« 私のスタンス | トップページ | 兆(きざし)の海鮮弁当  »

人の数だけ中心がある by 諸富 祥彦さん

諸富 祥彦さんの、他人の目を気にせずに生きる技術という本を、本のブログに紹介させていただきました。

この方は、明治大学の心理学の教授で、トランスパーソナル学会の会長でもあります。

トランスパーソナル心理学とは、第4の心理学と言われていて、スピリチュアルな感性をとりいれた心理学です。

私が興味を持っている分野でもあります。

 

諸富さんの生き方は、まさに「孤独力」の強みを生かしていると思います。

 

● 自分らしく生きるために、人とも仲良くするけれど、決して、人と同じになろうと無理に自分を変えようとはしない。

● もし、無理しなければ友達でいられないなら、離れる覚悟を持つ。

● そして、もし、批判されたのなら、「あの人にはそう見えるのだ。」と理解しても、自分を全否定するような受け止め方はしない。

● そのために、孤独であることをまず、引き受ける。

● 孤独というのは、自分が何者かを自分で探す時間を持つことで、自分が何者かを知るために、とても大切である。

 

そして、カウンセリングの意義について。

 

自分がこの世界の端にいると感じている人が、私はこの世界の中心にいると感じられるようになり、「私は自分の人生の主人公は私だ」となっていく過程である。

 

私が思うのは、自分に自信がない人、自己否定している人は、間違ったビリーフを心に刻んでいるからだと思うのです。

 

元々持っているものは皆それぞれが違い、どれも素晴らしいのです。

ところが、育った環境や、親との相性、親の性格など、良きにしろ、悪きにしろ影響を受け、そのままの自分ではいけないという、間違ったビリーフを持ってしまう

だから、「こんな私は、世界の端にいる人間だ」「人よりも劣っているんだ」と感じてしまうのですが、それは、明らかに、間違った認識を自分で持ってしまっているからで、とても残念です。

事実、誰かが誰かより劣っているなんていう根拠は、間違いなくないのです。自分がそう思いこんでいるだけ。それがビリーフの認識違いなのです。

人に嫌われたから、彼に振られたから、それだけで自分の価値がなくなると感じられるのは、自分の価値判断を他人に置いているからでもありますよね。

苦しいけれど、そこを自覚することも一つのステップだと思います。

 

自分が世界の中心にいると感じるのは、決して自己中心的ではなく、人の数だけ中心があるということ。素敵でしょう!?

   

そう思えるためにも、自分らしくあっていいと許してあげて欲しいです。

そして、自分への批判や悪口など、耳に入れば心騒ぐのは当然だけど、自分の人生の脇役の人が言っている言葉に、脅かされないで欲しいのです。

 

いつかきっと、「主人公」であるあなたを応援してくれる、心強い主要人物が出てくると思います。その人たちに囲まれ、応援されて、ますます、あなたが輝く日まで、少しずつ、ゆっくり、本当の自分を取り戻していきましょう。

自分が自分でいいという、まっとうなビリーフに書き変えていきましょう! 

 

私のブログが、少しでもそのお役に立てれば嬉しいです。

読んでくださって有難う。

  

 

|

« 私のスタンス | トップページ | 兆(きざし)の海鮮弁当  »

プチ心理学」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!!

昨日書かれてた日記と同時に今、読ませて頂きました。

「自分を中心に」
なかなか難しいですね(汗)

私は、自己評価より他者評価をとても気にしてしまうので、
すぐ心が揺らいでしまうのです。
そして、その揺らぎが強くなると、疲れ切ってしまう。

この繰り返しで今まで来ていました。

なかなか難しいです。
でも、それが出来るようになれば、それこそ
素晴らしい毎日を送れるようになるし、
毎日を楽しくして行く事が出来るんだろうな
と思いました。


今は、自分に対する自信などを、
積み木を一つ一つ積み上げて行くように
(かなり時間を要する状態ですが(苦笑))
ゆっくり、でも、確実にしていっている状態です。


昨日・今日の日記を読んで、上手く言い表す事が出来ませんが、
「ハッ!!」と思う事がありました。

ありがとうございます!!

頑張るぞー!!!!(^0^)/

投稿: あすか | 2010年1月22日 (金) 17時20分

>あすかさん、こんにちは!
書きこみ有難うございます。
 
 そう、あすかさんのおっしゃる通りだと思います。
 自信は一日では積みあがらないけれど、少しずつ小さな成功体験を積むことで、段々と本当の自信になっていくと思うんですよ!
 
 私の日記から、何か気づきを受け取ってもらえたこと、とても嬉しいです。
 
 また何かあったらコメントくださいね。
 
 あすかさんの明るい毎日を願っています☆

投稿: 白猫 | 2010年1月23日 (土) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私のスタンス | トップページ | 兆(きざし)の海鮮弁当  »