« デイリーディライト リップバーム | トップページ | 最近はまっているもの アイストローチ »

自分自身で生きよう!

先日、そのままで十分価値がある という記事を書かせていただきました。

 

その補足の記事なのですが、別の観点から書かせていただきたいことがあるのです。

 

人は自分に自信がない時ほど、「役割」や「出来ること」で自信を持とうとしないでしょうか。

そして、その「役割」や「出来ること」で、人に必要とされるように行動しようとして、頑張ったり、我慢しすぎたりしてしまい、かえって本質の「自分自身」を見失う場合があると思うのです。

 

まず、何かしていなければ必要とされない、何かの役割があるから存在出来ると自分で位置付けている場合、それをなくしたら、本当に必要とされなくなる可能性がありますよね。 

 

スポーツ選手が怪我をして引退せざるを得ない状況と似ていると思うのです。(スポーツ選手の場合、その先にコーチの仕事があったりする場合もありますが、例えとして)

つまり、「退場」しなければならない可能性もあると思うのです。それは自らその方向に向けているともいえます。

 

恋人の心をつなぐために、結婚していない段階で家事(料理や洗濯、掃除など)をしすぎると、その恋が途中で終わることが多いのは、「行動」で相手をつなごうとするため、その行動が当たり前になった時、相手から必要ないと思われる可能性もあるからなのです。

 

また仕事で、「この仕事は私しか出来ないから」と安心していると、もっとそれが得意な子が入社してきたら、自分の居場所がなくなる可能性もあると思うのです。

 

つまり、「行動」や「役割」は、他の人でも代わりがきくし、もっと上には上がいて、いつでもとり替わられる可能性があるということなのです。

 

では、どうすればいいでしょう。

 

私は、だからこそ、「自分自身に立ちかえって、そのままで十分価値がある」と自分自身で認めてあげてほしいと思うのです。

 

根拠はなくてもかまいません。

もちろん、心を磨くことは必要だけど、それと並行して、他の誰でもない自分自身を、自分で認めてあげてほしいのです。

 

誰ひとり、同じ人間がこの世にいない以上、「代わりがない自分だ」と自分が認識さえすれば、決して、誰もあなたに変われないのです。

たとえ、プロスポーツ選手が、選手として引退することになったとしても、「自分の価値」が下がる訳ではないので、他の方法で人生を切り開いていけれるのと同じです。 

 

そして、これは真実ですが、「人は、自分が自分を扱うように、扱う」ものなのです。 

自分が自分を大事だと思えば、人は自分をそのように大事にしてくれますが、「大したことない自分」「価値がない自分」と思っている以上、やはり他人も、軽く扱ってくるかもしれません。

 

だから、人に決めてもらうのではなく、自分自身で、自分の扱い方を決めてほしいと願う私です。

「役割」ではなく、根拠はなくても「自分自身」そのままでいることが、一番価値があることだ、と自信を持ってほしいのです。

 

同じ行動をとれる人は、この世に沢山いるけれど、同じ人間はこの世に2人はいないのですから。

  

長文を読んでくださって有難う。

それではまた明日。

おやすみなさい☆ 

 

 

|

« デイリーディライト リップバーム | トップページ | 最近はまっているもの アイストローチ »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

価値のある自分ですか。。。
なぜか今日の気分にぴったりです。
子供の友達のお母さんと家族ぐるみで仲良くさせてもらってたのですが、私ともう一人の
友達だけ忘年会の人数に入ってなかったのです。
平等に誰とでも気さくに接する人だっただけに、寂しい気持ちになったあと怒りに変わりました。
大人の世界でもこうゆう仲間はずれをする心の狭い人だったのか、自分がいつも価値のない人間だと思っているせいで、周りの人も私たちを価値のない人間だと思っているのでしょうか?久しぶりに人に裏切られた気分でネガティブになってしまいました。

投稿: リネン | 2009年12月20日 (日) 22時00分

リネンさん、こんにちは。
 
コメント読ませていただきました。
ショックだったでしょうね。とても淋しい気持ちになられたでしょう。
私でも同じように感じると思います。
 
全ての経緯を知らないので、なんとお伝えしたらいいのか分かりませんが、意地悪なのか、もしくは、何か事情があったのでしょうか?
 
その方に聞いてみたいような気がします。
 
リネンさんが悲しみを通りこして、怒りを感じる気持ちもとても分かるのです。
 
コメントを書いてくださったお返事として、一つだけ伝えさせてくださいね。

誘われなかったのは、選ばれなかったということではなく、何かの事情があったのかもしれません。何もなかったかもしれません。

ただ、不明な以上、そこにリネンさんの価値を結びつけないでもらえたら…と願っています。

また、相手がリネンさんを疎外するつもりで誘わなかったのだとしたなら、それは相手がそうしたという現実として受け入れて、今後どう付き合っていくかは、リネンさんが決めていいと思うのです。
 

相手に主導権がある訳ではなく、リネンさんにも主導権があるんですよね。
 
リネンさんが堂々としてくださいますように。リネンさんは、大切に扱われる価値がある女性だと、私は本当にそう思います。
 
  
また良かったら書き込みしてくださいね。
お話を聞くことしかできませんが、何か力になれれば嬉しいです。

もし私が書いたことで不快に思われたらごめんなさい。その時は、遠慮なくおっしゃってくださいね。コメントは削除しますので!

投稿: 白猫 | 2009年12月23日 (水) 01時07分

コメントありがとうございます。

一緒にサークル活動などをしてきた方だったので、大変びっくりしたことが本音です。

もうひとりの友達(誘われなかった)と話合いましたが、距離を置いて付き合うことが、
いいとう結論になりました。

私にも主導権があるという白猫さんの言葉に
励まされました。

最初は理由を聞こうかと熱くなってましたが、理由をきいたところで、結果は変わらないし、これからの私たちの態度も一線を引かしていくことには変わらないので、あえて理由を聞くことはやめました。

コメントありがとうございました。
また相談にのって下さいね。

投稿: リネン | 2009年12月24日 (木) 09時36分

コメントありがとうございます。

一緒にサークル活動などをしてきた方だったので、大変びっくりしたことが本音です。

もうひとりの友達(誘われなかった)と話合いましたが、距離を置いて付き合うことが、
いいとう結論になりました。

私にも主導権があるという白猫さんの言葉に
励まされました。

最初は理由を聞こうかと熱くなってましたが、理由をきいたところで、結果は変わらないし、これからの私たちの態度も一線を引かしていくことには変わらないので、あえて理由を聞くことはやめました。

コメントありがとうございました。
また相談にのって下さいね。

投稿: リネン | 2009年12月24日 (木) 09時38分

リネンさん、お返事有難う。
 
これからの付き合い方を、ご自分で決められて良かったです。

自分で決められたことで、今後、良い展開が起こっていくと私は感じています。
 
素敵な2010年となりますように☆

投稿: 白猫 | 2009年12月31日 (木) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デイリーディライト リップバーム | トップページ | 最近はまっているもの アイストローチ »