« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

のんびりした週末でした☆

みなさん、こんにちは!

週末はどう過ごされましたか?

 

私は息子が受験最中ということもあり、お付き合いで家で過ごす週末でした。

 

とはいえ!

家にいても、本を読んだり、撮りためしていた海外ドラマを観たりして、くつろいで過ごせました。

こういう週末もたまにはいいかもしれません。

 

おまけに、スーパーに行って、B級スイーツも色々とゲットしてきちゃいました。またブログに掲載しますのでお楽しみに☆

 

それでは、来週もみなさんにとって良い週末になりますように。

願っていますね!

おやすみなさい☆

| | コメント (2)

メイトー なめらかプリン

100129_083458  メイトーのなめらかプリンを、スーパーで購入♪ ミルク成分が多くて、とろーりとろけるようで、本当に美味です。

 優しい味わいは、ママの味でしょうか。それとも初恋の味!?(笑)

 是非、食べてみてくださいね。小さめなのもちょうどいい量です。

 

欲を言えば、これにカラメルソースが入っていたらなあ。好みかもしれませんね。私は入っていた方が好きなのです。

もし、メイプルシロップがあるようでしたら、それをかけて食べるのも一つですよ。

我が家にはカナダのメイプルシロップが常備してあります☆

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その人らしい速度

今日は、その人らしいスピードについて、思ったことがあるので聞いてくださいね。

イメージでいうと、ランニングや歩くなど、人それぞれ、スピードは違いますよね。

それと同じで、心の中に流れるスピードも、その人それぞれが違うと思うのです。

問題を抱えた時に解決するスピードも違うでしょうし、感じた感覚に反応する時間も違うでしょう。

決断する時にかかるスピードも違うでしょうし、仕事をするスピードも違うかもしれません。

 

でもね、自分の中のスピードを、早くしたり、遅くしたりすることは可能だけど、他人の速度を変えることって、誰も出来ないんですよね。

しようと働きかけることはできるし、相手に命令したり干渉することで、多少速度は変えられても、それをするとされた人はした人に、どうしても嫌な気持ちを抱いてしまうと思うのです。

 

出来ることは、相手の速度を尊重すること。見守ることしかないんだな、とつくづく思う私です。

自分のこともそうしてもらえれば、待ってくれた相手のことを、信頼することが出来るように。

信頼関係は、そうやって築いていくものでもあるんですよね。

 

読んでくださって有難う。

それではまた明日☆

| | コメント (2)

ぷっちょワールド☆ 第2弾

100130_210146  今日、スーパーで見かけた「ぷっちょ」です。

今、ぷっちょワールド第2弾を開催しているようで、携帯ストラップがどれにもついています。

その中身は、プリン、グレープ、さくらんんぼ、みかん、バナナ、シークレットです。私はみかんが当たりました☆

みかんはとっても可愛いので、気にいっちゃいました。

ここで私のコンプリ魂が持ち上がってきます。(笑)まずいまずい。

 

興味のある方は、コンビニかスーパーへGo!です♪

 

| | コメント (0)

梅びしお

100117_200611  最近のお気に入りが、この梅びしおです。

王隠堂農園というところで作られたものなのですが、とっても美味しい!

梅干しの味、そのままが生きていて、変な酸っぱさや甘さがなく、私好みの味です。

 

色々な使い方が出来ますが、野菜につけたり、ご飯に載せたり。

オーソドックスな味でお勧めです。

 

私は吉祥寺東急のクロワッサンのお店で買いましたが、ナチュラル系のスーパーで扱っているようですね。(ネットで検索したところ)

 

お気に入りです。

| | コメント (0)

鎌倉 こ寿々のわらび餅

鎌倉のわらび餅で有名な、こ寿々 のわらび餅をお土産に買ってきました。

こしがあって美味しいわらび餅です☆

機会があれば、店内で食べてみてくださいね!

ただし、混むので食べたらすぐに出ないといけない雰囲気です。

お土産に差し上げても喜ばれると思います。(あまり日持ちしないですけれど)

 

100126_155152_2  

100126_155630

| | コメント (0)

息子の入試日でした。

みなさん、こんばんは!

 

今日は息子の入試、第一弾でした。

遠い学校だったので、交通経路もまだ完全ではなく、学校のある駅まで付き添い、待ってから遅いランチをとって帰宅しました。

 

自分が受けた訳でもないのに、息子の緊張にシンクロしたのか、めちゃめちゃ疲れてます~。

 

また明日、ゆっくり日記を書かせてくださいね! 

いつも読んでくださって有難う。

 

おやすみなさい。

| | コメント (4)

その人らしさということ

最近、考えていたことがあります。

それは、良く耳にする、「その人らしさ」って何だろうって。

私も良く使う言葉ですが、これだけだと、ピンとこないかもしれないと感じました。

 

いい例えはないかなとあれこれ考えてみました。

 

例えばね。

自分が色だとします。

自分が好きな色を思い浮かべてみてくださいね。

 

赤でも、ピンクでも、白でも、青でもいいのです。

どの色が一番上だってあるでしょうか?

自分は好きだけど、他の人は好きではないかもしれない。

他の人が好きな色を、自分は一番好きではないかもしれない。

 

また、似合う色と似合わない色ってありますよね。

体操選手と、華道家を比べる意味がないように、また体操選手の中でも、短距離走と、ハンマー投げを比べる意味がないように。

 

そう考えると、どの色がいいと比較することって、無意味ですよね。

どの色も良さがあって、好みもあるので、比較することは出来ないと思うのです。

 

では その人らしさ ってなんでしょう。

私は思うのです。

 

自分という色を、自分が思う一番良い色にして、輝くこと だと。

 

つまり、私が好きなピンクだとしたら、ピンクという色も無限大にありますよね。濃いピンクから、薄いピンク、淡い色から、橙がかったピンクまで。本当に色々です。

 

その好きなピンクになるべく、自由になっていけたらいいのだと思うのです。でも、その好きな色になるには条件があると思います。

 

決して他の色になりたいと思わないこと。

 

色って3色混じると、汚い色になりますよね。

ここではあくまで例えとして色を出していますが、人の良いところを学んで吸収するのはいいけれど、自分ではない人になろうとすると、とても無理があると思うのです。

 

だから、やはり、自分らしさを生かす上で、憧れる人の良い部分はもらっても、その人になるのではなく、あくまで自分の中にチョイスするイメージです。

そうやって、少しずつ、自分の理想の色になっていけばいいと思うのです。

時間がかかってもOKです。

自分らしい色になることが、自分らしい自分になるということ、のイメージです。

 

誰かになるのではなく、自分の中で最高の自分になれれば、それが生まれてきて大成功ということではないでしょうか。

 

そして、自分の中で最高の自分になれたら、きっと、周囲の人も素敵な人ばかりになっていると思います。

 

それを楽しみに、お互いの色を尊重しあって、生きていけたらいいですね☆

  

いつも読んでくださって有難う。

それではまた明日。

| | コメント (4)

七里ガ浜でランチ 「the table」

100124_132152 湘南の旅で入った、ランチのお店を紹介しますね。

 七里ガ浜駅横にある、the table というイタリアンのお店です。

 小さな民家を改装したお店のようです。

 たまたま訪れたのですが、店内は満席とのこと。でも、すごーくラッキーなことに、予約のキャンセルがたまたま出て、入ることが出来ました。なんて運が良いのでしょう♪

 画像は可愛いカトラリー☆です。

100124_131741

 まず、5種のカルパッチョ。

 ホタテ貝、もんごイカ、ヒラメ、ホーボー、平目の美味しいお刺身と一緒に野菜を頂きます。

100124_132505

 次は温野菜。

色とりどりの綺麗な野菜を、シラスとチーズであえて頂きます。

100124_133638

 メインは、自由選択ですが、私はサザエのパスタにしました。

 サザエも美味ですし、サザエのだしのきいた、あっさりした味付けにも好感を持ちました。サザエの肝も美味しかったです。

 苦くなくて甘みとコクがありました。

 ちなみに、サザエの壺の中に入っているのは、昆布のだし煮です。これがとても良いお味。

100124_140212

 デザートは3種盛り。

 柚子シャーベットもさることながら、一番美味しかったのは、レアチーズケーキでした。

 下の部分がシナモンテイストで、美味しかったです。もっと食べれますよ~。

 これにコーヒー、紅茶がついて、2500円でした。とてもお得感がありました。

100124_130306

 お店の2階から眺める雰囲気は最高です。

  

 とても素敵なお店でした。また訪れたいと思います。

 予約がお勧めです。

 

| | コメント (0)

湘南 ビーチコーミングの旅 その3

100125_120821 では、拾った漂流物を紹介させてくださいね。

 まず、陶器のかけらです。

 一見、陶器のかけらなんて…と思われるかもしれませんが、海辺に落ちている陶器のかけらは、とても優しい色合いで、柔らかく、石とは違った肌ざわり(ふんわりツルツルです)と軽さで、手に持つと離せない感覚になります。 

 どこかの異国の陶器かもしれないと思うと味わいもあります。

100125_120926

 次にビーチグラスです。

ガラスのかけらが長年(何十年)かけて、摩擦により、半透明になり、優しい風合いになったビーチグラス。

 海の宝石とも、海からの贈り物とも言われています。

 半透明に見えますが、水につけると透明になるのも素敵です。

100125_121259

 そして、貝殻です。

今回は貝殻は3つしか拾いませんでした。

 私の中で、白い貝殻は天使の羽根に見えました♪

 そして、小さなハート。

 小さな小さな貝殻。(息子からのプレゼント)

 

100125_121329

 どんなに小さいかを見て頂くために、ボールペンを置いてみました。

 

 友人も沢山の収穫があったようで、画像を送ってくれました。

 すごい量でした。(ビックリ)

 息子も私とは別に収穫があるのですが、個人的なものなので、載せるのは控えますね!

 

 ビーチコーミングは何とも言えない魅力があります。

同じ趣味の人と訪れると、楽しさが何倍にもなります。(好きじゃない人と行くと時間を浪費してしまい、申し訳ないのでお勧めしません)

 また行きたいなあ! 湘南!! 

| | コメント (0)

コンプレックスを消す魔法

みんなに自信を持ってもらうにはどうしたらいいんだろう。

自分のそのままを受け入れて、もっと魅力的になってもらうには、どうしたらいいんだろう。

 

そんなことを考えていた私に、映画「ペネロピ」は大きな示唆を与えてくれました。映画の紹介レビューはこちらです。

 

ペネロピの心の動きをみて、はっきりと実感したことがあります。

 

それは、人がどれだけ自分を褒めてくれても、好きだと言ってくれても、綺麗だと言ってくれても、可愛いと言ってくれても、ここがいいね、と言ってくれても。

 

自分がそれを受け入れてなかったら、その言葉は受け取れないということです。

 

つまり、自分がそう思っていないのだから、お世辞だと思うか、嘘だと思うか、もしくは、嘘ではないんだろうけれど、どこがそうなのか、自分の方が良く分からないと感じるかもしれません。

 

つまり、違和感を感じるということですよね。

 

ペネロピは、そのままの自分を受け入れたことで奇跡が起きました。

簡単なことではないでしょうし、すぐに自分を良く見えるというのも難しいと思います。

 

ただ、私が本心から思うのは、自分を受け入れてはじめて、その魅力を伸ばすことが出来ると思うのです。

同じ顔、同じスタイルで生まれた双子であったとしても、長所を認めてもらった子と、あなたはダメねと言われた子では、その魅力には大きな差が生まれると感じるのです。

 

つまり、もっている物が10だったり、20だったり、30だったり。

人によって確かに分野によって、より伸びる差があるかもしれません。

だとしても、その10の魅力に気づかなければ、10以上になる訳がありません。ましてや、人に認めてもらった言葉が、自分の中に入ってこないのでは、ゼロのままです。

 

魅力を受け取れる人というのは、10の魅力に加えて、人から言ってもらった言葉や、自分で自分を認めることで、50にも100にも増やせる人だと思うのです。

 

では自分の魅力を自分で認めるにはどうしたらいいでしょう。

それには、心理学的には沢山の方法があると思いますが、自分で出来る簡単なことをご紹介させてくださいね。

 

<外見編>

まず、鏡をみて、自分の中で、可愛いと思う部分を探す。

そしてこれからは、コンプレックスの部分は考えず、自分の良い部分だけをみて、自分で褒めること。

それを繰り返します。

 

自分がいいなと思う人にアドバイスをしてもらって、似合う服や色を選んでもらってもいいかもしれません。髪型についても、美容師さんのアドバイスをもらったりして、イメージチェンジするのも一つです。

そして人から褒められたら、否定せず、受け入れること。

もっと可愛い人と比べる必要はありません!

人は比較ではなく、自分だけで生きる生き物なのですから。

自分がいいなと思う人の良い部分を吸収する以外に、人と比べてもいいことはありません。落ち込むだけもったいないです。

 

<中身編>

お勧めなのは、本を読むこと。映画を観ること。

これは私がそうだったからではなく、大多数の成功している人が実践している方法です。他人の人生や考えをみて自分の中でいい部分を取り入れることこそ、大きな栄養となります。

 

なぜなら、自分一人の人生で得られることは少しだけど、沢山の人の考えを本から得られることで、自分の中で何百人、何千人もの人と対話することが出来るからです。

そこで客観性が養われるかもしれません。

自分に自信のない人に共通するのが、客観性のような気がします。

自分だけで自分にダメだしをするのではなく、大きな視点で自分をみたならきっと良い部分も発見できると思うのです。それが真の「公平」ということではないでしょうか。

自分にだけ厳しくする必要はないんですよ! 

 

次に何人かの信頼できる人に、自分の長所を教えてもらって、それを紙に書き、自分で受け入れる練習をすること。

必ず、有難うと受け入れること。

 

最終ステップは、小さなことでいいので、誰かの力になること。

自分の得意なことを見つけて、誰でもいいので、力になることで自信はついていきます。(自分より不幸な人を探して力になることで、自分の価値を認識するということは少し違うので要注意です)

もちろん、誠意をこめてしたことでも、人に余計なことだと思われる可能性もないとは言えません。もしくは、したことが逆効果になったり、失敗してしまったり。

それでもいいではないですか!

当然のことながら、相手の気持ちを無視して、強引なことをすることは良くありませんが、自分なりに配慮して、それでも誤解されたなら、それは誰にでも起こりえることだと思うのです。

 

もし私なら、失敗した原因を自分なりに確認して、思い当たることがあれば、次からは気を付けようと思います。その後は、もう落ち込むのはやめます。

全て次に生かせばいいのですから!

何事も、これが終わりということはない、と今の私は思っています。

 

どんなことでも挽回のチャンスはあります。

人間関係でも、恋愛でも、会社でも、全てにおいて、挽回のチャンスは沢山用意されているし、年齢に関係なく、永遠にチャンスは続きます。

自分がそのチャンスを受け取れる人間だと、自分で思っている限り必ず!

(もう、この年齢だからダメだとか、自分がこんなだから無理と、自分を自分で檻に閉じ込めていない限り)

 

まず、自分の良さを受け入れ、良いものを取り入れて吸収し、それを周囲に返していく。

最終的には「行動」が必要になりますが、必ず、自分のパワーに返ってきます。これは確実に約束できます。

 

小さな循環が大きな循環となっていく。

それに伴って、自分の魅力も増していくと思います。 

 

みなさんと一緒に、素敵なハッピーの循環を大きくしていきたいと思う私です☆

  

読んでくださって有難う。

 

みなさんのコンプレックスが、いつか溶けて消えていきますように!

そのままの自分を愛してくれますように。

心から願っています。

  

| | コメント (0)

江ノ電 バレンタインスイーツラリー☆

100124_212658  今、江ノ電ではバレンタインスイーツラリーを実施中です。

 江ノ電の主要駅2つと、1店舗のスイーツを食べてスタンプを押してもらうと、画像の江ノ電ストラップがもらえます☆

 古い江ノ電のチョコレート色のものです。

 限定なので嬉しい☆

 

 しかも、沢山スタンプを押す必要はないので、簡単にたまります。

 

100124_212835

 もし、江の島、鎌倉方面に行こうかなと思っている方は、是非、集めてみてくださいね。(藤沢、江の島、鎌倉の駅にスタンプがあります)

 なお、1日のりおり君、小田急江ノ島フリー切符を持っているかた限定だそうです。

 お得なフリー切符で2度楽しんでくださいね☆ (決して宣伝ではないけれど、楽しませていただいたので♪)

| | コメント (0)

湘南 ビーチコーミングの旅 その2

100124_114422  今日の浜辺では、とても不思議なシンクロが起こりました。

 ハッと目についた、ハートのブルーのビーチグラス。

 (ビーチグラスとは、別名シーグラスともいい、ガラスのかけらが長年波の摩擦で、尖った所がなくなったもの。 

 海からの贈り物と言われています☆)

 とても綺麗で、キラキラとしていて、ハートが好きな私への海からの贈り物でした。

100124_120103

 そして、少し歩いたら、ハート型の石が私をお出迎え。

 なんとかわいらしいハート型でしょう。

 この石は、このままにしておきました。

 誰かカップルが見つけたらいいな♪

100124_120208

 3つ目は、ハート型の小さな貝でした。

 明るすぎて画像では良く分からないかな?

 茶系の小さな貝殻が、削れてハート型になったようです。とても小さくて、爪くらいの大きさ。

 でも、目に入ってきたんです♪

 これも記念に頂きました。財布に入れておこうかな☆

 ハートフルな出来事が沢山起こりそうな予感です。

 読んでくださっているみなさんにも、沢山のハートフルで優しい出来事が訪れますように。

 これだけハートが私の目に飛び込んでくるシンクロ。

 みなさんにも沢山お分け出来るほどの、海からのパワーだと思います♪

 なお、今日、拾った海からの漂流物☆ これから洗って乾かしてから、明日以降にアップさせてくださいね。

 興味のある方は、お楽しみに☆

| | コメント (0)

湘南 ビーチコーミングの旅 その1

100124_104231 今日は快晴でした♪

息子&友人たちと今年2度目の湘南の海へ訪れました。

 

1月末というのに、海辺の日差しの中、ビーチコーミング。(ビーチコーミングとは - 浜辺に漂流された好みのものを拾うことです)

 

寒いかと思ったら、日差しの暖かさに包まれて、ホカホカと暑くなりながら、夢中で浜辺を散策。海を堪能しました。

100124_111618 

 太陽が海にキラキラ反射して、本当に素敵でした。

 冬の海はサーファーの方はいますが、あまり人がいなくて、ゆっくり出来ます。

100124_121243

なんとなく絵になる石です。

沢山穴があいていて、何が住んでいるのかな?

 日記は続きます。

| | コメント (0)

バナナ豆乳ジュース

100117_193357_2                                     

最近はまっているのが、自宅で作るバナナ豆乳ジュースです。

作り方はありえないくらい簡単。

豆乳ミニパック1本、バナナ1本、もしくは2本でガーッとするだけ。

甘くて美味しくて美容にも良いジュースが出来上がり!

 

実は豆乳そのものは飲めない私ですが、ミルクティやカフェオレなら飲めるのです。

バナナ豆乳もOK♪

美味です。お試しあれ。

| | コメント (0)

人の中にみる魅力、そして見たくない部分

先日、友人から素敵な気づきをもらいました。

みなさんと共有させてくださいね!

 

「今、出会う人のなかに感じる魅力は、自分のなかに眠っている魅力(ほんとうは持っているのに、発揮できていない才能)に気づかせてくれるためにある。

そして、今出会う人の中に感じるネガティブな感情は、自分のなかで癒しを求めている、統合されたがっている自分の要素(シャドウ)である。

一生、この繰り返しだとは思います。でも、これを実践していったら、素晴らしい人生になると思いませんか?」

 

 友人からこの言葉を頂きました。

 私の心のどこかに響いた感覚があり、そして大きな気づきをもらいました。

  

 人のことをみて、「素敵だな」「いいな」「あんな風になれたらいいな」と思う部分は、全て自分も持っている魅力なんですよね。

 まだ、その部分が自覚できる程、外に出ていないかもしれないけれど、いいなと思う気持ちがあるということは、自分の感性がそれを求めている。

 つまり、自分の中に眠っている魅力を開けるスイッチを押せばいいだけなのです。

 

 スイッチを入れるために出来ることは、自分が魅力的になってもいいと、許可してあげること。そして、人の素敵な部分を受け入れて、自分もそうなることを受け入れること。

 人の褒めてくれる言葉を受け入れること。(褒められたら、絶対に否定しないでね!)

 それがスイッチの一つだと思います。

 

 そして、人を見て、嫌だなと感じる部分は、やはり自分が持っていて、認めて欲しい、癒して欲しいと思う部分なんですよね。

 過去に傷ついた部分だったり、思い出すと悲しくなるような経験だったり、コンプレックスだったり。自ら封鎖した思いかもしれません。

 それを引っ張りだすことを、無理する必要はないと思います。(少しずつ手順を踏んだ方がいいと思うので)

 

 ただ、他者の中で嫌だなと思う部分は、自分が癒されたい部分なんだなと気づくだけで、違ってくるかもしれません。

 皆、生きている間に、沢山傷つき、乗り越えるためにそれを封印し、間違った認識の上で歩いてきてしまっているかもしれません。

 自分のために、そんな部分さえ大事に愛おしく思ってほしいと思います。

 

 読んでくださって有難う。

 そして素敵な気づきをくれた友人にも感謝をこめて。

| | コメント (0)

兆(きざし)の海鮮弁当 

100122_184651 今日は、たまたま通りかかった新宿の小田急デパートで、北海道物産展を開催していて、つい立ち寄ってしまいました。

 かなり多数の出店があり、賑わっていました。

 私が買ったのは、この海鮮市場めし、兆(きざし)というお店の海鮮弁当です。

 上には山盛りの蟹といくらとウニが乗っていました。本当にあふれるくらい山盛りです。

 

100122_192922

 夕食に頂きましたが、とても美味しかったです。お弁当だし…と期待半分にしておいて良かったです。

 そのせいか、すごく美味しくいただけました。

 まだ開催しているようなので、興味がある方は立ち寄ってみてくださいね!

 スイーツのお店と海鮮のお店で賑わっていました☆

| | コメント (2)

人の数だけ中心がある by 諸富 祥彦さん

諸富 祥彦さんの、他人の目を気にせずに生きる技術という本を、本のブログに紹介させていただきました。

この方は、明治大学の心理学の教授で、トランスパーソナル学会の会長でもあります。

トランスパーソナル心理学とは、第4の心理学と言われていて、スピリチュアルな感性をとりいれた心理学です。

私が興味を持っている分野でもあります。

 

諸富さんの生き方は、まさに「孤独力」の強みを生かしていると思います。

 

● 自分らしく生きるために、人とも仲良くするけれど、決して、人と同じになろうと無理に自分を変えようとはしない。

● もし、無理しなければ友達でいられないなら、離れる覚悟を持つ。

● そして、もし、批判されたのなら、「あの人にはそう見えるのだ。」と理解しても、自分を全否定するような受け止め方はしない。

● そのために、孤独であることをまず、引き受ける。

● 孤独というのは、自分が何者かを自分で探す時間を持つことで、自分が何者かを知るために、とても大切である。

 

そして、カウンセリングの意義について。

 

自分がこの世界の端にいると感じている人が、私はこの世界の中心にいると感じられるようになり、「私は自分の人生の主人公は私だ」となっていく過程である。

 

私が思うのは、自分に自信がない人、自己否定している人は、間違ったビリーフを心に刻んでいるからだと思うのです。

 

元々持っているものは皆それぞれが違い、どれも素晴らしいのです。

ところが、育った環境や、親との相性、親の性格など、良きにしろ、悪きにしろ影響を受け、そのままの自分ではいけないという、間違ったビリーフを持ってしまう

だから、「こんな私は、世界の端にいる人間だ」「人よりも劣っているんだ」と感じてしまうのですが、それは、明らかに、間違った認識を自分で持ってしまっているからで、とても残念です。

事実、誰かが誰かより劣っているなんていう根拠は、間違いなくないのです。自分がそう思いこんでいるだけ。それがビリーフの認識違いなのです。

人に嫌われたから、彼に振られたから、それだけで自分の価値がなくなると感じられるのは、自分の価値判断を他人に置いているからでもありますよね。

苦しいけれど、そこを自覚することも一つのステップだと思います。

 

自分が世界の中心にいると感じるのは、決して自己中心的ではなく、人の数だけ中心があるということ。素敵でしょう!?

   

そう思えるためにも、自分らしくあっていいと許してあげて欲しいです。

そして、自分への批判や悪口など、耳に入れば心騒ぐのは当然だけど、自分の人生の脇役の人が言っている言葉に、脅かされないで欲しいのです。

 

いつかきっと、「主人公」であるあなたを応援してくれる、心強い主要人物が出てくると思います。その人たちに囲まれ、応援されて、ますます、あなたが輝く日まで、少しずつ、ゆっくり、本当の自分を取り戻していきましょう。

自分が自分でいいという、まっとうなビリーフに書き変えていきましょう! 

 

私のブログが、少しでもそのお役に立てれば嬉しいです。

読んでくださって有難う。

  

 

| | コメント (2)

私のスタンス

今日は私なりのスタンスについて書かせてくださいね。

 

私は今、とても楽に生きていますが、もちろん、最初からそうだった訳ではありません。

人の評価が気になったり、私のことをどう言っているか気になったり。

好かれたいと思って努力してみたり、いい子を演じてみたり。 

 

これは中学時代の私です。

思春期、かつ競争世代、校内暴力の時代だった私は、殺伐とした中学生活を送っていました。

裏切り、うそつき、騙し合いが当然。

あまり今でもいい思い出はありません。

 

当時の私の親友は本でした。

特に、凛とした主人公の小説が好きで、こんな風に、凛として生きたい!

誰になんと言われても、私らしく胸を張っていたい!

と、思っていました。

 

そうは思っても、現実はそんな風に生きれる訳もなく、やはり人の目を気にして、臆病になったり、誰かが私のことを噂していると聞くと、その中身が気になったり。

友達だけど、信用できなかったり。

好きじゃないグループに参加するしかなかったり。

今日の友達が敵になるのをみたり、グループの闘争があったり。 

 

自分に嘘をついているようで、当時、私は自分があまり好きではありませんでした。

 

そんな中で、キラリ☆と光るクラスメイトがいました。

 

意地悪なグループにも所属せず、独立して2名でいた女子です。

とても可愛くて勉強も出来て、そして、どのグループにも属さない。

影で悪口を言われたりしているものの、彼女はそれを意にも介していないようで、堂々としているのです。逆に、意地悪な子たちも、表立って何もすることが出来ないようでした。

 

その当時、私の学校はいじめと校内暴力があったのですが、いじめに加わらなければいじめられると繋がっていても、彼女たちはそこから一歩離れて、別の場所に立っているように見えました。

 

私は内心、素敵だなと思っていました。

意地悪をせず、意地悪もされず、人をかばってもそれでいじめられることもなく。それに引き換え、私は頭を低くして、面倒なことに巻き込まれないように、自分を守ることに精一杯。

 

彼女が強くいられた理由は何だろうと、私のテーマになりました。

後で気づいたのは、彼女は多分、一人でも大丈夫なんだろうなってこと。

そして、自分のルールと自分のスタンスが決まっているので、何を言われても動じないのだろうと。

 

私は中学時代に、自分らしく生きることはできませんでした。

高校に入ってから、少しずつ、自己を確立していった気がします。まだまだ十分ではありませんが、かなり自由に自分を解放できてきたと思います。

高校がワイワイと楽しく、穏やかな学校だったからでしょう。 

  

もちろん、読書も続けていて、その中の好きな主人公の人物を吸収し、いつしか、社会生活での私なりのスタンスが出来上がってきました。

 

それは、以下に書きますね。

 

1、一人でも大丈夫になる(孤独に強くなる)

2、自分なりのルールを決める。人に左右されない。

3、協調性も大事にする。

4、自分が好きな人を友達にする。

5、好きな人に選んでもらえる自分になる。

  

 このスタンスが確立したのは、高校卒業後です。

 もう、グループに所属しても、そこに縛られることがない、自由な私でした。

 友達は自分で選ぶ。そして、好きではない子とグループの関係で友達になったとしても、決してそれに左右されない。

 つまり、自分が主役だ、と腹を据えた感じがします。

 

 そして、究極の5番ですが、友達になりたい、と思ってもらえる自分になるというのがとても大事でした。

 自分が芯で集まるグループなら、私が嫌いな裏切りや、抜け駆け、悪口は存在しようがないのです。

 そう、居心地いいグループがないなら、自分で作ればいいと思ったのです。(特に群れることは好きではないので、自然に集まればそれでいいというイメージで、拘束力がないグループです)

 

 もちろん、そこまではっきり明確にしていた訳ではありませんが、自然とそうなっていきました。友達になりたい人が、友達になりたいと思ってくれるようになり、心が繋がっていったという感じです。

 その後は心穏やかに、信頼できる友人が増えていって、今の私があります。そして、当然ですが、真に繋がれるのは、そんなに多くはありません。

 だからこそ貴重で、大事なのだと思います。

  

 どんな人と友達になりたいか。どんな人となら安心していられるか。

その人にふさわしい自分であることを信じて、そのように行動してみてくださいね。

 時間はかかるかもしれません。数年かもしれません。

 でも、きっと、いつかそんな日は来ると思います。それを信じられるのは、自分しかいないかもしれません。でも、信じてほしいです。

 

 決してひねくれず、相手を疑わず、心を解放して生きていれば、共感してくれる人が、向こうから訪れてくれます。

 それにはやはり、自分らしさの発見とそれを認めてあげること。自分の心の癖を知ることも大切かもしれません。

 また、それはゆっくり書かせてくださいね。

 

 私の個人的な話を、読んでくださって有難う。

 心から感謝をこめて。

 

  

| | コメント (0)

メイトーのカスタードプリン

100120_184331 スーパーで良く売っている、3連プリンの、メイトーカスタードプリン。

 今日、発見したのですが、パッケージが

「合格祈願」となっていました。

 なぜ、合格祈願かというと、「勝つタード(カスタードのギャグ!?」だからだそう。

 笑っちゃいました。

  

 全国の受験生の皆さん。

 笑いが全ての成功の素です!

美味しいものを食べて、笑って免疫をあげて、風邪などひかずに、元気出していきましょう!

  

 ちなみに、私が信じているのは、「縁がある学校(会社)に入る」ということです。

 努力は必要だけど、縁があるなら、必ず受かると思うのです。

 私も今までそうして生きてきて、自然に縁があった場所では、必ず良い学び、出会いがありました。

 志望校があって、絶対にここに受かる、という気持ちも大切ですし、やる気にも繋がるけれど、そこに自分の幸せがあれば受かるのだ、と思って、お任せしてみるのも一つの考え方でしょうか。

 と、受験生の息子にも言っています。(笑)

 

 プリンの話から脱線しちゃいました。

メイトーのカスタードプリンは、懐かしい味がします。

王道のプリンという感じ!

たまに、サービス期間で4連のこともあるのです☆ そんな時はラッキーと思っちゃう私なのでした。

 お好きな方いるかな?

 

 

| | コメント (5)

ハッピーの秘訣

今日は私的な、ハッピーの秘訣について書かせてくださいね!

以前思っていたことにプラスして、最近、色々な気づきが出てきました。

良かったら読んでくださいね。

 

1、物事、人の良い部分をキャッチする

  相手の長所を発見して好きになれると、接することが楽になる。

 
2、明るく笑顔で生きる

 時に落ち込むことがあってOK。基本的には笑顔と明るい気持ちは大事。

 

3、自分が本当に好きで楽しいことをする

 好きなことなら、努力も楽しくできる。ワクワクしている人のそばには、元気な人が集まってくる

  
4、叶わないことに無理はしない。人を無理に変えようとしない

 物事には目に見えない流れがあるので、うまくいかない時は無理せず静観することも必要。そして自分の思い通りにならない人を、無理に変えようとしない。

 もちろん、自分自身の気持ちにも無理はしない。

 

5、幸せになれること、未来、自分を信頼する

 幸せになれる価値のある自分。信頼できる自分。ということを心から信頼してみる。

 

6、宇宙(神様)と繋がっていることを感じる

 うまくいかない時は信じられないかもしれないけれど、うまく行く時には、必ず、目に見えない何かが信じられるようになると思います。

 うまくいかない時は、その方向じゃないのかも、自分らしく生きていないのかも、と考えてみてください。目に見えない存在を否定せず、信頼して欲しいです。

 

7、自分の感情を大事にする

 悲しかったり、怒りたくなったり、悔しかったり、淋しかったり。

そんな感情を抱くのは決して悪いことではないと思うのです。人間だから、マイナスの感情もあって当然。

 無理して押し殺さず、その感情を宝物と思って、大事に大事に味わってください。それが出来るのは人間だけだから。

 マイナスの感情も認めて大事にしてあげることで、落ち着いてくるはずです。(認めてあげるということは、なんでもかんでも、他人にぶつけるというのとはちょっと違うのでご注意くださいね)

 そして、嬉しい感情、楽しい感情は、大いに味わい、心を許す人と分かち合って欲しいと思います。

 

8、傷ついた心を癒す

 人に対して構えたり、強がったり、時に依存したりするのは、昔傷ついた自分がそのまま残っているから。そこを癒してあげることで、自分を守っている壁やこだわり、他人への厳しい視点が消えていきます。

 癒すには色々な方法があるのですが、まずは、そんな自分がいることを認めて、「辛かったね。分かっているよ」と声をかけてあげて欲しいなと思います。

 頑張ってきた自分自身を認めてねぎらってあげて欲しいです。この世で自分の一番の味方は、自分自身ですから!

 

9、感謝する 

 毎日が平穏であることに感謝できれば、それ以上のこともすべて感謝に繋がります。

 何事も当たり前のことって何もないと思うのです。感謝は喜びの連鎖を生んでくれる魔法です。

 

10、手放しで生きる(人への期待や執着、欲求を解放する)

 とても難しいですし、私もまだその途中ではありますが、自分らしく生きることで、縁のある人とは縁があると信頼して、自然に生きてみてください。

 人に期待すること、こうでなくてはならないと思うことで、自分も苦しいし、相手の負担になることもあると思うのです。

 全く欲求がなくなることはあり得ないけれど、自分らしく生きるということは、誰のことも支配せず、自分も誰かに支配されず、自然にあるがままに生きていくことなのかなと思うのです。

  
 
11、一人ではなく、皆で幸せになる

 一人で成功したとしても、周囲に自分を信頼し、応援してくれる人がいなければ、山の頂上で一人ぼっち。成功を祝う人もいなければ、喜びも増えませんよね。そして、やっぱり淋しいです。 

 やはり、同じ気持ちでいる者同士が、喜びを分かち合えたら、嬉しさも倍増しますよね!

 喜びを分かち合える友人がいるということも、人生においてとても大きなポイントかもしれません。

 一人でもそんな人がいれば、十分幸せだと思います!

 

  沢山書きましたけれど、まだまだあるとは思うのです。でも、私自身、まだ成長途中です。また新たな気づきがあれば、お知らせさせてくださいね。 

 私の成長過程を、みなさんと分かち合えたら嬉しいです。 

 

 そして、上記のことは、全て、自分らしくあってのこと。

自分らしくなれば、とても楽になれると思います。そのことについては、また後日にね☆

 長い文章を読んでくださって有難う。

 そして、もちろんのことですが、私がそう思うからといって、そうじゃなければいけないという訳じゃないのです。

 無理しないでくださいね。

 

 みなさんが、心穏やかに過ごせますように! 願っています。

おやすみなさい☆ 

 

| | コメント (0)

椿山荘 スカイレストラン Civic

100119_115521 今日は友人と文京区シビックセンターの25階にある、椿山荘 スカイレストランでランチをしてきました☆

 色々なメニューの中、月替わりパスタを注文。

クリーム系ですが、可愛い芽キャベツが入っていて、彩りも綺麗で美味しかったです。

 見晴らしも良くて、素敵でした☆

私が食事が終わって出る時は、ものすごーい行列にビックリしました。

 12時前に来店することをお勧めします。

 

 仕事を辞めてのんびりしている今なので、友人とも会っていますが、そろそろ、将来に向けての学びもゆっくりしたいので、週に出かける回数を決めることにしました。

 沢山本も読みたいし、考え事もしたいのです。

 こうしてブログを書いたり、友人とメールしたりする時に浮かぶアイディアや考えもあったりします。

 また、人と会うことで閃くこともあるのです。両方大事だけど、どちらかだけでは偏っちゃうんですよね。

 なので、人と会う時間も大事だけど、一人の時間も大事にしようと思った私です。

 これから本のブログに、最近観たDVDのことなど、更新しようと思います♪

 それではまた明日☆

 おやすみなさい!

 

| | コメント (4)

楽しいことは、成功への近道

竹田和平さんの本を読んで、色々な気づきをもらいました。

そこで発見したのは、やはり「楽しいことをしよう!」ということです。

富豪の竹田和平さんでさえ、「楽しいこと」と、「皆で幸せを分かち合おう」というお気持ちから成功されたのですから、やはり楽しいことは、幸せへの近道なのですね!

この本の中で、対談の部分があります。

渋沢健さん(渋沢栄一さんの子孫)との対談で、論語についての解説がありました。

その部分だけ、紹介させてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  
 論語で「これを知る者は、これを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむに如かず」
 
渋沢栄一さんの解釈。
 
 「行動する時に知ることは大前提で、知らないで行動するのは無謀である。
 だけど知るだけでは必ずしも行動につながらない。
だから知ることより好きなことの方が大事である。
でも、好きなだけだと壁にぶつかった時に、あんまり好きでなかったと挫折してしまうかもしれない。
だから好きより楽しいことの方が大事である」
 
 渋沢健さん(渋沢栄一さんの子孫) の解説。
 
 楽しんでいれば、壁にぶつかっても回り道できるし、何より楽しいと、壁が壁でなくなる。成功している人は人生を楽しんでいる。

 成功したから楽しいのではなく、楽しいから行動を起こして成功につながったのが事実。
 楽しいことをしていると、人が寄ってきて、ムーブメントになる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 私が感じたこと。

 嫌々やっていても、良い成果は出ない。

せっかくなら好きなことに夢中になろう。

そして、好きなことを楽しんでやろう。

プラス、楽しいことを、人と分かち合っていこう。

そうすれば、みんなで、幸せになれるはず☆

 う~ん。ワクワクしてきました♪

 今日も読んでくださって有難う。みなさんにも沢山のワクワクが訪れますように。

 また明日☆

| | コメント (0)

ロイヤルホストで…

100117_121416今日は、友人とランチしました。

ロイヤルホストで食事&お茶をしたのですが、午前中は空いていて、とても居心地が良かったです。

2人で良く食べました。(笑)

友人は、とても華奢で細くてうらやましいスタイルの友人なのですが、どこに入っちゃうんだろう!?ふふふ。

ご飯を食べる時って、食べるのが楽しくなる人と食べるのが、やはり大事な原則。

100117_121739_2食べるのが楽しい人というのは、話して楽しい人、一緒にいて居心地がいい人、食べものを美味しく食べる人でしょうか。

食べることって、人間の根本的な欲求だからこそ、好きな人と楽しく食べれたら、本当に楽しい時間になります☆

 

ロイヤルホストでは、今、食事を食べると、88円で画像のサラダがつくのです。これがとっても美味しい☆

そして、メイン&デザートにパフェ。

100117_130222 食べすぎでしょう…。

女性って、しゃべることと食べることと、お洒落が大好き。

それを再度実感した今日でした。

たわいない会話って、楽しいですよね。

 今日の友人は、セラピスト講座で知り合った友人なのですが、色々な共通点(ドラマが好きなこと。海が好きなこと、そして、甘いものが好き)があることが分かり、とても素敵な発見の1日でした。

 話しは変わりますが、コメントをくださった皆さん、本当にありがとう!

 とても嬉しくて、画面の前でお礼を言わせていただいてます。

 また明日にでもゆっくりレスさせてくださいね!

 それでは、また明日からの1週間が、みなさんにとって良い日々になりますように。

 それではまた明日☆

 おやすみなさい。

 

| | コメント (0)

ビバ パエリアのパエリア

100117_193904はじめて、ビバパエリアで宅配パエリアを注文しました。

すっごく美味しかった!

想像以上です。

息子が10分の8は食べました。(なんか細かい… 笑)

画像は、ローストチキンとグリル野菜&マッシュルームのオイル煮です。

| | コメント (0)

私ごとですが、近況報告です☆

今日は突然ですが、プチ告白をしてしまいます。

(大したことではありませんが…)

実は、私は昨年末、長年勤めた職場を退職しました。

特にお知らせしなくても支障はないかなと思いつつ、そのままの私の日常を書かないのは、誠実でない気がして、思い切って書くことにしました。

 

理由は複数あるのですが、やはり大きな理由としては、私にとっての転機と息子の受験が重なったからです。

 

息子が高校受験をするに当たり、正社員で責任を持った仕事をしていることで、平日になかなか学校にも出向けず、保護者会にも出席できず、高校の学校説明会にも参加できず、と、ジレンマを抱えていたのです。

また、私も将来に向けてのやりたいことが、はっきりと決まってきたため、ここで思い切って、長期休暇をとり、子どもの受験に寄り添い、また私の将来に向けて、ジャンプの前に休憩することを決断しました。

 

この不況時に無謀と親は呆れていましたが、私の性格を知っている友人たちからは、「白猫ちゃんが決めたのなら、それが一番良い選択」という言葉を頂き、今、私はゆっくり休息し、息子と楽しく過ごす毎日を送らせてもらっています。

 

毎日、息子が学校から帰るのを出迎えられ、学校への面談にも安心して出かけられて、過去に経験したことのない、とても大きな満足感と喜びを感じています。

翌日仕事がないと思うと、焦らず、子どもと過ごせたり、自分のことが出来るのも有難いですね!

本も沢山読めるし、平日にしか会えない友人とも会えます。

こうして毎日を楽しく過ごせることに、本当に感謝しています。

 

さて、この先の私の未来設計ですが、まず、今年2010年は、学び中心の年にしようと決断しました。

あれこれ学びたいことがありすぎて、どうにもならなくなっています。

でも、どれも捨てたくない。(これでも十分絞った上です!)

 

これは、大量行動をしなさいというお知らせだ、と私は感じました。

「大量行動の原則」。これは私がビジネス本として感銘を受けた、ダン・ケネディ氏の本に書いてあった言葉です。

 

2種類の、タイプの違う長期的なカウンセラー養成講座に通い、その他、興味のあるセミナーにも、時間が許す限り出席する予定です。詳しくは通い始めてから、また、その都度、このブログでご報告していきますね!

 

そして仕事ですが、正社員になることを考えるのはやめて、時期が来た時に、学びと両立できる仕事に縁があることを信じています。

いくら大量行動とはいえ、私もオーバーワークになって、体を壊すのは嫌ですし、やはり家族が一番大切です。

その大切なものを守るために、お金も必要ですが、私が生きるために生きがいの学びと趣味や休息も必要なのです。

 

そして、今年は目先のお金を稼ぐより、遠くの目標のために、そのことを捨てることを決断出来て、ホッとしています。

その人の人生において、転機や時期ってあるのでしょうね。

 

何より、全く心配もなく、こうして穏やかなのは、私の進む道が合っているということだからだと感じているのです。

あり得ないくらい退職もスムーズにさせて頂き、そのことも後ろ髪を引かれることなく、去ることが出来て正しかったのだと思えました。

カウンセラー(セラピスト)の道に進もうと決めてから、何事もその方向に進む方がいいと言うかのように、良いことが次々に起こりはじめ、背中を押してくれているようなのです。

 

大きな宇宙、神様の存在が、私の使命がそれだとおっしゃるなら、きっとこの方向で進んでいる私を守ってくださるだろうと、完全に手放しで信じられるのも、色々なセラピスト講座に出たことのおかげでしょうか。(私は無宗教ですが、スピリチュアルなことも信じています)

 

私が最近学んだのは、「プロセスを信頼する」ということでした。

まだ、私も完全に全てを委ねて、エゴを捨てて生きている訳ではないのです。 

ただ、ふんわりと感じているのは、「これが私の進む正しい道なら、きっとそうなっていくだろう。それを信じて、心配せず、大きな存在の言うとおりに、プロセスを信じて生きてみよう」という心境でしょうか。

 

そう思えると、自分だけの力で生きている時より、ずっと大きな存在に守られている感じがして、とても安心できるのです。本当に不思議なくらい、安心感があるんですよ。

私の学びが深まったら、みなさんに、このプロセスを信じることで、安心して生きられることを、お伝えしていきたいです。

そうすれば、みんな将来を心配しなくても、安心してその日を謳歌して生きれるでしょう?

そうなっていってほしいな。

 

また、以前は、正社員になりたいなと思って、採用されたことがとても嬉しく、転機だと思っていました。

今は、正社員にならずに、将来の目標への時間確保と、家族、自分のために時間を大事にすることを選択したことに、後悔はありません。

それがきっと未来に大きく繋がると、まだ何も実っていない今でも、実感できているのです。

  

ここで、読んでくださるみなさんにお礼が言いたいのです。

それは、みなさんが応援してくださるお陰だからです。

読んでくださっているみなさんに励まされて、自分の自信とし、こうして前に進むことが出来ています。

本当に有難うございます!

心から感謝しています。

 

そして、私の喜びを私だけのものにしないために、ブログを通じて、みなさんとハッピーの分かち合いをしていきたいと願っています。

 

これからもよろしくお願いします☆

読んでくださって有難う。

 

 

 

| | コメント (5)

「あなたの人生 あなたが主役」 という猫!?

100108_195610

 鎌倉に行った時に、小町通りで買った手ぬぐいです。

 大好きな猫と、温かな言葉に一目ぼれして買いました。

 色々な言葉とイラストがあり、買うのに迷いました~。

 友人が買った手ぬぐいも素敵な言葉でした。

 また鎌倉を訪れたら購入したいな。

100108_195723

| | コメント (0)

天国と地獄の寓話

みなさん、こんにちは!

突然ですが、天国と地獄についての例え話をご存知ですか?

 
ご馳走がのった大きいテーブルに座った人たちは、手に長い箸を持たされていますが、あまりに箸が長すぎて食べ物を口に持ってこれないのです。

 
地獄では、自分で食べようとして苦しみ、大変な混乱なのですが、天国では向かいに座っている人に食べさせあって、お互いが幸せになる。それが天国と地獄の大きな差なのだそうです。

つまり、奪い合うのではなく、与えあうこと、分かち合うことで、確実に皆が幸せになることが可能だという寓話ですよね。

  
幸せの量は減らないと思うのです。

なぜなら、幸せって状況ではなく、心の持ちようだと思うからです。

 

明らかに幸せな状況であっても、不幸感のある人もいれば、大変な状況であっても明るい人もいる。

その人それぞれで、幸せの価値観は違うので、どれが一番良いとは比較することはできないでしょう?

 そういう意味では、やはり、心の持ちようって、幸せを感じることについて、大きなポイントだと思うのです。

 

 プラスして、心がクリアになり明るくなると、他者との関係も良くなる。そうすると良いタイミングでラッキーなことも起こってくる。

 この連鎖は確実に存在すると実感しています。

 

 幸せ感を抱けない理由としては、心の奥深い部分で手放せない何かが邪魔をしているからかもしれません。

 だからこそ、私は心理学を学んで、沢山の人の心を癒していけたらいいなと思っています。それぞれの幸せを心に抱いてくださるように願って。

 
 もちろん、私自身も、もっと癒して心が広くなり、大らかになっていけたらいいなと希望を持っています。

 今日も読んでくださって有難う♪

 それではまた明日☆

 みなさんにとって、明日もよい1日でありますように。

| | コメント (0)

その人らしさについて

私は、「その人らしさ」について、とても重要視しています。

私は子どもの頃から、母に、「こういう人間になって欲しい」という型にはまった子育てをされてきました。

もちろん、母も自分が正しいと思ってのことなので、悪気はないのです。

ただ、そこに、「私らしさ」が入る余地はなく、母が嫌いだと思う価値観はNO。好きな価値観はYESなのです。

私はことごとく否定されて育ちました。

 

中学の頃から、私はそのことに疑問を抱き、それからというものずっと、「私らしさ」について追い求めて今があると思うのです。

 

私は自分のことが大好きです。

でも、自分を好きになれない、もしくは、自分のこの部分が好きじゃない、劣等感がある、嫌い、という人がいることも理解できるのです。

 

私が思うのは、人は、自分が思う長所、短所を含めて、全てをそのまま受け入れられれば、自分を好きになれると思うのです。

 
 
ここで思うのですが、長所、短所ってなんでしょうね?

長所だけの人間がいいのでしょうか。

そして短所ってなんでしょうね?

本当に足りない部分が短所なのでしょうか。

 

どんな性格でも、どんな部分があっても、それはその人らしさではないのでしょうか。

「こういう性格がナンバー1」だとしたら、全員がその性格になることがベストで、全国皆、同じ性格になったら、気持ち悪くないですか?

 

私が思うのは、人に迷惑をかけなければ、どんな性格でもいいのではないかということなのです。

では、明らかに人に迷惑をかけたり、負担になったりする性格って、短所なのでしょうか。

じっくり考えてみると、そうはいえないと思うのです。

  

なぜなら、短所だと思うのは自分であって、人がそう感じているかは別問題でしょう?

自分が嫌だなと思う性格でも、人は良いと思ってくれている可能性がありますよね。

 

では、他者から受け入れてもらえない部分や、明らかに人に迷惑をかける、負担になる部分について、どう説明すればいいのでしょう。

私はこれを、性格というより、心の持ちようのだと感じるのです。

 

つまり、「自分を好きでない」と思う部分から発するものであったり、「自分なんて」と思う部分から発する行動であったり、言動であったり。

自分自身に価値がないと感じたり、自分の存在自体の罪悪感があったり。

 

その部分を紛らわすために、相手に罪悪感を感じさせてコントロールしようとしたりしたことはないでしょうか。

人がうらやましくて、足を引っ張りたい心境になったことはないでしょうか。

自分を犠牲にして、人に尽くそうとしたりしてしまうことはないでしょうか。そして、尽くすことでの見返り(愛情)が欲しくなったりしないでしょうか。

または、他人に甘えたいけれど甘えられなかったり、甘え過ぎて負担をかけすぎて距離を置かれたりしたことはないでしょうか。

勝ち負けにこだわって関係が壊れたり、自分と同じ価値観でなければ受け入れられなかったりしたことはないでしょうか。

 

上に書いたことは全て性格ではなく、心の持ちようであり、根本的に心が抱えている自分自身への禁止令から来るものだと思うのです。

  

例えば引っ込み思案であっても、気が強いとかであっても、それは短所ではなく、その人の個性ですよね。

これが問題になるとすれば、あまりに引っ込み思案過ぎて、約束を守らずいつも逃げてしまうとか、気が強すぎて、周囲と協調出来ないなど、度が過ぎた場合だけだと思うのです。

こうなると、「性格」ではなく、「罪悪感から来る、無意識の言動」ですよね。
 
  

私がお伝えしていきたいこと。

それは、自分の罪悪感や無価値感を癒して、自分自身を受容できるようになれば、自分の性格に長所、短所と分ける意味もないし、人がどう評価しても、気にすることはないということ。
 
誰もが変われない、「その人らしさ」であるからこそ、その人の存在理由があるんですものね。

宇宙は必要ない人間は作らないのです。

「あなた」が生まれる必要性があり、「あなた」である理由があって、生まれてきているのです。

 

「このままの私でいい」

 

と、自分に許可してあげてくださいね。

自分自身を受け入れてはじめて、人を受け入れることが出来ると思うのです。(一般的には逆で、人を受け入れようとするけれど、実は自分を受け入れていないことが多く、その結果、人とうまくいかなかったりします)

 

心理学の手法で、傷ついた心を癒し、自分に価値があると受け取れるための方法は沢山あるようです。

私もまだ学び途中です。少しずつみなさんとそんなことを共有していけたら嬉しいです。

いつも読んでくださって有難う。

それではまた明日!

| | コメント (2)

ピーター・フランクル の言葉

「夜と霧」で有名なピーター・フランクルの言葉を紹介させてくださいね。

 

 どんな時も 人生は 意味がある

 なすべきこと、満たすべき意味が与えられている

 あなたを必要とする「何か」があり

 あなたを必要とする「誰か」がいて

 あなたに発見され、実現されるのを待っている。

 

この言葉を読んだ時、とても温かな気持ちになりました。

 

どの人にも使命があり、必要としてくれる誰かがいる。

それに気付いて欲しいと思う私なのです。

 

もし、今辛かったとしても、決してあきらめないで欲しいのです。

今はまだ、自分の使命に気付いないだけ、自分を必要としてくれる人に出会っていないだけなのですから。

 

自分らしく生きていれば、きっと待っているもの(人)に出会えると信じています。

一緒にそれを信じてみませんか?

| | コメント (2)

鎌倉高校前の海

100108_154042 湘南の旅日記 第4弾です。

鎌倉高校前 駅のホームから撮影しました。

 

まだ4時前でしたが、すでに夕暮れの雰囲気ですね。誰もいなくてシーンとしていて、とても癒されました。

 次回は晴れた昼に撮影したいなと思います。

 そして、海辺で、貝殻とビーチグラスを拾いました。

 ビーチグラスについては、こちらの説明が詳しいです。

100108_205713

 時の経つのも忘れて、海辺を貝拾い。とても楽しい1日でした。

一緒に過ごしてくれた友人にも感謝しています☆

 またすぐにでも行きたいです♪

| | コメント (0)

感謝すること、そして、自分らしく生きること

今日で3連休も終わりですね。(お仕事の方、お疲れ様です)

みなさんはどのように過ごされましたか?

 

私は今日はゆっくり過ごしました。

大変遅くなってしまったのですが、息子と地元の氏神様に初詣に行ってきました。

20代の頃は恒例のように、振袖を着て明治神宮に友達と出かけていたのですが、氏神様を大事にしなさい、という親の言葉がようやく分かってきた私です。

  

おみくじを引いたところ、大吉でした。

息子いわく、「大吉は良すぎて先がない」と茶々を入れられました。 (息子は末吉)

  

ご神託には、「その日が平穏に終わったら、無事に過ごせたことを、神様と周囲の人にお礼を言って眠りにつきましょう。

感謝の気持ちが次の幸せをますます引き寄せるでしょう」

 

というようなことが書いてありました。(おみくじを結んできてしまったので、そのままの言葉ではないのですが)

 

そう、やはり感謝なんですよね。

 

自分一人の力で生きている訳ではなく、周囲の人の力や、目に見えない存在の力があってこそ、無事に楽しく生きれる毎日であることを、心から感謝している私ですが、今日、改めて、そのことを忘れないように! と言われた気がしました。

 

実は、まだ新年明けて11日しかたっていないのに、頭を深く下げたくなるような、幸せなことが相次いで訪れています。

(その中の1つは、詳しくは事情があって書けないのですが、とある審査に通って、この春から受講するカウンセリング講座の受講料の補助をしてもらえることになりました → 8日の金曜に連絡があったばかりです)

 

もちろん、私の力とは思っていません。

ただ、私が進む道があっているというメッセージなのかなと感じています。

ですので、近い将来、私らしい生き方で、社会貢献してお返ししていきたいと思っています。そう思えたらとても嬉しくて、ワクワクしてきています。 

 

夢って自分のエゴだけでは叶わない気がするのです。(自分だけ良ければいいとか)

自分のやりたいことと、生まれもった使命が一致した時に、大きな流れが援助してくれるということが、自分に起こってきているのを感じてゾクゾクしています。

 

まだ成長途中の私ですが、みなさんに伝えられるように、私自身が実践していって、1人の人でも勇気づけられたら嬉しいなと思っている私なのです。

 

私が思うのは、誰か他の人になるのではなく、皆がその人らしい生き方のままで、必ずできることがあり、誰かがその人を待っている。(この言葉は私の発想ではないので、後日きちんと書きますね!)

その使命を見つけて動けば、良い方向に行ってますよ、という証拠に、シンクロや嬉しいニュース、良い出来事が向こうから訪れると思うのです。

 

それが本当であることを、私も実践することで、お伝えしていけたらと思っています。

 

自分らしさって何でしょうね。

自分が嫌だなと思っている自分こそ、本当は自分らしさの一番の輝きになるダイヤの原石であり、チャームポイントかもしれません。

(この話はまた後日)

  

それではまた明日☆

いつも読んでくださって有難う。

 

| | コメント (2)

鎌倉 ジャックと豆の木

100108_121210 湘南散策記の続き 3弾です。

鎌倉文学館の入り口にある、小さなパン屋さん。「ジャックと豆の木

手作りの無添加パン屋さんです。

 

小さなお店なので、店長さんが、一つ一つ何のパンか説明してくださって、袋に詰めてくださいました。

  

どれもとても美味しくて、鎌倉文学館に来た時は、必ず買って帰るお店です。

100108_191543

| | コメント (0)

鎌倉文学館&はま善

湘南散策記の続き 2弾です。

 

大好きな鎌倉文学館に立ち寄りました。

ここは旧華族の前田邸をそのまま利用した文学館で、正直、展示してある内容はそこまでではないのですが(失礼!)、素晴らしいのは、前田邸の素敵な洋館をじっくり味わえること。

ベランダからの庭と遠く見える海の眺めが素晴らしいのです! 

 

ここは湘南でも特別に一等地でしょう。

高台にあり、海と街が一望できます。

 

そして庭も広くて素晴らしいのです。

春と秋にはバラが美しいそうです。バラの季節になったらまた訪れたい場所です。

 

100108_124449 そして、鎌倉文学館近くの はま善という、いわし料理屋さんでランチをしました。

このお店は、カウンターしかない小さなお店ですが(小さなお子さんには不向きかもしれません)、とっても美味しいのです。

以前訪れて大ファンになってしまいました。

 

ランチは3種類。私はイワシづくし定食。友人は刺身盛り合わせ定食を頼みました。どちらも、とっても美味しい!

 

私の画像には載っていませんが、これにプラスしてイワシの天ぷら(骨せんべい付)もついています。

どれも新鮮でとっても美味☆

予約していく方が間違いないようです。

 

| | コメント (0)

湘南に行っていました♪

100108_150833 今日は友人と湘南方面に行ってきました!

 

 私は湘南が大好きで、本気で住みたいと思ったこともあるほどです。

 湘南と言っても色々とありますが、好きな場所は、江の島、鎌倉、葉山、逗子。

 そして江ノ電からの海の風景が大好きです。

 今日のルートを聞いてくださいね。

 小田急線で藤沢 → 江ノ電で由比ガ浜 →鎌倉文学館 、美味しい魚料理のランチ → 江ノ電で鎌倉 → 小町通りを散策、鶴岡八幡宮で参拝 → 江ノ電で七里ガ浜 → 海岸を歩いて鎌倉高校へ → 江ノ電で藤沢 → 帰宅

 です。

 本当に海と空が綺麗でした!

 海辺では貝やビーチグラスを拾って楽しみました。

 またすぐにでも行きたくなりました。やっぱり住みたいかも。(笑)

 散策日記の詳細はまた次回に☆

 

  

| | コメント (0)

自分の悩みを引き受ける

自分の気持ち、悩み、苦しみなど。

辛いことをどのように処理しているでしょうか。

 

近しい人(家族、友人)などに相談したり、話を聞いてもらうのは良い方法だと思うのです。

聞いてもらうだけで、悩みが半分軽くなることってありますよね!

 

でも、そこに頼りすぎると、新たな問題が出てくると思うのです。

それは、自分の問題を相手に預けてしまうという問題です。

 

自分の問題を自分で引き受けない限り、いくら誰かに渡しても、決して楽にはならないものかもしれません。

 

「引き受ける」というということについて、私なりの解釈です。

 

■誰のせいにもしない。

■自分が悩みの所有者だと自覚する。

■自分しか、この悩みをどうにかすることは出来ないと腹をくくる。

 

これが私の思う、「引き受ける」ということです。

  

でも、一人ではどうにもならない問題も多いですよね。誰かの意見を聞いてみたかったり、ただ、話を聞いてもらいたかったり。

その場合、専門機関や専門家に頼ったり、複数の人に相談したりするのもいいかもしれません。

ネットの知恵袋で相談するのも一つかもしれません。(ただ、ネット上では、傷つくようなコメントが来る可能性もあるのですが、とても良いアドバイスもありえるので、そこはご自身の判断にお任せします)

そして、誰かに相談するとしても、基本は「自分の問題だと引き受ける」ために、それを選択したのだと、自覚することが大事なんだろうなと思うのです。

相談したことで、問題を相手に解決してもらうのではなく、自分で解決するために、人の意見を聞いてみるというスタンスでしょうか。

 

どうして、ここまで引き受けるということを重要視するかというと、自分で引き受けない限り、結果について自分が納得できないというジレンマがあるからです。 

  

また、夫や妻、親や子、恋人、親しい友人など、身近になればなるほど、頼りたくなるかもしれません。

でも、誰もが人の希望にそこまで答えられない生き物です。

こたえてあげたくても限界がある。

ところが、自分の中の価値観で、「愛(友情)があれば、このくらいしてくれるはず」 という物差しがあると、それより足りないものしか返ってこないかもしれません。

それは最初からこちらの物差しが決まっているからこその、方程式なのかもしれません。 

そこを自覚して、好きな人だからこそ、相手から愛情をもぎ取ろうとしないことも、こちらの愛情だと思うのです。

 

とはいえ、頭で分かっても、気持ちがついていかないこともありますよね。

私も学びが深まってきたら、参考になることを書くことが出来たらいいなと、願っています。

 

読んでくださって有難う!

それではまた明日☆

| | コメント (0)

古奈屋のカレーうどん

100102_140916 私の好きな古奈屋に、お正月に行ってきました。 上野アトレ店です。

 向こう側は、親友のKちゃんが頼んだエビ天うどん。

 私はこちら側で、季節限定の海鮮かき揚げうどんです。

 どのセットにもご飯がついていて、残ったスープに入れて食べるのです。

 古奈屋のスープは、本当に美味しい。

 まろやかで優しく、ちょっぴり辛く。

大好きなお店です。

最近では、スーパーでチルドの古奈屋のうどんが売っています。

それもなかなか美味しいですが、やはり本物が一番おいしいかも!?

 

 興味があれば是非行ってみてくださいね。

| | コメント (0)

変わること、そして勇気

ふいに、勇気について考えてみました。

 

勇気ってどんな時に必要でしょうね。

 

人に声をかける時。

自分が何かに立候補する時。

自己紹介する時。

人の前で話す時。

名乗り出る時。

人に気持ちを告白する時。

言いにくいことを言う時。

断る時。

誘う時。

したことのないことについて、行動を起こす時。

成功するかどうか分からないことに、チャレンジする時。

決断をする時。 

まだまだありそうです。

みなさんの中で、「勇気」ってどんな時に必要でしょうか。

 

やはり、勇気のいる場面って、変化と行動がセットになっている気がするのです。

何かを言う。する。など、行動する時の変化の前に、勇気が必要なのかもしれません。

 

人は同じ行動と言動を繰り返していれば安全だけど、変化を起こすというのは安全と引き換えに、何かを得られる可能性があるということですよね。

 

最近はやりの金融リテラシーでも聞く言葉ですが、「リスク管理」がここで重要になります。

  

行動の先に、どんなリスクがあるのか。

そのリスクの最悪は何か。

どこまで自分が持ちこたえられ、対応できるのか。

どの場面になったら、どのように行動してそれを乗り切るのか。

 

それを想像しておけば、行動することで得られる良い可能性を得られる確立も高くなると思うのです。

 

そして、不思議ですが、失敗は慣れるものです。

初めての失敗はショックだけど、慣れると、そこから学ぶことはあっても、耐性が出来るせいか、再度の行動が怖くなくなるようです。

 

変化、行動は勇気がいるけれど、勇気の先に良いことがまっているかもしれません。

 

2010年、小さな変化であっても、少しずつ成長していけたらいいなと考えています。

私も自分のしたトライを、小さいことかもしれませんが、みなさんにお伝えしていけたらと考えています。 

 

読んでくださって有難う。

それではまた明日☆

| | コメント (0)

都路里パフェを食べました

お正月のことを少しずつ書かせてくださいね。

  

100103_115046 3日に行った、汐留カレッタの都路里の特選都路里パフェです。

 

京都で有名なお店ですが、都内で唯一、ここに出店しています。(JR新橋から徒歩10分弱)

開店前から行列。並んでいたので、開店と同時に入ることが出来ました。

 

味の感想です。

正直、きつかった。

美味しいと思ったのは最初だけ。抹茶カステラと白玉と栗を食べているうちに、アイスも段々飽きてきて…。

 

単品で抹茶アイスか抹茶ソフトクリームだけにしておけば、美味しかったという記憶で終わったのかもしれません。

1400円強の値段で食べたパフェですが、私としては食べるのがやっとでした。認めたくないけれど、年齢もあるのかなあ?

20代なら、軽かったかもしれません。(笑)

 

ちなみに、上にのっているソフトクリームと見えるものは生クリームです。

あくまで私の個人的見解です。参考まで。

 

一度は食べたかったお店なので行けて良かったです♪

| | コメント (0)

お正月

みなさん、こんにちは!

お正月はどのように過ごしていらっしゃるでしょうか。

 

私は親友のKちゃんと2日、3日と一緒に過ごしました。

例年の如く、バーゲンで洋服やバックを購入。

今年は、財布も買い替えました。最近、2つ折りの財布が使いづらくなっていたので、札入れ財布にしてみました。

なんとなく、お金が入ってきそう!?な色(シャンパンゴールド)の財布です。(笑)

 

美味しいものも食べて、沢山おしゃべりもしました☆

今日はちょっと疲れ気味なので、また後日、行ったお店など書かせてくださいね!

 

明日からお仕事の方も多いと思います。

頑張ってくださいね!

 

おやすみなさい☆

| | コメント (0)

明けましておめでとうございます。

100101_142404みなさん、明けましておめでとうございます!

いよいよ2010年ですね。

みなさんにとって、ますます輝くような素敵な1年となりますように。

今日は太平洋の海と、青空を見てくださいね。

元旦の空はとても澄んで、美しかったです。

 

100101_150023

それでは今年もよろしくお願いします☆

100101_142330

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »