は色々と人に会って忙しい週末でした。

土曜日は、午後と夜、別の2人に会いました。朝、急に会えないかな?という連絡がきた元同僚の女性。

地元に寄ってくれるというので、2時間くらい会いました。

色々と大変なことを抱えているのですが、予想以上に元気で嬉しかったです。

 

夜は、年上の友人と息子と3人で夕食。

中華を食べたのですが、複数いると、色々なものが食べれて楽しいですよね♪

  

今日は大好きな年下の友人と会いました。

彼女とは、10年来の仲ですが、姉妹のように気が合うのです。前世では本当の姉妹だったのかな、と思ったりね。

6時間もぶっ続けで語り合いました。色々な問題を多岐に渡って話しあえるのは、とても爽快です。何を話しても誤解されないというのは、とても信頼できて、安心できますよね。 

 

明日は、とうとう3月ですね。

春もすぐそこです。

皆さんにとって、素敵なことが起こる春になりますように☆

 

それではまた明日。

おやすみなさい。

| | コメント (2)

男性と女性の違い

してあげたいこと してほしいこと  その続き を2回に渡って書かせて頂きました。

2回で終了予定だったのですが、もう少しだけ、書かせてくださいね。

それは、男性と女性では能力の特徴に差があるということです。(全員ではなく、およそという意味です。個人差についてはご容赦ください)

 

女性が得意なこと。

相手の気持ちを察すること。

自分がしてあげたいことを、相手のためにしてあげることで、喜んでもらえると嬉しくなること。

自分に関心を持ってもらったり、気持ちに共感してもらうと、愛されているんだなと感じられること。

すぐに自分の気持ちを言えるタイプはいいのですが、一般的に女性は我慢強く、心の中で火がくすぶって、最後に活火山になって爆発する可能性があると言うこと。

その場合、その時の怒りだけじゃなくて、長く蓄積された前の事柄も含めて、大きくなってしまうこと。

淋しがりだけど、相手の淋しい気持ちも察する優しさがあること。

割と深刻な話し合いを好むこと。

 

男性の特性。

プランを練ることが得意なこと。

全体像を見れること。

先のことを考えることが得意。

女性程複雑ではなく、素直なこと。

深刻な話し合いをそこまで好まないこと。

楽しい時間、癒される時間を好きなこと。

  

そして、ここで勘違いしてしまうのは、女性は自分が出来ることは男性が出来るはず、と思ってしまうこと。

つまり、気持ちを察してくれたり、いつも自分のことを考えてくれるはず、自分のことを何より優先してくれるはず、と男性に期待しますよね。

でも、男性は、割と察するのがそこまで得意じゃなかったり、分かっていても面倒でスルーしたりしてしまうこともあるのです。

恋愛オンリーになれないことも、責められると辛い部分かもしれません。

 

女性が自分が出来ることは、相手が出来ないというのは、愛がないからだ、と思ってしまうのは、残念だなと思うのです。

そして、男性が先々まで考えて行動するのに対して、それを冷たいと感じてしまうのももったいないですよね。

イメージとして、女性は点で考えるけれど、男性は線で考えるのかなと感じるのです。その時の感情で生きる女性と、今だけのことだけで判断しない男性。それぞれの良さがありますよね。

 

お互い違うからこそ恋愛になるのだと思って、お互いを良く知りあえたらいいなと思います。

そして、自分がそうだから、相手もそうだと思いこまずに、違いを知っていくのも楽しいと思うのです。

 

お互いが相互に近づいて行く楽しみ。

2人だけに通じる物を作っていくのが恋愛の醍醐味だと思う私です。

諦めず、決めつけず、ゆっくり関係を作っていってくださいね♪

  

読んでくださって有難う。

| | コメント (2)

してあげたいこと してほしいこと 続き

してあげたいこと してほしいこと の続きです。

 

それでは、してあげたいことと、してほしいことのズレはどうしたらいいのでしょうか。

私が思うことを書かせてくださいね。

 

1、自分がしようと思っていることは、相手が求めていることなのか。それとも自分がしたいと思っていることなのかを、あえて意識してみる。

2、自分がしてみたことが、相手の欲求に一致しているか、分からない時は、それとなく確認してみる。ただし、その確認した答えが自分の求めている答えと一致しなくても、決して感情的にならないこと。

 

例えば、「今は食事したい? それとも後の方がいいの?」と、ストレートに聞くのもいいでしょう。

「あなたが喜ぶ方がいいので、どちらでもいいから、気持ちを教えてね」と普段から、言った言葉で、あなたが過剰反応しないということも、伝えておくといいと思います。

聞いた後で、怒ったり、いつもむくれたり、泣いたり、ヒステリーを起こし過ぎると、彼も本当のことを言えなくなっていくので、質問すること自体が無意味になってしまいます。

 

そして、もし可能なら、わたしメッセージ(I メッセージ)で、気持ちを伝えるのも一つです。

「私は、あなたに美味しい食事を食べてもらいたいんだけど、あなたはどうするのが一番くつろげる?」

これで彼がどう答えるかは、彼に任せるとしても、あなたの気持ちも伝えているので、決して我慢だけではないと思うのです。

 

3、自分のしたいことが、彼のしてほしいことと一致しなくても、そこに愛情がある、ないを一致させない。

 これはとても大事だと思います。

どんなに愛し合っていても、それぞれ違う人間なのだから、全てにおいて、一致することってないですよね。

そのずれを愛情に一致させると、とても苦しくなると思うのです。お互いのためにこれはお勧めしません。

  

4、あなたのしてほしいことも、素直に伝えることが出来るようにする。

 

例えばですが、「休みの日は、遠くへドライブに行きたいな」と思っていたらそれを素直に言えたらいいですよね。

そこでもし、彼が、「来週は職場の仲間と旅行に行くんだ」と言われたら残念。

そうしたら、素直に、「そうなんだ、残念だな」と言えばいいと思うのです。

「じゃあ、再来週に行こうか」と彼は言ってくれるでしょう。(ここで代案もなければ、さすがに、根本的な関係性を考える時期かもしれません)

  

 上記の例の場合、素直に言えないタイプも多いのではと思うのです。遠まわしに、「最近、どこにも行ってないなあ」という感じで察してもらおうとする。

 これはダメです。察しない男性は、愛情がないと思われるのも気の毒かもしれません。

 察することを期待するのは、期待し過ぎかなと思うのです。もちろん、察してくれる人は素敵ですけれどね。

 

 次に、彼に予定があることを聞いた時、「その予定キャンセルしてよ」と言うのも情熱的ですよね。ただ、これもたまにはいいけれど、いつもだと彼も負担になってくるかもしれませんよね。

 でも、こんな風に直接言えるタイプはいいかもしれません。

  

 実は不満に思っていても、何も言わずに、不満を溜めていくタイプは、表に出ないけれど、どこかしら、彼を責めるオーラを発していると思うのです。

 でも、はっきり言わないので、彼も見てみないふりをして、流してしまう。つまり、彼女の怒りがどこまでか把握せず、そこまでじゃないだろうと思ってしまうのです。 

 正直、男性は女性の負のオーラに向かい合うのが苦手です。言わないことは見ないことにするというのは、良くあること。

 だから彼女の怒りや不満、悲しみが爆発するまで気づかないこともあり得るのです。そして、不満から来る怒りは蓄積されていくので、ある日、大爆発を起こす可能性もあります。

 そうなると、関係が一気に壊れるかもしれません。それはとてももったいないすれ違いの結果だと思うのです。

 

 だとすれば、事前に、「私は月に1度はゆっくり過ごしたいな」とか、「あまり外の約束ばかりだとさみしいな」と言った方が伝わると思います。

 つまり、言わずに黙って、影の気持ちで相手を動かそうとするのは、とても伝わりにくいと思うのです。

 相手にもピンとこないため、そこで信頼関係が壊れることもあるのです。つまり、言ってくれなかったことが、信頼していないと受け取れてしまうということです。

  

 一番良い方法は、お互い、心を開いて、こうしてほしい、こうしたい、という部分を話しあえたらいいですね。

 その時に大事なのは、どちらのことも大切に思いやりを持つこと。お互いの話し合いの上で、いい方法を二人だけのルールで見つけられたらいいなと思うのです。

 お互いにとって良い方法が、きっと見つけられると思います。

 何をして欲しいのか、してあげたいのか。そこを話しあえたらいいですよね。

 してほしいことと、してあげたいことが一致したら、より素敵なパートナーになれると思うのです。

 そのためには、やはり心を開いて、信頼して、向かい合うこと。素直に自分の気持ちを口にしあえる関係であること。

 これが基本だなと思う私です。

 

 読んでくださって有難う。

それではまた明日☆ 明日は友人とランチです。楽しんできますね!

おやすみなさい。

| | コメント (0)

してあげたいこと してほしいこと

恋愛や結婚でうまくいかなくなる理由は沢山あると思います。

そのうちの一つについて、今日は書かせてくださいね。

あまりスポットが当たらない理由だと思うのですが、それは、してあげたいことと、してほしいことが一致しない。つまりニーズがずれていることからの不一致です。

 

例えば、彼は疲れている時に、ただただ、のんびりテレビを観たりしたいタイプだとしますよね。ゆっくり横になってテレビを見ながらビールを飲む。

その時、好きな彼女(あなたのこと)が隣にいてくれて、一緒に笑ったり、膝枕してくれたりしたら、どれだけ癒されることでしょう。

 

でも、あなたが疲れている彼にしてあげたいことは、美味しい手料理を作って食べてもらうこと。そして、一日にあったことを話し合うことだったとします。

そうすると、確かに美味しい料理かもしれないけれど、疲れている時に、美味しいかどうかを聞かれるのも大変だし、「美味しい」と言わないと、彼女の機嫌が悪くなるだろうなあ、と思うだけに気も使います。(後のフォローも大変だから)

そして、一日にあったことを話すのも楽しいけれど、今は、あまり口を聞きたくない気分だったりする時もあると思うのです。

あなたと口を聞きたくないとか、一日にあったことを話すのが嫌だとか、あなたのことを知りたくないとかじゃなくて。

 

「今は、話したい気分じゃない。ただ、のんびりしたいだけ」

というのが彼のニーズ。

「疲れている時こそ手料理で癒したい。そして、二人の仲を深めるために、話し合うことが大切」

というのがあなたのニーズ。

 

一致していませんよね。これが続くと、心がすれ違って行くと思うのです。

「どうして分かってくれないの? 私のこと好きじゃないんでしょう!?」

という、一般的に女性が被害者の立場になることで、罪悪感を抱かされた男性は、好きだけど疲れるという心境に至り、段々と心も離れてしまうこともあり得ると思うのです。

 

女性ばかりでは申し訳ないので、男性の場合。

例えば、ドライブに彼女を連れていくとしますよね。あれこれコースも練って、時間もプランもきちんと考え、食べる場所も完ぺき。

でも、途中で、彼女が「この公園が気に行ったから、少しゆっくりしていきたいわ」と言ったとしますよね。

あなたはこの後、プランを決めているので、もう一度練り直さなければなりません。レストランの予約もどうしようか。

そして、ついイライラしてしまう可能性もあります。せっかくの楽しいドライブがこんなことで、盛り上がるテンションが下がってしまうのはもったいないと思いませんか?

 

つまり、あなたと過ごせればそれでいい彼女と、きちんとしたデートプランで彼女を喜ばせたいというあなたとでは、ニーズが一致していないということになると思うのです。

 

してあげたいことは、してほしいことと一緒ではない。

つまり、いいと思ってしていることも、実は、自分がしてあげたいということをしているだけかもしれません。(言い方は厳しいけれど、ある意味自己満足)

相手がしてほしいことと、必ずしも一致するわけではないのです。

その逆も言えますよね。

あなたがしてほしいことと、相手がしてくれることが一致しない。

女性の場合、そこが一致しないと「愛されていない」と感じてしまうようです。でも、それは必ずしもそうとは言えないんですよね。

 

長くなるので、また明日に続きます。

読んでくださってありがとう!

良い週末をお迎えくださいね☆

おやすみなさい。

| | コメント (0)

最近のシンクロ

ここ最近、シンクロや引き寄せが続いています☆

思い出せるだけ、列挙させてくださいね。

 

●最近、薬局で買い物をすると、必ずハンドクリームやペットボトルのお茶などをもらう。

●都電に乗りたいなあと思っていたら、友人がその日にふっと都電に乗ったと後で聞いた。

●友人に買ったスイーツが、彼女の好みにバッチリ一致してまさに欲しいものだったとのことで驚いた。

●たまたま訪れたスーパーでポイント10倍キャンペーンをしていた。

●たまたま入ったカフェのランチが好みのメニューで、しかもタイム割引をしてくれた

●どうしているかな?と思った友人からメールが届いた

●同じ趣味の人を引き寄せるようになった

●観たいと思った映画のDVDが、100円レンタルコーナーに置いてあった

●友人に貸した本が、ちょうど友人が読みたいと思っていた本だった

●共通の友人2人から、同時刻にメールが届いた

●知りたいなあと思うことが、向こうから教えてもらえることがあった(聞いていない前に)

 たわいないことだけど、シンクロがあるとなんだか嬉しい私です。

| | コメント (0)

ツイッター Twitter をはじめました☆

突然ですが、今日のお昼に思い立ち、ツイッター Twitterをはじめました。

ここ最近、ツイッター Twitterという文字が飛び込んでくるのです。

友人からも、ツイッター Twitterをしたいんだけど、という言葉を聞いたり、興味ある方のHPを見るとツイッター Twitterをはじめました、の文字を発見したり。

で、ツイッター Twitterって何だろう、と思って、調べてみました。

でも、正直、いまいちピンと来ない。

こういう時の私は、まず、やってみよう!なのです。

習うより慣れろ ですよね(笑)

で、実際に半日やってみて分かったのは、ツイッター Twitterはリアルタイムチャットだけど、コメントしなくてもいい、流せるチャットなのだなということでした。

色々なつぶやきや、会話、ニュースなど、目にとまったところは読むことが出来、自分の現況もつぶやけます。

でも、返事は気にしなくても良いようです。(自分宛にメッセージが来たのでなければ)

 

きっと、もっと使い方はあるのでしょうけれど、それは追々、体感していけたらと思っています。 

 

という訳で、良かったらフォローしてください☆

よろしくお願いします♪

フォローしてくださった方には、基本的にフォロー返しさせて頂きます。

 

私のアドレスは こちら です。(登録しなくても、つぶやきが読めます)

ツイッターって何?という方は、こちら か ナビサイト をご覧くださいね。

 

さて、この先、私はTwitterを活用できるのでしょうか。

正直、未知数です。

様子見ですが、楽しんでみます♪

 

| | コメント (0)

今日もハッピーな一日でした。

今日はまたラッキーなことがありました。

小さなラッキーだけど、嬉しいこと。

 

まず、朝、今日が息子の受験本番で、向こうの駅まで送っていったのですが、今までバスを利用していなかったため、どこから乗るのか分からず焦っていたら、親切に教えてくださる方がいて、スムーズに乗ることができました。

その後用事をすませた後、せっかく外にいるのでネットカフェに入ったところ、一人だったのですが、ペア席にしていただけました。平日の昼間だけのサービスのようです。

ラッキーです♪

ペア席は、ソファーと足置きがあって、広びろとしていて落ち着きます。

 

100223_152804 そして夕方、マックでお茶をしていたら、店長さんがお盆にのせて、カフェラテを持ってきてくれたのです。

ちょうど、無料でカフェラテのサービスをしているのでどうぞ、ということでした。(1階にいたのが私一人だったからですが)

これから買う人には無料でも、先に入った私にまで、わざわざ持ってきてくださるなんて、なんて親切なお店だろう。と嬉しくなりました。

マックのファンになってしまった私です☆

 

今、マックのHPを見たのですが、カフェラテのサービスはそのお店独自のものだったようです。

ただ、朝の1時間、プレミアムコーヒーをの無料サービス実施中のようですよ。こちらを見てくださいね。 

 

ハッピーな気持ちを頂いたお礼に、私もハッピーのバトンを渡したいな。

  

皆さんにも沢山のハッピーが訪れますように♪

 

| | コメント (2)

私らしいルール パート2

私らしいルールの続きです。

それでは、現実の私らしいルールを決めていきましょう。

ここでも、自由に自分の好みと価値観で選択していってくださいね。

 

どんなことが好きですか?

どんな食べ物が好きですか?

何をしていると楽しいですか?

どんな人といると居心地がいいですか?

メールの返事はすぐにしますか? 少し置いてからですか?

電話をするのは好きですか? 嫌いですか?

人と会うのはどのくらいの頻度がちょうどいいですか?

一人で過ごすことが出来ますか?

何をする前がワクワクしますか?

将来の夢がありますか?

どんな服が好きですか?

どんな色が好きですか?

どんな場所が好きですか?

デートはどこに行きたいですか?

どんな異性といると落ち着きますか? 楽しいですか?

なんて褒められると嬉しいですか?

何があると落ち込みますか?

大勢の中で一人だと感じるのと、今一人だけど誰かと繋がっていると感じているのと、どちらが淋しくないですか?

 

こんな風にまず、「自分ってこんな人」というものを、自分で把握して欲しいのです。

自分が何が好きなのか。

何がしたいのか。人にどうして欲しいのか。

 

そんな自分らしさと自分の欲求を把握してこそ、人の意見が生きてくるし、人に振り回されなくなっていくと思うのです。

相手に合わせるのではなく、自分らしさをしっかりもって、その上で、お互いに歩み寄っていけば、人に振り回されないコミュニケーションが生まれると私は思うのです。

 

そこがしっかりすると、自分が嫌だなと思う人についても、自然に距離を置けるようになっていきます。向こうから去ってくれることもあるかもしれません。

 

そして、あなたの部屋に土足で入ってくるような人は、遠慮してもらうこともできるんですよ。

あなたの大事な部屋(心)を、丁寧に接してくれる人、関心を持ってくれる人とだけ、付き合っていく権利は、あなたにあるのです。

むしろ、無遠慮な人を自分の部屋に入れてしまうことで、大事な人が逃げてしまう可能性もあると思うのです。

(イメージとして、自分の部屋に素敵な友人が訪れてくれたけれど、感じ悪い人たちが占領していたら、帰ってしまうと思いませんか? それなら誰もいない方がマシかもしれません)

 

そんな風にまず、自分の心の部屋をきちんと作ることで、どんな人と付き合っていきたいのか、どんな人生を過ごしたいのかが、自分自身が分かってくると思うのです。

そうすれば、きっと、自然と受け入れるものと、そうでないものが分けられるようになって、人に振り回されずに自然に楽に生きていけると思う私です。

平穏な心の部屋には、幸せが沢山、訪れると思います。無理しなくても、向こうから訪れてくれますよ! 

あなたなら大丈夫。そう信じています☆

 

補足ですが、自分の心の部屋は、自由に変更も可能です。最初はこうした方がいいと思っても、それにこだわらず、変えていってもいいんですよ。成長と共に、好みも変わっていくかもしれません。

最初に決めたことが絶対ではないので、そこは柔軟になっても大丈夫です。

   

今日も長い文章を読んでくださって有難う☆

それではまた明日。

おやすみなさい。

| | コメント (0)

タピオカミルクティ☆

100222_210703  ブラックタピオカ入りミルクティが好きな私。いつも仕事の前に飲んでいました。

最近、ご無沙汰していたので、久しぶりに買って飲みました。

甘いけれど美味しい☆

画像のものは、ファミマで購入しています。

 

市販の甘い飲み物は基本的に飲まないのですが、たまに甘い飲み物にホッとすることがあります。

そして、ブラックタピオカ!

モチモチして噛み応えがあって、美味しいです。

ブラックタピオカをお好きな方はいらっしゃるかな?

 

というわけで、唐突ですが、最近、mixiに参加したばかりの私ですが、

「モチモチした食べ物が好きな人☆」 という、何ともイージーなコミュを立ち上げました。 

良かったら、このコミュの名前で検索してみてくださいね。

そして、モチモチ系が好きな方、是非、ご参加お待ちしています♪

| | コメント (0)

私らしいルール パート1

今日は私らしいルールについて、書かせてくださいね。

まずは、分かりやすいように、イメージレッスンです☆

 

最初に、自分の部屋を作るイメージをしてください。

マンションやアパートを借りてもいいし、今いる自分の部屋を好きなように改装してもいいということにしましょう!

全て思い通りの部屋を作る自由があると、自分に許可を与えてくださいね。

 

部屋の窓はどの場所に、どんな大きさがいいですか?

部屋の向きはどうでしょう。

壁の色、材質は何がいいですか?

部屋の広さは何畳くらいがホッとするでしょうか。(広い方がいいという人もいれば、狭い方が落ち着くという人もいて、それぞれだと思います)

家具のテイストはどんな感じがいいでしょう。アジアン、洋風、和風、シンプル、アールデコ、色々と好みがあると思います。

カーテンは何色がいいでしょう。生地は? 厚みは? 模様は? UV加工か、レースか、どっしりしたビロード風がいいでしょうか。

お風呂は大き目がいいですか? 外が見える方がいいでしょうか。丸い湯船がいいでしょうか。木のお風呂がいいですか?

ソファーは置きますか? 座椅子にしますか?

ソファーはローライズ? 布ですか? 皮張りですか?

テーブルは置きますか?

ベッドを置きますか? お布団がいいでしょうか。

 

まだまだ思い浮かんでいくと思います。自由に部屋をデザインしてみてくださいね。

誰に遠慮することなく、自分の好みだけで自分らしい部屋を自由に作って欲しいのです。

 

これが、自分らしさにも繋がってきます。

自分の部屋は自分らしさです。自分の考えやライフスタイル、好み、趣味など、自分らしさそのものなのです。

 

ではどうして、普段、自分らしさを保てないかというと、人にベッドがいいと言われて、布団派なのにベッドを入れてしまったり、家具は茶色がいいと言われて、本当は白が好きなのに、茶色を入れてしまったりするから、混乱するのだと思うのです。

 

恋人や友人も同じです。

自分の部屋が先にあって、恋人は後から来るカーテンだと思って欲しいのです。(決してカーテン程度というわけではないんですよ)

 

自分の部屋にあった人。つまり、自分と合うパートナーをきちんと考えてから、自分の理想とするカーテン(恋人)を選んで欲しいのです。

どうでもいい柄でいいのでしょうか。間に合わせでいいのでしょうか。

日さえ遮ってくれればいいのでしょうか。

それよりも、自分らしい部屋にあった、自分と一緒にいて居心地のいいカーテンを選んでかけた方がいいと思いませんか?

  

そして、何より重要なのは、部屋の主人はあなた自身だということです。

カーテンはあなたがいるからこそある存在で、決して主人になり替わる存在ではないのです。

カーテンに自分の幸せをゆだねてしまっても、カーテンにはどうにもしてあげられないと思うのです。

あなたがうまくいかないことも、全てカーテンがきちんと遮断しなかったせいでしょうか? 思い通りの部屋にならなかったのは、カーテンが悪いのでしょうか?

何か違いますよね。自分の幸せが上手くいかないことを、カーテンの責任にしているのは、自分の部屋を良くする責任を引き受けていないことに繋がると思うのです。

 

現実も同じです。

誰もあなたの部屋を居心地よくは出来ないのです。

でも、あなたが自分らしくいようと思えば、自分で居心地よいものを選んで、誰に振り回されずに、作れるのです。

いえ、作れるのはあなた以外にいません。

まず、自分の部屋を自分が決めていないと、後から来るものに振り回されて、自分の心がちっとも居心地良いものにならない現実が待っています。

でも、自分の部屋は、自分で居心地良くしようと引き受けた時、はじめて、素敵なカーテンが癒しの源となってくれると思うのです。

 

長くなるので次回に続きますね!

ここまで読んでくださって有難う☆

| | コメント (0)

素直になるということ パート2

先日、素直になるということ について書かせて頂きました。

今回は、これについて、もう少しだけ補足させてくださいね。

 

素直になることで、人に舐められたり、バカにされたりすることは、絶対にないとは言えません。

軽く見られたり、簡単に扱えると思われたり。

これは素直という性質につきものではあると思います。

それでも、私は素直な人は素敵だな、と心から思っています。

 

そして、もし可能なら、私が提唱したいのは、一皮むけた素直です。(笑)

率直にいえば、「舐められない素直な人」です。これからそのことについて書かせてくださいね!

 

どうすればそうなれるか、というと、私は、「私らしいルール」を持っている人と答えます。

「私らしいルール」については、この記事を読んでくださいね。

自分を持つと、自然と自分に自信がついてきて、「ここまではいいけれど、ここからはダメという」 見えない線を相手に感じさせることが出来るのです。

つまり、ここまではからかってもいいけれど、これ以上言うと失礼になるな、という線です。

 

そして、自分に自信があるということは、簡単に傷つかないということにも繋がるのです。

簡単に傷つかないために必要なのは、鎧をまとうことではなく、傷つかないハートを持つということだと思うのです。

つまり、鎧というのは、傷つきやすい心を守るために、プライドを高くしたり、こちらから先に攻撃したり、人からの意見を全てシャットアウトするという拒否反応だと思うのです。

でも、それを外すことで、今までプライドが邪魔をして言えなかったことが言えるようになると思うのです。

例えば、「教えて」とか、「ごめんなさい」とか、「私が悪かった」という、自分の弱い部分を見せる言葉が自然に言えるようになっていきます。

これが言える素直さというのは、実は、自分に自信がないと(好きでないと)出来ないことだと思うのです。

 

傷つかないために、出来ること。

それは、「自分を過大評価も過小評価もせず、また、そのままの自分を人に見せることの恐れを手放すこと」に尽きると思うのです。

 

つまり、「等身大の自分を、まず自分で受け入れて、人にそれを良く見せようとも、悪く見せようともせず、そのままで勝負するということを、自分で引き受ける」 ということが、素直になるということに繋がるのだと思います。

 

もし良かったら、以下の文章を毎日読んでいただけたら、力の素になるかもしれません。皆さんの感性に合うようにアレンジして頂いて、自由に潜在意識のパワー充電にご活用ください☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私には沢山の良いところがあり、人の力になれるパワーを持っています。そのままで、価値がある人間です。

私は私なりのルールを持っていて、そのルールは他の人に通じるものではないけれど、それは私の人生の主人公は私だから、それでいいのです。

同じように、私は自分も人も尊重します。

そして、自分を誰よりも愛します。そのままの私が大好きです。

人の良い言葉は受け入れて、私のためにならない言葉は、忘れます。

それは、私にとって大事な人の言葉は大切だけど、私を傷つける人の言葉は、大切ではないと分かっているからです。

苦しい時は助けてと言えるし、分からないことがあれば、教えて欲しいと言えます。

でも、人に依存はせず、自分の人生を引き受けて生きていきます。

自分が悪いと思えば素直にごめんなさいと言えます。

でも、悪くない時に頭を下げることはしません。

そんな私だから、きっと大丈夫! すべてうまくいきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんへのメッセージを込めて書かせて頂きました。

長い文章を読んでくださって有難う。

それではまた明日☆

明日からの1週間が、皆さんにとって素敵な1週間でありますように♪

| | コメント (5)

受験応援 チキンステーキ

100220_182036  今日の夕食です。

息子の受験直前応援ディナー。(笑)

チキンステーキ、野菜添え。(野菜やインゲン、ニンジンのボイルに、粉吹き芋のスパイス風味です。後は、オリーブの実、トマト)

ガーリックスライスは、手製です。

私はガーリックが好きなので、いつも買い置きしてあります。薄くスライスして、少なめの油で揚げるようにして、香りを出して料理に使います。

 

安価でボリュームがあって美味しく食べれる、我が家の定番メニューです。

受験応援というより、良く作るメニューでした。(笑) でも、やはり応援の気持ちを込めて、ジューッと焼きましたよ♪

このお肉については、チキンの時と、牛肉の時があるのですが、個人的にはチキンの方が好みなのです。特に皮をパリパリに焼くのが好きです。

 

このお肉にかけるスパイスは、とっても美味しいものを使っているのです。

ご参考まで。以前に書いた、サンタフェステーキスパイスの記事は、こちらです。

 

前回の購入時に数人の友人(自炊する人)にプレゼントしたところ、「あり得ない美味しさ」と本気での賞賛を頂いて嬉しかったです。皆が、また欲しいとのリクエストでした。

このスパイスは、化学調味料の味ではなく、もっと自然な味なのですが、他のスパイスでは出せない、微妙なうまみがあるのです。

正直、私はこれを手放したら、美味しい料理を作ることが非常に困難になるでしょう。(笑)

また、近々、購入する機会に、友人たちにプレゼントする予定です☆

 

皆さんはどんな週末を過ごしていますか?

良い週末でありますように。 

それではまた明日☆

おやすみなさい。

 

 

| | コメント (3)

DEAN&DELUCAのパスタランチ

今日は高橋大輔くんの、銅メダルのフリー演技に魅了された私です。

本当に情熱的で素敵でした~。

織田君の靴ひもが切れたことは、とても残念でしたね。最後まであきらめず演技した姿に涙がこぼれました。

そして、小塚くんは初出場で良く健闘したと思います。

スケートの演技を観ても、欲や競争を超えて、己との対話にまで至った時、メダルは手に入るのかなと感じました。 4年前の荒川静香さんの静かな中に秘められた情熱を思い出しました。

100219_122528 さて、今日は、友人とDEAN & DELUCAでランチをしてきました。カフェラテのラテアート、今日は可愛いハートです。

ハートが大好きな私にとって、かなりハッピーな出来事でした♪

 

100219_122508 私が食べたのはパスタランチ。

今日はルッコラが沢山のったオイル系パスタに、オリーブオイルのパンと、サラダでした。これで1050円です。野菜が美味しくて、カフェ系では好きなランチなのです。

 

今日会った友人は、ずっと前の職場の同僚。

気がつけば、彼女と出会って、ほぼ20年近い年月が経っていました。本当に年月が経つのって早いですね。

そして、人との縁は少しずつ増えて、繋がり、太く長くなっていくのかなと思う私です。

 

読んでくださって有難う。

それではまた明日☆

おやすみなさい。

| | コメント (0)

自分に素直になるということ

私は最近、素直になることが一番楽な生き方だな、とつくづく感じています。

素直というと、警戒心がなくて無防備、悪く言えば頭が悪そう、となりますが、本当の素直は、警戒心を超えたある意味、無敵の状態だと思うのです。

 

素直というのは、私の中の定義として、自分の考えや、希望、意見をそのまま素直に自分で認められること。それを必要がある時に、他者に率直に伝えられることです。

もちろん、受け取ってもらえるかどうかは、相手が決めること。

相手をコントロールしようとは思っていないし、良く思ってくれれば嬉しいけれど、それを相手に要求する必要もないでしょう。というのは、他者の評価で自分の価値を判断しないので、必要がないのです。

 

そして、人の意見や気持ちもきちんと聞くことが出来るけれど、それを受け取るかどうかは、もちろん、自分が決めることが出来る自由さも持っているのです。

  

つまり、いいものは受け取り、自分も相手に与えていく。

その連鎖こそ、良いサイクルなのだと思うのです。

 

どうして大人になると、素直になりにくいかというと、やはり、他者の攻撃からは自分を守りたいでしょうし、意見を言われたり、傷つけられたりするのも嫌だと思うのです。

自分の思い通りにならないのは残念だし、傷つくのも怖いでしょう。そして素直になることで、相手の意見を全部聴き入れなくちゃいけないのかと怖くもなるでしょう。

 

つまり、人にコントロールされたり、無防備になるのが怖いのだと思うのです。

 

でも、ここで言う「素直」の状態になると、確かに多少は傷つくことがあっても、人からの好意や喜びの共感の方が多くもらえることで、大きく幸せ感がアップすると思うのです。

そして、素直な人は人から愛されますし、可愛がってもらえる可能性が高いと思うのです。

素直な人には、皆、良いことを教えてくださろうとするし、何かの時に誘ってもらえたり、大切にされることも感じられると思うのです。

何か良いことを思いついたら、一緒にどうかな、と思いだしてもらえることも多くなると思うのです。

 

例えば新入社員が2人入ってきたとして、2人とも能力は同じだとしますよね。

1人は、「なんでも教えてください」と、先輩や上司の意見をまずは聞こうという姿勢があり、「有難う」という感謝の気持ちを持っている。

もう1人は、警戒心や猜疑心があり、何か好意を示されると下心があるのではないかと、いつも身構えている感じが見え隠れする。

 

そうなると、やはり前者の方を、人は可愛がるのが自然だと思うのです。

そんな風に、素直になるということは、大きな喜びを連れてきてくれるんですよね。

  

防御には楯や鎧をまとうイメージがあるけれど、それだと、良いものも受け取れなくなってしまいます。自由度がなくなって、行動も重くなるデメリットもありますよね。

 

素直という感覚を言葉にすると、防御の鎧は脱いで、薄手の絹にして、ただ、自分のままで立ってみるというイメージでしょうか。

そして、自分はこういう人間です。と、人に伝えてみる。また、相手が何か良いものをくれたら、素直に喜んで受け取り、そして、もし、不快なものが来た時は、スッとよければ良いのだと思います。

もし、打撃を受けることがあっても、必ずその時は誰かが助けてくれるでしょう。助けをあてにするということではなく、それが人の世界だと思うのです。

  

自分が何が好きで、自分が何が嫌なのか。それがはっきり把握できて認めることが、まず素直の第一歩。それこそ、最大の絹の鎧だと思うのです。

 

「素直になること パート2」の記事はこちらです。

 

皆が自分に素直になって、自由に生きてほしいと思う私です。

いつも読んでくださって有難う。

また明日☆

| | コメント (4)

スギザキメグミさん ハートのマグカップ

100217_180702  今日の日記の続きです。友人からスギザキメグミさん のハートのマグカップを頂きました☆

100217_180644 カップの底までハートです♪

ハート型が大好きで、スギザキメグミさんのイラストも大好きな私。

 お菓子を何個か買うともらえたそうです。私の分まで集めてくれた友人に感謝☆ 有難う♪ (このブログは見ていない友人ですが、本当に嬉しかったです)

100217_180614

| | コメント (0)

ト音記号のキーチェーン(チャーム)

100217_180807 先ほどの日記の続きです。

渋谷のビルの中で、インポート物の雑貨屋さんがあったのですが、ここで、大好きなト音記号のキーチェーン(チャーム)を買いました。

 ちょうど家の鍵のキーチェーンが切れてしまったところだったのです。何かつけていないとどこかにいっちゃうので、探していたところです。

 好みですが、好きな形に、ト音記号、♪、ハート型 があるのです。

ト音記号はシルバーでキラキラしていて、ピンと来て購入しました。

早速、鍵をつけました。これでバックの中でもなくならないでしょう☆

 

| | コメント (0)

アフタヌーンティの季節のケーキ

100217_154227  今日は友人と、映画&ランチ&お茶をしてきました。映画館は渋谷だったのですが、その映画館があるビルの中のインポートファッションのお店で、バーゲンをしていたので、またまた洋服を買ってしまいました。

 

友人はサーモンピンクの、沢山ファスナーがついた可愛いトップス。

私はオレンジ系のヒラヒラ系ワンピースと、それに合わせて、ベルトを買いました。60%オフだったので、かなり安かったです。

オレンジという華やかな色のワンピを買ったのは、先週の土曜日に、友人たちが「明るい色が似合うんじゃない? オレンジとか、黄色とか。薄いブルーとか」と言われて、目がオレンジにいってしまったのでしょう。(笑)

良い意味で、洗脳されたみたいです☆

 

映画は「ラブリーボーン」を観てきたのですが、俳優さんたちは、皆、個性があって素敵で、映像も並はずれて美しかったのですが、何となくストーリーがスッキリしませんでした。特にお勧め映画ではないかな。

主演女優さんのプロモーション映画としては、素敵ではありましたが。

 

ランチはこのビルで食べたのですが、雰囲気はいいものの、味は普通かな。接客が不慣れなバイトの若い男の子たちばかり。厳しいことを言うタイプではない私ですが、このブログでお店を紹介するのはやめておきますね。

 

お茶は、東急東横店のアフタヌーンティでしました。

画像のケーキは、季節のケーキ。苺クリームとマカロンがアクセントで、色が綺麗です♪

 

楽しい1日でした☆

| | コメント (0)

心の傷の癒し方 その3

自分で自分を癒す方法について、今日もご紹介させてくださいね。

  

今日はかなり効果が高いインナーチャイルドヒーリングです。

これは、とても抵抗が出る場合もありますし、悲しい気持ちが出すぎてしまう場合があるので、ご注意くださいね。

※注意事項※

1、静かな部屋で一人ですること。

2、時間がたっぷりある時を選ぶこと。

3、苦しければやめることをお約束してください。

4、ご自身の感情に責任が持てる方に、試してもらえればと思います。

-------------------------------------

まず、楽な姿勢でどこかに腰をかけてください。

目を閉じて、子ども時代の自分を思い出してください。

何か特別なことがあった時、解決したいことがあれば、その日の自分を思い出してもいいですし、ただ、漠然と、出てくる子どもに任せてもいいと思います。どちらでもあなたの自由です。

 

子ども時代のあなたが出てきたら、急激に近づかず、ゆっくり近づいて声をかけてください。

  

「こんにちは。○○ちゃん。○○くん。(小さい頃の呼び名)

私が大人のあなたよ。今日はあなたに会いに来たよ。長く放っておいてごめんね」

 

このように優しく声をかけてみてください。

何か答えてくれたでしょうか。

 

どんな表情をしていますか?

恥ずかしそうでしょうか。笑っているでしょうか。泣いているでしょうか。

 

その子に合わせて、気持ちを汲んであげてください。

急がず、そっとそばに寄り添って、見守ってあげてくださいね。

 

この時間を大切に、ゆっくり過ごして欲しいと思うのです。

イメージの中で、寄り添ってあげてください。

そばにいて、味方だよと伝えてあげてください。

会話してもいいですし、言葉はなくても、抱きしめたり、頭をなでたり、子ども時代のあなたが幸せになれることを、沢山、沢山、してあげてください。 

もし何かで遊んでいるなら、一緒に遊んであげてください。

あなたが幼い頃、忙しい両親には、あまり遊んでもらえなかったかもしれません。その代わりに、一緒に遊んであげてください。

 

そして、あなたが親に言われた禁止令が思い浮かぶのでしたら、子ども時代の自分に、禁止令を解くことも有効です。

「あなたは幸せになっていいんだよ」

「欲しいものを欲しいと思っていいんだよ」

「あなたはそのままで価値があるんだよ」

「あなたを大事にしてくれる人を、自分で選んでいいんだよ」

 

この禁止令については、自分でこの言葉が必要だと思うことがあれば、その言葉を伝えてあげてくださいね。

 

そして、子ども時代のあなたとゆっくり時間を過ごしたら、お別れです。 

優しい言葉を沢山かけてあげてください。

 

「あなたに会えてよかった。また会いに来るからね」

「あなたの気持ちは、私が一番分かっているからね」

「辛かったでしょう。我慢したね。これからは私が話しを聞くからね。安心してね」

「大好きだよ。これからはずっと一緒だよ」

  

そして最後に、子ども時代のあなたをギュッと抱きしめて、小さく珠にしてください。

そっと目をあけて、もし、見えるようなら、その珠を両手の上に乗せてください。最後に、その珠をあなたの胸に入れて同化してください。

胸が温かい感じになったでしょうか。

-----------------------------------

インナーチャイルドヒーリングは、とても癒しの効果があると思います。

どの人も、必ず傷ついたり、淋しかったりする思い出はありますし、苦しいこともそのままにして大人になってきているかもしれません。

そして小さい頃、傷ついたままのあなたは、子ども時代の姿のまま、心の中に生きているのだと思います。一人でポツンとその場に留まっているのだと思うのです。

淋しかったり、悲しかったりする気持ちのまま、ずっと一人で過ごしているなんて、可愛そうですね。

なので、その子どもに大人になったあなたが寄り添うことで、癒されていくことは想像以上だと思います。 

 

インナーチャイルドヒーリングをしている間、そして後は、とても感情が高ぶって、泣いてしまうかもしれません。

ホッと気持ちが落ち着いたら、優しい音楽を聴いたり、ご自身の好きなことをしたり、ゆっくりと好きな飲み物を飲んだりして、自分を大切にする時間を持ってほしいと思います。

  

そして、やはり無理はしないでくださいね。

辛かったら、途中で、小さな子どもに、「また、今度来るからね。ごめんね。必ず来るからね」と声をかけてさよならしてもいいのです。

無理はしなくても、徐々に向かい合える日も来ると思います。

 

そして、皆さんの人生は、きっと良い方向に進むことが決まっているんですよ。

全ては良い方向に進むように出来ているのです。宇宙からの声を無視せず、良い流れにしたがって生きていれば、必ず、皆、良い方向に進むことは決まっています。

誰を蹴落とさなくても、競争しなくても、それぞれが必ず、その人らしく幸せになれるというのは確かだと思うのです。

ただ、それを邪魔するのは、自分の顕在意識(エゴ)だったり、執着や嫉妬、自分に価値がないと思う気持ちや、自分自身の存在に対する罪悪感、親から受け継がれた禁止令や呪縛、親自身の安定のために、無意識に植えつけられたことなど、多々あると思うのです。

急がず、それを癒していけば、必ず、自分らしい幸せな道を必ず見つけられると思います。

そんな自分の人生を信頼して欲しいと、心から願っています。

焦らずゆっくり行きましょう♪

 

長いワークを読んでくださって有難う。

また明日☆

皆さん、癒しの時間を過ごしてくださいますように。

| | コメント (0)

心の傷の癒し方 その2

それでは、昨日の続きになりますが、自分の心の傷と対話するということについて、今日は書かせてくださいね。

 

心の傷というのは、幼い頃に、無防備な状態で親にかけられた言葉だったり、友人に言われてコンプレックスになった事柄だったり、親やきょうだい、親戚などの大人が、気づかずにした行動が深い傷になっていたり。

もしくは、親がきょうだいのひいきをしたり、なぜか自分だけ愛されていないように感じたり。(これが事実か事実ではないかはともかく、そう感じたという心の傷)

後はいじめにあったり、思春期に失恋したり、受験で失敗したり。

 

そういうことがあった時、時間が解決するといいますよね。

確かに時間と共に風化していくと思うのです。

そこで誤解が生じるのは、その傷が癒えていると勘違いしてしまうこと。

実は、その事柄自体は過去のことになっても、その時に受けた傷がそのまま封印されていると、大人になってからの人生に大きく影響してくることもあり得るのです。

書き始めると奥が深いことなので、1日の記事に仕切れないのですが、今日は、自分自身の傷と対話するということに焦点を絞りたいと思います。

今回は、ご自身で簡単にできる癒しの方法として、簡略化してご紹介させてください。

 

人って無視したり、見ないふりをすることで余計にその存在を誇示してくることってないでしょうか?

実は、その存在を認めてあげて、口に出すことで、実はホッとしてくれて、小さくなってくれることもあるのです。不思議でしょう?

 

例えとして、クラスで問題を起こす子の話しを、担任の先生が叱るのではなく、きちんと聞いて受け止めてあげると問題が減るというのと同じで、自分のコンプレックスを邪険にせず、忘れてしまようと封印するのでもなく、ちゃんといることに気づいてあげて、自分の一部だったと認めてあげると、癒されるということがあるのです。

 

なお、やっている途中であまりに辛くなったら、中止して欲しいのです。

自己責任で感情を背負える方だけ、試してくださいね。そして、最初はあまりに辛いことからではなく、背負えそうなことから試してみてください。

 

まず最初に、目を閉じて、当時の辛かった時のことを思い出してみてください。

 

その事柄が出てきた時、感情を味わった後、その感情自体に声をかけてみてください。

出来れば、それを自分の体のどの部分に感じているか、喉、胸、お腹などを探してみて、そこの部分に話しかけてみるといいと思います。

 

もし、声をかけるとしたらなんて声をかけてみましょうか。

 

「私はあなたのために苦しんできたの。悲しい思いをしてきたの。でも、あなたはそんな私の気持ちを引き受けて苦しかったでしょう」

しばらく耳をすましてみてください。感情は何か返事をしてくれるでしょうか。

ちゃんとした言葉ではなく、テレパシーのようにイメージとして、あなたに応えてくれるかもしれません。その言葉を聞いたら、復唱して、気持ちを分かってあげて欲しいのです。

それを何度か繰り返してみてくださいね。

 

最後に、「今まで大変だったね。そして有難う。

今まで無視したりしてごめんね。これからは私と一緒に生きていこうね」

とねぎらい、自分の中に取り込んであげると、スッと小さくなり一つに溶け込んでいけたら、共存していける第一歩です。

 

これだけで傷が完全に癒えることはなく、時々、取り出しては、会話してあげて欲しいと思うのです。

感情を味わい、それを自分の中から取り出して分けて対話することで、癒されていくことは予想外に大きい効果があることが知られています。

もっと詳しく知りたい方のために、この本を良かったら読んでみてくださいね。

体の声を聴く 「フォーカシング」

 

他にもインナーチャイルドで癒す方法もあります。

それはまた明日の記事にて。

 

どうか皆さんの心の傷が癒えて、人との関係を良好に築いて行けますように。願っています。

読んでくださって有難う。

また明日☆

 

| | コメント (2)

心の傷の癒し方 その1

癒しって、良く使う言葉ですよね。

温泉に入ると癒されるな~。この人といると癒されるな~。

癒しって、つまり、居心地良かったり、ホッと出来たり、心を解放できたり、そんな感覚かもしれませんね。

 

さて、誰もが持っている、心の傷について触れてみたいと思います。

心の傷というのは、人からみてどう思うかではなく、その人が辛いと思っている体験や、コンプレックス、苦しい経験などのことです。

時間の経過や大人になるにつれ、薄れていく思いであっても、実は蓋をあければその時のまま、存在している心の傷。

その心の傷こそ、実は、人とのコミュニケーションや違和感を与えている可能性があるのです。

 

自分では気づかないけれど、他者に心を閉ざしていると感じさせたり、人と話していて、なぜかムッとくるポイントがあったり、自分を守るために、攻撃的になってしまったり。

それがまさか、心の傷からくるとはあまり知られていませんが、性格的なものではなく、心の中に閉じ込めてある傷が、違和感を感じさせてしまうのです。

それが原因で、せっかくの出会いを次の縁につなげないのは、もったいないと思いませんか?

 

そのために、「心の傷の癒し」が必要なのだと思います。

癒す方法は色々とあります。

 

本や映画を観ることでも癒されますよね。

好きな人と会ったり、好きな友人と会うことで、ホッと出来ることもあると思います。

ハードルが高いかもしれませんが、専門のカウンセラーさんに話しを聞いてもらうのも、とても有効です。(相性があい、信頼できる人。自分と同性がいいか、異性がいいかは好みです)

カウンセラーではなくても、信頼できる友人がいれば、その人に話すことで少し解放される可能性もあります。もちろん、相手は選んでくださいね。あなたの心の傷を深くえぐるようなことを言う人や、マイナスの底に一緒に沈んでいくタイプはお勧めしません。

 

そして、実は自分と会話するというのも、とても大きな癒しが得られます。市販されているワークなどをするのもお勧めです。色々とあると思いますが、私のお勧めは、チャック・スペザーノ博士の30日間シリーズです。

そして、心の奥底に閉じ込めていた問題に向き合って、その問題(コンプレックスや心の傷など)と、話し合うことも有効な方法です。

 

長年封印していた心の傷は、大人になることで、自然に風化しているように見えるかもしれません。でも、それは確実に存在していて、何かのきっかけで、あなたの幸せを邪魔しようと動きはじめるのです。これがとても厄介な存在なんです。 

その長年しまいこんでいた苦しみを認めてあげることで、風船に針を刺したように、ヒューッと小さくなる可能性もあるのです。

 

この方法はまた明日、記事に書かせてくださいね。

 

読んでくださって有難う。

明日から新しい1週間がはじまりますね。皆さんにとって良い1週間となりますように♪

 

| | コメント (2)

ピカピカと輝こう☆

皆さん、こんばんは!

今日も東京はとても寒いです。凍えそうです~。

 

今週は、ものすごくめまぐるしい1週間でした。3月になれば少し楽になりそうです。頑張ります♪

  

さて、今日も朝から五反田でセミナーを受講してきました。

本来ならセミナー記を掲載するところなのですが、実は、ランチで友人3人と計4人で話し始めたところ、その方が面白くなり、私が帰らなければならないギリギリの時間まで話しこんでしまいました。

本当にあっという間でした。

 

人生について。親について。恋愛、結婚について。仕事について。今、考えていることについて。その他、たわいもない話、食べ物や旅行、ドラマの話しなどなど。

話題から話題が生まれ、展開していくのはとても心地よいです。知り合って間もない仲間ではありますが、旧友のような親しさを感じるのは、本当に出会うべくして出会っているからかもしれません。

 

そして、皆、誰もがですが、育った環境や生きていく間に、傷を受けたり、ちょっとしたコンプレックスや、苦しみなど、抱えていると思うのです。

それを表に出せないと、なんとなく人に境界線を感じさせたり、人とある一定の線以上に、仲良くなれない雰囲気を醸し出してしまうこともあると思うのです。

つまり、傷に触れられたくないために、無意識に防衛本能で自分を守ってしまうからだと思うのです。

傷を抱えていることで、ついムッとしてしまったり、それを隠そうとして強がってしまったり、もしくは、言われないように最初から境界線を作ったり、笑いでごまかしたり。

 

今日つくづく実感したのは、自然に傷を傷と人に言える。心を開示してそのまま出せることの気楽さです。 

「私って、こんな経験して、こんな思いをしてきたんだ。だから、今があるんだよね」ということを、お互い、隠さず、そのまま言えることの気楽さと、解放感。

それを共有し、また、共感もしあえる。

無理に傷をこじ開けることはなく、自然に口に出来ることで、癒されていくということもあるかもしれません。

お互いに、そのことを優しく受け入れる器がある者同士が集まると、そんな会話が楽しめるのだ、と心から嬉しく、出会えた感謝でいっぱいです。

 

これから、ますます傷を癒して、心を解放して、素直に生きていきたいと思った私です。

心の傷を癒して、自分らしさを発揮できるようになると、誰もがピカピカに輝くそうです☆

皆が、その人らしいカラーで綺麗にピカピカ輝けたら素敵ですよね。

癒しについては、また明日、書かせてくださいね。 

 

読んでくださって有難う。

また明日☆

| | コメント (1)

今日はセミナーでした

皆さん、こんばんは!

今日は祝日でしたね。いかがお過ごしでしたか?

 

私は1日、セミナーに出席していました。

このセミナーはとても興味深いものでした♪

また明日、ゆっくりセミナー記を書かせてくださいね!

  

今日は短いですがこのへんでごめんなさい。

コメントは明日、ゆっくりお返事させてくださいね。いつも有難うございます☆

 

おやすみなさい。

| | コメント (0)

自分の気持ちを率直に伝えるメリット

内外一致しない人について、先日書かせていただきました。

今日はもう少し、掘り下げて書かせてくださいね。

 

どうして内外一致しないかというと、その心理は、色々なパターンが想像できます。

内心は淋しいし、ちょっぴり焼きもちもある。

としますよね。その深層は人によって多少違うと思うのです。

 

1、素直に自分の気持ちを伝えることが出来ない

2、良く思われたいので本心は言いたくない

3、自分がどう思っているのか、自分自身が気づいていない(自分の感情を自分で把握する前に、流してしまう癖がある)

 

例えば、旦那さんから、今度の休日、職場の同僚たちと遊びに行くことにしたよ、そう言われた妻は、内心、とても淋しいと思うとしますよね。

1のタイプ  気持ちを素直に言えない。自分を犠牲にすることで、円満に収めようとしている可能性もあります。

もしくは、自分の意見に価値がないと思っている。

言いたいけれど、言わないことで、夫に察してほしいと感じているのかもしれません。無意識のコントロールです。

 

2のタイプ 本当は嫌だけど、自分が思う理想の自分を演じたいので、表向きはいいよ、と言ってしまう。でも、本心は嫌なので、ジレンマが苦しい。

自分ばかり犠牲になったり、我慢している思いが募るので、ある日、爆発する可能性あり。

 

3のタイプ 自分が何を考えて、何を求めているか把握する習慣がない。

そのため、漫然と不満がたまっていくので、相手が何をしても、たいがい気に入らないことが多く、ブスッとしてしまったり、なんとなくイライラしたりすることがある。

 

いかがでしょう。

 

内外不一致の人のリスクは、相手の身になってみると分かります。

相手は、なんとなく責められている感じがする。悪いことをしている感じを持たせられる。あなたの犠牲の上に成り立っている関係のように思わされる。

そう思わされることで、この関係は、悪くなる可能性がとても高いのです。

人は、誰もが、罪悪感を抱かされることは好まないし、そうさせた相手を自分の敵のように感じてしまう場合もあるからです。

 

そして、言っていることと内心が違うことへの違和感を感じさせることで、人としての信頼にも関わってきます。

 

我慢して言わないだけなのに、黙って気づいて欲しいだけなのに、漠然と不満をためていっていることにあまり気づいていないだけなのに、これだけの大きなリスクがあるんですよね。

 

そこで、私のお勧めする方法を書きますね。

まず、自分が何を求めているのか、普段から自分の気持ちを考える時間を持つ。

自分の感情を外に出す前に、把握する習慣をつける。

そして、自分の気持ちを、率直にわたしメッセージで伝えるように意識する。

   

最初は勇気がいりますし、相手が戸惑う可能性もあるけれど、「私はこう思うの」とわたしメッセージで伝えるのは、相手を非難するのとは違って、相手が傷つかない最良の方法です。

 

つまり、「あなたが遊びにばかり行くなんて、家庭をどう考えているの?」と責めるのでもなく、「あなたが遊んでいると、子どもが可愛そうじゃない」とすり替えるのでもなく、「週末は家族で過ごすのが当然でしょう?」とあなたの価値観で評価を下すのでもなく。

 

「あなたが週末出かけると淋しいな」と言えたらそれでいいと思うのです。

その結果、ご主人が外に出かけることをやめなかったとしても、言えたことで、確実に、自信が備わっていきます。そして、相手にも何か感じることがあるかもしれません。

これは実際には、相手の行動を変えるというより、自分の気持ちを自分で確認して伝えることに大きな意味があるので、相手の行動が変わるかどうかは、相手にお任せします。

つまり、相手を変えることが目的ではないのです。あなたがあなたらしく、自分の気持ちを、本当の自分に偽らず、堂々と言えるようになることが、一番の目的です。 

自信が備われば、次に自分の発言に価値があることにも、自己主張することに罪悪感を覚える必要もなくなっていくと思うのです。

自分らしい自己表現が出来ることで、自分を好きになれて、相手のことを許容する範囲も広くなったら、ますます言うことなしですね!

 

自分を素直に出した方が、結果的に信頼関係が築ける一例を書かせていただきました。

 

長い文章を読んでくださって有難う!

皆さんが自分自身の気持ちに正直に生きてくださいますように。

願っています☆

| | コメント (2)

内外一致しない人

先日、真の友人の見分け方について書かせていただきました。

この記事では書き足りなかったことがあるので、少しだけ補足させてくださいね。

 

それは内外一致しない人についてです。

 

表向きはいいよと言っても、内心はNOという言葉を感じる人。

あなたの幸せを喜んでくれているようで、そうは見えない人。

なんとなく自分が幸せになることを喜んでくれないような、罪悪感を感じさせる空気を醸し出す人。

 

その人の内面を考えてみると、置いて行かれた淋しさだと思うのです。

自分の人生で自己実現している人は、内外一致しないということは少ないと思うのですが、自分らしく生きれない時に、そのようなジレンマは誰にでも起こると思うのです。

 

喜んであげたいけれど、なんだか淋しい。

置いて行かれた気がする。

楽しそうでうらやましい。

 

家族や夫婦、恋人のように密接な関係になると、特にこの気持ちは強くなるようです。

私への愛情はどうなってしまうのだろう。忘れられてしまうんじゃないだろうか。構ってもらえないんじゃないだろうか。

同じ家族(夫婦)なのに、私(僕)はこんなに冴えないのに、相手ばかり活躍しているのは、見ていて腹が立つ。悔しい。淋しい。

 

こんな感覚は誰でも持つ可能性があると思うのです。

 

できれば、先にうまくいった方が、そうでない人をフォローするという気持ちは大事だと思います。

また、内外一致しない人の特徴としては、自分の幸せを自分が担っているのではなく、誰かが何かしてくれるから幸せになる、という他力本願的な部分もあるのでは、と感じています。

 

そこで、どうしたらいいか考えてみました。

  

先にうまく行った人は、後から来る人をフォローし、助けてあげること。

置いて行かれて淋しいと思う人は、自分の内面をしっかり見つめ、言葉と心が不一致にならないように、自分で把握してみること。(淋しいなら、淋しいでいいのですよ!)

そして、自分の幸せは自分で作るのだ、とあえて意識して、笑顔で応援することに挑戦してみること。淋しい気持ちを素直に打ち明けてしまうのも一つです。

我慢して、「顔で笑って、心で許さず」だと、必ず相手に伝わります。

相手が罪悪感を感じ、信頼関係が揺らぐ可能性があります。このあたりはまた後日書かせてくださいね!

 

お互いが歩み寄ることで、新たな信頼関係が生まれてくると思う私です。

読んでくださって有難う☆

| | コメント (0)

居心地のいい人

居心地がいい人って、その人によって個人差があるので多種多様だと思うのです。

でも、その中でも、共通点をあげるとすると。

 

自分と温度(テンションや感性など)が近い人。

価値観が似ている人。

共感するポイントが似ている人。

あなたに対して批判や非難をしない人。

一緒にいる時に楽しもうとしてくれる人。

あなたに関心をもってくれる人。

 

やはり誰でも、関心を持ってもらえるのは嬉しいし、その上で、共感するポイントが似ていたり、自分と感性が近い人は居心地がいいと思います。

 

無理に合わせるのではなく、その人がその人らしく生き生きと自然にしていれば、きっと、同じ感性や同じ温度の人が、集まってくると思います。 

誰かになろうとせず、自分自身になってもらえたらと願っています。

 

読んでくださって有難う!

それではまた明日☆

| | コメント (4)

雪苺娘(ゆきいちご) 大好き☆

100207_223006 大好きな雪苺娘(ゆきいちご)の季節がやってまいりました♪

冬季限定のお菓子です。

100207_223151 このお菓子を簡単に説明すると、スポンジケーキの上に、新鮮な苺が1つ。それを包むかのように、ふんだんのホイップクリームがのせられ、それを求肥で包んであるお菓子です。 

 甘くて柔らかくて、ふんわり、求肥がのびて、しかもホイップクリームが美味しい☆ 

 私は昨日、サンクスで買いましたが、噂によると、セブンイレブンやファミマでも扱っているそうです。

 私と雪苺娘の出会いは、はるか10年以上も昔。

駅の改札付近のスイーツ売店で売っていたのを発見して買ったところ、あまりの美味しさに驚愕。何度も何度も買いに訪れました。

 今では駅で売っているのを見かけなくなりましたが、その代わり、コンビニで普及している気がします。

 求肥好きな方、ホイップクリーム好きな方、ぜひ、一度食してみてください☆ もし、好みにあえば、かなりはまると思います。

 感想お待ちしています♪

| | コメント (2)

真の友達、パートナーってどんな人?

今日は、友情について書かせてくださいね!

 

真の友情、本当の友達ってどこで見分けたらいいのでしょうか。

心から信頼できる友人を思いつくようでしたら、何の心配もいりません!

でも、もし、本当の味方であるかどうか、本当の友達になれる人かどうかについて、不安を感じている人のために、真の友達を確認するためのポイントを書かせてくださいね。

(ちなみに、これは、恋人、夫婦などのパートナーについてもあてはまると思います)

 

1、あなたが幸せな時、上手くいった時に、一緒に喜んでくれる人

 

2、相手が幸せな時、上手くいった時に、あなたも同じように喜べる人

 

3、あなたが、第三者にその友人に内面(感性や心、精神的なもの)が似ているね、と言われて、嬉しい人。

 

4、その人といると居心地がいい、明るくなる、幸せな気持ちになる人

 

5、その人がいいと言った言葉や情報を参考にしたいと思う人 

 

6、一緒にいて、バカにされているように感じたり、軽く扱われていると感じない人

 

7、あなたのとる行動、未来、人生を「あなたなら出来る」と信頼してくれる人。そして応援してくれる人

  

8、あなたの大切にしている友人、尊敬する人を紹介したいと思える人 

  

9、あなたの行動を批判しない人。否定しない人

 

10、人の悪口を言わない人

 

つまり、上の順番をさかさまに考えると、以下のような人は、あなたにとって本当の友達ではないかもしれません。

 

あなたに良いことがあった時は、水を差すようなことを言ったり、それが何? という風に見下げるようなことを言う人。

その人と似ているねと言われたと想像した時、「え? ヤダ。一緒にしないで」と本能で嫌悪感を感じる人。

一緒にいても、なぜか淋しかったり、嫌な気分になったり、傷つけられたり、バカにされているような感じがしたり、大事にされていないと感じる人。

最近、こんなことを始めようと思っているんだ、と話すと、それってどうなの? と批判したり、話しを十分聞かずに無理じゃない? と言う人。

あなたの未来を話しているうちに、悪い要素に焦点をあてるため、段々と不安が増大してしまう人。

あなたの大切な友人や恋人、尊敬する人を紹介するのに躊躇してしまう人。

良く、誰かの悪口や批判を口にしたり、上から目線の評価をする人。

 

どうでしょう? このような人と仲良くなりたいでしょうか。

でも、現実問題、こういう人が友人にいる可能性はゼロではないと思うのです。

 

実は、私は中学時代、全員ではないけれど、こういう要素を持つ人と同じグループでした。

心の中では、好きではない人たちと一緒にいることの居心地の悪さ。

決して楽しくもなく、一緒にいる方が安心というだけで、「一緒にされちゃ困る」という人たちと同じグループで笑っていたのです。

 

今、考えると、その時の私はとても不安で、自信もなかったのだろうと思うのです。

 

私が心から伝えたいこと。

それは、自分が変われば、必ず友人も変わってきます。

素敵な人との出会いは確実に増えますし、自分が成長すると同時に、友人自身も成長していけるなら、離れることなく友人として残っていくでしょう。

そして、本当の友達じゃないのに、孤独になるのが不安だからと無理に付き合うことで、あなたの良さが消え、本当の良い出会いが訪れなくなる可能性もあります。

 

幸せになるために、思い切って、一人になってもいいと腹をくくるのも一つです。そんな時こそ、自分を深めるチャンスかもしれません。

無理に出かけたり、電話で話したりせず、一人の時間を存分につかって、本を読んだり、映画を観たり、習いごとをしたり、勉強をしたり。

自分のために投資することは山のようにあると思います。

 

そして、自分自身を成長させていけば、必ず、素敵だなと思える人と縁が出来るのは確かです。

友達だけでなく、恋人や夫婦も同じだと私は思います。

 

孤独が怖いために、自分を否定する人と一緒にいるより、自分らしくいれる人、自分を伸ばしてくれる人、居心地良い人だけと付き合っていきませんか?

そこに必要なのは、「本当の友達以外はいらない」「本当のパートナー以外いがない」という覚悟だけのような気がします。

学生時代は難しいかもしれませんが、勇気を出して実行してみる価値はあると思います。

必ず、周囲が心許せる友人だけになっていることでしょう☆

  

長い文章を読んでくださって有難うございました♪

皆さんに似合う、素敵な心の友を見つけてほしい、そして今いるのなら、大事にしてほしいと思う私です☆

| | コメント (11)

四谷三丁目 和菓子 玉屋

100205_163815 昨日は用事の帰りに、四谷三丁目にある、和菓子処 玉屋で、和菓子をお土産に買って帰りました。 

買ったのは、お店の名物でもある、いちご豆大福、トラさんのバナナという、餡子の寒天でバナナをくるんだカステラ菓子、そして、イチゴ生クリーム大福です。

息子と半分に分けて食べました。私の子だからか、かなり味覚が似ています。

どのお菓子も甘すぎず、上品で美味しかったです♪

 

最近、食べる記事ばかりですみません。

次回会った友人に、太ったね~と言われないか、急に不安になってきました。(汗)

| | コメント (4)

JALシティ四谷でランチ

100205_134020 今日は用事があり、四谷に行ってきました。

ランチは、通りかかったJALシティ 四谷 の1階レストランで食べました。

1時を過ぎて入ったせいか、店内は落ち着いたムードで、お客さんの大半はビジネスマン。そして、ご近所と思われるご夫婦やご婦人などがいました。

私が食べたのは、パスタランチ。スープ、サラダ、パスタ、コーヒー、デザートがついて1000円です!

シティホテルとはいえ、ホテルにしては破格の値段。

100205_135522

コーヒーのミルクが陶器ではなく、プチカップだったりするけれど、その分安いですね。

そして、お雛様みたいなプチケーキ、美味しかったです☆

 

実は、私は綺麗なホテルが好きなのです。

実は年に1、2回、親友のKちゃんとレディスプランでお泊りして、リフレッシュもしています。

ホテルのゴチャゴチャしていない広い空間にいると、ホッと落ち着くのです。そのくらい、家がゴチャゴチャしているのかも…。

 

今日、時間的な関係なのか、すごく騒々しいおばさまグループがいなくてホッとしました。どうしてあんなに大きな声で話すんだろう。耳が悪い訳でもないのに…というおばさまグループに遭遇するたびに、疑問に思う私なのです。

→ ちなみに、この話題を先日Kちゃんとしていたら、「私たちも相当うるさいと思うよ。自分たちが若い女子高生の気分で騒いでいても、周囲からはおばさんのうるさいお喋りと思われているって!」と指摘されました。(あちゃ~ 汗)

 

話しは戻って(笑)、ホテルのラウンジのコーヒーは高いけれど、ゆっくり考えごとをしたり、落ち着いて良いアイディアが浮かぶということで、好む実業家の方が多いそうです。

 

JALシティ四谷も、シティホテルらしく明るくて、一人でも入りやすく、広くて落ちついたレストランでした。

経営が傾いているとはいえ、存続してほしいなあ。

食事の後、ゆっくり本を読むことが出来て、気分転換になったひと時でした。

 

そして、四谷三丁目から四谷駅方面に歩くと、何百メートルにも渡って、飲食店が並んでいます。

このあたりはオフィス街だからでしょうか。1年くらい違うお店で食べることが出来るほどだと思います。

しかも、安い!

眺めていると、500円、600円が主流で、高くて850円です。私が食べたパスタランチも1000円は安いと思ったけれど、このあたりの相場だと高いのですね。ビックリ。

 

四谷は色々と思い出があって、以前、文化放送というラジオ局があったのですが、そこでバイトをしていたこともあって、とても懐かしいのです。

他にもちょっとした思い出があったりしてね。

 

そういえば、子どもがまだ小さい頃、人形町で5年程、OLをしていたころがありました。

人形町は何ともいえず味わい深い町で、美味しいお店が立ち並んでいて、昼休みのランチがとても楽しみでした。かなりのお店を制覇しましたよ。

 

ただ、仕事の昼休みランチはとても慌ただしいですよね。

お昼休みになると、お店まで10分、帰りも10分をとっておくと、正味、40分しかないのです。出来あがるまでに15分かかると、25分しか食べる時間がない。(細かくてすみません)

ちなみに、この前まで働いていた職場は、仕事中、私は外出禁止(一体なぜ!? 笑)なので、外に出られず、社員食堂のランチを毎日頂いていました。もちろん、毎日美味しく栄養バランスのあるランチに感謝していましたが、外の空気を吸わないと、ちょっと煮詰まってきます。

仕事上、私は何かと探されてしまうことがあって、お昼の途中でも呼ばれたり、電話を回されたり。やはり消耗していたなあ、と今、改めて思います。

 

そう考えると、何もない平日にゆっくりランチをするというのは、とてつもなく贅沢なことだなあと、感謝する私でした☆ 

 

長いランチ日記を読んでくださって有難う♪

 

 

| | コメント (0)

運気をあげるポイント☆

自分の中で運気をあげる方法があれば、気持ちが落ちた時でも、自力でアップさせることができますよね☆

明るい気持ちに無理せずリンクするちょっとしたコツについて、私の考えを今日は書かせてくださいね!

 

最初に私が思うのは、日本人の美徳として、楽しむことを悪いと感じてしまう部分が本能的に、どこかにあるのかな、と色々な人と話して感じています。
 
周囲の人があまり元気がないのに、自分だけ幸せになるのが申し訳ないという遠慮でしょうか。

みんな頑張って、苦しい思いをして生きているのに、自分だけ楽しそうに暮らすのが、楽して生きているように見られるようで、罪悪感を感じるという雰囲気でしょうか。

もしくは、苦労して働いている人に悪いという引け目のような気持ちでしょうか。 

様々な気持ちが深層心理にあるような気がするのです。

 

でも、私はこう思うのです。

みんなで一緒に幸せになっていけばいいんじゃないかなって。

一人が元気になれば、きっと周囲に波及していくと思うのです。

もちろん、自分のためになる努力はした方がいいけれど、自分を追い詰めること、苦しむことがが良いとは思えないのです。 

一見、頑張ることって、苦しんで必死に耐えて、逃げずに立ち向かうことのように思えますが、本当にそれは自分を愛しているといえないこともあるかもしれません。(全てを否定している訳ではないので誤解されませんように)

  

自分の中に罪悪感、無価値感がある場合、そのために「何かしなくてはならない」「何かの役割を演じなくてはならない」衝動にかられ、あえて自分を追い込むこともあるのではないでしょうか。

 

そして、幸せになることに、何か抵抗感を感じている人は、もしかしたら自分で幸せになることを禁止しているのかもしれません。

 

一つ目は、まず楽しむ自分、幸せな自分を許可してあげること。

 

「私は、自分が好きなことをしてもよい」
「私は、自分が楽しいと思うことをしてもよい」
「私は、幸せになってもよい」
 
自分自身に繰り返すことで、ブレーキがはずれていきます。

寝る前にゆっくり出来る時に、口にして、自分に言葉をかけてあげてくださいね。

 

二つ目は、不幸のオーラに影響されないこと。

 

あまりそういうものに触れすぎないのようにしたり、ニュースでもあまり暗くなる事件などは、見ないのも一つです。

そして、精神的に攻撃性のある人や、意地悪な人、穏やかではない人のそばにいると、ピリピリしたものが伝わってくることもあるかもしれません。

もし、自分の中で嫌だなと感じる部分があれば、離れられる関係なら、一度距離を置くのも一つです。

離れられない関係(職場の同僚など)については、また後日書かせてくださいね。

 

そして、マイナス思考の人や、本当の友達でない人といたりすると、落ち込むこともあるかもしれません。

その人といて元気がなくなるというのは、「今、違う世界に住んでいるんだよ」というお知らせかもしれません。

現実社会では同じ世界でも、心の世界では別の場所にいるということもあり得ると思うのです。

もちろん、大事な友達が一時的に元気がないのは当然のことなので、そんな時は是非、ご自身の元気を分けてあげてくださいね!

 

そして三つ目は、自分自身で元気が戻るコツを元気な時に見つけておくことです。

この本や映画を見れば元気になれる。この趣味をすれば元気になれる。美味しいものを食べると元気になれる。泳ぐ、走るなどスポーツをすると元気になれる。

などなど。

その人にとって、それぞれ方法があると思います。

それを普段見つけておくことも、ポイントです。

 

そして、やはり、自分にとって元気になれる友人がいることは宝物です。

元気といっても、テンションが高い人という意味ではなく、自分と相性があって、分かってくれる人。

その人といると心が明るくなる、ホッとする、癒されるなど、そんな自分にとってのプラスの友人を持つことは大切です。

話を聞いてもらったり、会ってお喋りするだけで元気になれたりできる友人がいること自体、とても幸せなことですよね。

 

そして、日ごろから小さなことに嬉しいと思えるアンテナを持っていること

毎日、何気なく過ごしていると流れてしまうような小さなラッキーって、実は沢山あると思うのです。

例えば、水曜にTちゃんとお目当てのカフェを目指して歩いていた時のこと。このあたりでいいんだろうけど、どのあたりだろうね、と言っていたら、ちょうど向こうからお巡りさんが来て確認することが出来たり。

そんなたわいのないことでも、「ラッキー! 私って運がいい!」と思えれば、強運な気持ちになり、ラッキーなことが立て続けに起こることは間違いありません。

いいことと言っても、すごいことではないんですよ。

ちょっとのことだけど、いいことに遭遇する。それをしっかり「ラッキーなことだ」とキャッチする。それがきっと、ラッキーの連鎖を呼ぶ秘訣だと思うのです。

小さなラッキーにピンと反応する感度のよさも、やはり大事かもしれませんね!

 

最後に、これはすごくお勧めかどうかは分からないのですが、ネットで試写会やお試しモニター、プレゼントなど、簡単に応募できるものがあるでしょう?

それに思いついた時に応募しておくと、忘れた頃に何か届くということもあるのです。

私については高いものは当たらないのですが、試写会のチケットや食べ物系など、たわいないものは良く当たるので、「あ、また届いた!」ということが割と頻繁にあります。

こういうのも、運気をあげるコツかもしれません☆

(ただし、こういう応募については、サイトや企業の安全性を確認の上、メルマガなどが届く場合もありますので、自己責任でお願いしますね)

こうして自分にとっての元気ポイントを幾つか持っているといいかなと思います。 

 

以上、長くなりましたが、大きく分けて3つのポイントをあげさせてもらいました。参考になれば嬉しいです。

 

読んでくださって有難う!

| | コメント (0)

立川 cafe cuisson(カフェ キュイッソン)でランチ

100203_112714_3  昨日の日記にも書かせていただきましたが、Tちゃんと一緒に立川にある、CUISSON キュイッソン でランチしてきました。

100203_112808  笑顔の素敵な美人オーナーシェフさんが、その日の気分で作られるという、沢山の種類のバイキング。

野菜中心のメニューで、体に優しい味わい。野菜も色々なハーブやスパイス、調理方法で楽しませてくれます。

イタリアンとか和食とかアジアンというカテゴリにははまらず、飛び出している、キュイッソンさんオーナーオリジナル料理という感じです。

チキンもおいしかった~。(チキンマヨのファンになってしまいました)

そして、チキンスープベースのピラフも絶品☆

 

野菜メインの料理の数々に加えて、煮物やスープが数種類。

途中でパスタ数種類を出してくださって、その後も食べている間に、フォーやラーメンなども追加で作ってくださって、最後の方では、ワカサギや豚の耳料理など。

サービス精神一杯の笑顔で出してくださるので、お腹がいっぱいなのに、また食べてしまう私たちなのでした。

100203_141016 そして、この日は特別にホットケーキを焼く日だったそうで、ラッキーな私たちはお相伴に預かることが出来ました。

このホットケーキがホットケーキではない代物で、ふんわりしたスポンジケーキのようでした。

ほんのり洋酒と紅茶の葉の香りが香ばしく、幸せな気持ちで終わることが出来ました。

 

これで1050円はお得すぎます。いいんでしょうか…と思いつつ、お支払いしました。

オーナーのおもてなしの心と、お料理の神様が降りていらっしゃるような、お料理大好きな気持ちに癒され、大満足のランチでした。

 

このように、おもてなしの上手な愛すべき方っていらっしゃるのですね。

お料理以上のものを頂きました☆ 感謝です。

 

ゆっくり3時間も過ごしてしまいました。

Tちゃんとも久々にのんびりお喋りできて幸せでした。

何より、美味しく心のこもった料理を、料理が大好きなシェフの顔をみて頂くことが出来ること。

そして、一緒に食べる人が、好きな人であること。

幸せ感アップです。免疫力もね☆ 

 

また来月もTちゃんと訪れたいと思ってます☆

ご馳走様でした♪

| | コメント (5)

今日は楽しい1日でした。

皆さん、こんばんは!

 

今日は学生時代からの親友のTちゃんと、半年ぶりに会ってランチをしてきました。

昨年の夏以来、久しぶりに会えて、本当に楽しかったです!

 

まず、とても美味しい手作りバイキングのお店で、3時間も居心地よく、過ごさせていただきました。このお店については、明日にでもゆっくり書かせてくださいね!

 

そのあと、お腹がいっぱいになってしまったと言いながら、立川駅に併設しているデパートや駅ビルをウィンドウショッピング。

 

ルミネでは、バーゲンをしていました。通りかかった洋服屋さんで70%オフ。ビックリ!

すごく可愛いキャミとロングカーディガンを、Tちゃんとお揃いで買ってしまいました。しかも、元値もそこまで高くはなかったのに、70%オフなので、1800円もせずに2つも買えちゃいました。

この値段に見えない~と思います。真剣。 

今、時期的にお買い得ですね。

 

そしてTちゃんが、今使っている財布が使いにくいという話になって、私が今年から、札入れタイプに変えたのですが、それも別の友人が札入れに変えたので、良さを知って真似したのです。

その良さをアピールしたら、Tちゃんも札入れを買ってしまいました。(笑)

 

札入れに変えた友人から聞いたことは、「札は折り曲げず、さかさまにせず、そのまま入れる方がお金が寄ってくるらしい。そして、カードも沢山入るので、札入れはとてもいい」

と言うのことなので、私も早速真似したのです。

Tちゃんも使いやすくて&お金が貯まっていくかしら!? 感想が楽しみです。

 

私は今のところ、貯まるよりは出ていく方が多いような…。(苦笑)

でも、お金も循環させないと、体に悪いそうです。

お金をため込んで、病気になった人、結構知っている私です。

 

そして、お金持ちで成功している人は、お金のない時代から、寄付をしているそうです。今、お金がないので、いつかお金持ちになったら寄付をする、ではなくて、ない時代からするからこそ、お金持ちになったとか。

 

お金持ちになることがいいということを伝えたい訳じゃないのです。

頂いたお金は回り物。その一部を寄付して還元するのが、ある意味、良い流れなんだろうな、と思うのです。

 

私は今のところ、一定額をどこかに寄付ということはしていないのですが、募金箱を見かけた時に、毎回ではないけれど、小額ずつ寄付しています。

そうするからどう、とかじゃなく、今の気持ちとしては、私が満たされているので、今、そうでない人に回りますように。

という、感謝の気持ちです。

  

読んでくださって有難う。

また明日☆

| | コメント (4)

SOUP  STOCK TOKYO のスープ

100127_120256  最近、お気に入りのSOUP STOCK のスープです。好きなのは、画像のミネステローネか、オマール海老のビスクです。

 他にもクラムチャウダーやユッケジャンもおいしい☆

 後は、個人の好みですね♪

 

 スープって温かくてホッと癒されます。

人の温もりに似た優しさを感じます。

皆さんも、そんな思いやりに満ちた日々でありますように。

 

 おやすみなさい☆

| | コメント (0)

諸富祥彦さんの「何があってもなくても幸せの5つの法則」

私が好きな諸富祥彦さんの、生きづらい時代の幸福論の本のレビューを本のブログに掲載しました。

良かったら読んでくださいね。 

 

この本の最後に、諸富さんの「何があってもなくても幸せの5つの法則」がのっていました。

豊かなようで、何かが空しい今の世の中で、幸せ感を抱きながら生きていくための幸福の5ヶ条です。

詳しい解説は本を読んでいただくことにして、ここでは、その考え方だけを載せますね。

参考にして頂ければ嬉しいです。

 

 1、この宇宙には大きな流れが存在する

 2、見えない世界からの呼びかけの声が届けられている

 3、未来からの呼びかけを体全体で受け止めよう

 4、人生に訪れるさまざまな出会い、出来事に心を開き繋がっていこう

 5、真実のソウルメイトとの出会いを大切にし、深く繋がり続けること

 

つまり、宇宙からの声を聞いて、その流れを信じて任せてみよう。自分の人生を信頼してみよう。

そして、人生に訪れる様々な出会いや出来事に心を開き、良い出会いや出来事を、一つ一つ大切にしていこう。

ソウルメイトだと感じた人とのかかわりを、大事にしていこう。ソウルメイトの存在があれば、孤独感を引き受けて生きていけるものだから。

 

 という深いメッセージがこめられている5つの法則です。

 私は以前から、「引き寄せの法則」や、「ザ・シークレット」などを読み、大きな流れということは頭で理解していたのですが、どれがそうなのか、まさにピンとくる、という所までには至っていませんでした。

 

 でもちょうど、去年(2009年)の春に、このブログを再開する少し前から、その流れというものをはっきり感じられるようになってきました。

 それが、今はもっと強力に感じられています。この先、どうなっていくのか、私はとても楽しみです。

 そんなことも、これからのブログに書きつづっていけたらと思っています。ある意味、私の人生が実験台です。

 

 読んでくださっている皆さんが、ご自身の生きている意味に気づかれて、良い出会いや出来事をキャッチできますように☆

 私のブログが少しでもその助けになれば、こんな光栄なことはありません。

 読んでくださって有難うございます。

| | コメント (4)

雪が降ってます

東京もついに、今夜雪が降りました。

少しだけ積もっていますが、積もる雪は今季初じゃないかな。

いいことがあるといいな~。

 

雪は好きなようで苦手でもあります。

見ているだけなら綺麗で好きなんだけど、雪の降った翌日に凍結した道路で転んだことがあって(1度や2度じゃなくて)、その度に、痛い思いをしたり、軽いムチウチになったり。

こんなドジは私だけ!?(笑)

 

でも、転んだ時、必ず誰かが助けてくれるんですよね。

私もそんな風に、人に手を貸せる人になりたいな、と当時から思っていました。

座っていても、何かあったら即座に立ちあがれるようになれたらいいな。

 

ところで、貴乃花親方、理事に初当選しましたね!

逆風の中、一石を投じた果断と、それを後押しした追い風に感動しました。あまり相撲界に詳しくはありませんが、新たな時代をみた感があります。

古い慣習の中、自分の意見を伝えていくのは大変だと思うけれど、頑張れ~。と思った私です。

 

それではまた明日。

明日も皆さんにとって素敵な1日になりますように☆

おやすみなさい。

| | コメント (0)

男子スイーツ部 「理想のプリン 裏レシピ」食べてみました。

100131_233119  皆さん、男子スイーツ部ってご存知ですか?

niftyがバックアップしている、とても興味深い部活!? です。

 

この男子スイーツ部が開発した「理想のプリン 裏レシピ」 食べてみました!

  

ビックリ。ビックリ。ビックリ。

ビックリが3つです。ものすごく美味しかったです。

 

いわゆる家庭的なプリンとはまた違う物で、比べられないのですが、これはこれである意味、プリンの理想ともいうべき味でした。 

特徴は、とても濃厚で、カラメルソースも美味しく、固めであること。

美味でした~。

 

家庭的なプリンの良さも好きなので、これはこれ、あれはあれ、というか、それぞれ別の良さがあるので比べられませんね。

次は、表レシピの理想のプリン、食べてレビューしますね☆

 

ご馳走様でした☆

| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »