« ピーター・フランクル の言葉 | トップページ | 天国と地獄の寓話 »

その人らしさについて

私は、「その人らしさ」について、とても重要視しています。

私は子どもの頃から、母に、「こういう人間になって欲しい」という型にはまった子育てをされてきました。

もちろん、母も自分が正しいと思ってのことなので、悪気はないのです。

ただ、そこに、「私らしさ」が入る余地はなく、母が嫌いだと思う価値観はNO。好きな価値観はYESなのです。

私はことごとく否定されて育ちました。

 

中学の頃から、私はそのことに疑問を抱き、それからというものずっと、「私らしさ」について追い求めて今があると思うのです。

 

私は自分のことが大好きです。

でも、自分を好きになれない、もしくは、自分のこの部分が好きじゃない、劣等感がある、嫌い、という人がいることも理解できるのです。

 

私が思うのは、人は、自分が思う長所、短所を含めて、全てをそのまま受け入れられれば、自分を好きになれると思うのです。

 
 
ここで思うのですが、長所、短所ってなんでしょうね?

長所だけの人間がいいのでしょうか。

そして短所ってなんでしょうね?

本当に足りない部分が短所なのでしょうか。

 

どんな性格でも、どんな部分があっても、それはその人らしさではないのでしょうか。

「こういう性格がナンバー1」だとしたら、全員がその性格になることがベストで、全国皆、同じ性格になったら、気持ち悪くないですか?

 

私が思うのは、人に迷惑をかけなければ、どんな性格でもいいのではないかということなのです。

では、明らかに人に迷惑をかけたり、負担になったりする性格って、短所なのでしょうか。

じっくり考えてみると、そうはいえないと思うのです。

  

なぜなら、短所だと思うのは自分であって、人がそう感じているかは別問題でしょう?

自分が嫌だなと思う性格でも、人は良いと思ってくれている可能性がありますよね。

 

では、他者から受け入れてもらえない部分や、明らかに人に迷惑をかける、負担になる部分について、どう説明すればいいのでしょう。

私はこれを、性格というより、心の持ちようのだと感じるのです。

 

つまり、「自分を好きでない」と思う部分から発するものであったり、「自分なんて」と思う部分から発する行動であったり、言動であったり。

自分自身に価値がないと感じたり、自分の存在自体の罪悪感があったり。

 

その部分を紛らわすために、相手に罪悪感を感じさせてコントロールしようとしたりしたことはないでしょうか。

人がうらやましくて、足を引っ張りたい心境になったことはないでしょうか。

自分を犠牲にして、人に尽くそうとしたりしてしまうことはないでしょうか。そして、尽くすことでの見返り(愛情)が欲しくなったりしないでしょうか。

または、他人に甘えたいけれど甘えられなかったり、甘え過ぎて負担をかけすぎて距離を置かれたりしたことはないでしょうか。

勝ち負けにこだわって関係が壊れたり、自分と同じ価値観でなければ受け入れられなかったりしたことはないでしょうか。

 

上に書いたことは全て性格ではなく、心の持ちようであり、根本的に心が抱えている自分自身への禁止令から来るものだと思うのです。

  

例えば引っ込み思案であっても、気が強いとかであっても、それは短所ではなく、その人の個性ですよね。

これが問題になるとすれば、あまりに引っ込み思案過ぎて、約束を守らずいつも逃げてしまうとか、気が強すぎて、周囲と協調出来ないなど、度が過ぎた場合だけだと思うのです。

こうなると、「性格」ではなく、「罪悪感から来る、無意識の言動」ですよね。
 
  

私がお伝えしていきたいこと。

それは、自分の罪悪感や無価値感を癒して、自分自身を受容できるようになれば、自分の性格に長所、短所と分ける意味もないし、人がどう評価しても、気にすることはないということ。
 
誰もが変われない、「その人らしさ」であるからこそ、その人の存在理由があるんですものね。

宇宙は必要ない人間は作らないのです。

「あなた」が生まれる必要性があり、「あなた」である理由があって、生まれてきているのです。

 

「このままの私でいい」

 

と、自分に許可してあげてくださいね。

自分自身を受け入れてはじめて、人を受け入れることが出来ると思うのです。(一般的には逆で、人を受け入れようとするけれど、実は自分を受け入れていないことが多く、その結果、人とうまくいかなかったりします)

 

心理学の手法で、傷ついた心を癒し、自分に価値があると受け取れるための方法は沢山あるようです。

私もまだ学び途中です。少しずつみなさんとそんなことを共有していけたら嬉しいです。

いつも読んでくださって有難う。

それではまた明日!

|

« ピーター・フランクル の言葉 | トップページ | 天国と地獄の寓話 »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント


初めましてっ!
いつも楽しく読ませていただいています。
この記事読んでたら涙が出ちゃった。恥ずかしいけど...

でも、もう少し前向きになれそうです。
前向きと言うより、自分らしく、かな。
ありがとうございます。これからも毎回楽しみにしていますね。

投稿: ぱーしー | 2010年1月14日 (木) 23時01分

>ぱーしーさん☆
はじめまして!
 
書きこみしてくださって有難うございます。
そして、私の書いた記事が、心に届いてくださったこと、とても光栄で嬉しいです。
 
ぱーしーさんのようなメッセージを頂くと、とても嬉しくなって、更新の励みみなります。

本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
 
ぱーしーさんの沢山のハッピーを、私も願っています。

投稿: 白猫 | 2010年1月19日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピーター・フランクル の言葉 | トップページ | 天国と地獄の寓話 »