« 高円寺 ケーキ 「ラ レーヌ」 | トップページ | マックのカフェラテ 無料配布 »

マックの原田社長のコメントに共感

たまたまネットを見ていたら、マック(日本マクドナルド)の原田社長のインタビューがあり、とても良い気付きをもらえたので、ここで書かせてくださいね。 

 

■ とりあえず集まることが目的となっている定例ミーティングや、すでに決まっていることを確認するような会議は絶対に入れない。

■ どんなに忙しくても必ず1日2時間の空白時間をつくる。

会社のなかをぶらぶら歩いたり、店舗でコーヒーを飲んだりしながら、いろいろなことに想いを巡らしている

■ 午後6時以降の残業禁止。仕事が人生のすべてのような考え方は健全ではないから。
 これからの日本企業はインテレクチュアル・プロパティー(知的財産)やクリエーティビティーで差別化を図っていかなければなりません。労働時間を延ばすというのは明らかに時代に逆行している。

■ 仕事と趣味と家族と過ごす時間の、どれが欠けても充実した人生は送れない。仕事一辺倒ではクリエーティブなひらめきも生まれない。

■ いまは毎朝10.5キロのジョギングが日課です。週末は自転車。100キロは軽く走ります。最近は少し休んでいますが、ドラムという趣味もあります。私が仕事だけの人間だったらきっと、コーヒー無料のアイデアは生まれなかったと思います。

 

 日本人が好む、定例にのっとったルーティンの確認会議はやめて、必要なことだけをするようにしたら、残業をしなくても売り上げが大幅にアップしたというのはすごいと思います。

 また、仕事人間ではないからこそ、視野が広くなりアイディアも生まれる。

 そして一番大事なのは家族だと私は思います。

 仕事で活躍できるのは、家族という土台があるからこそ。土台をないがしろにしていると、上に建つ家がが倒れるのは当然ですよね。

 人はそんなに強くないと思うのです。本当の一人ぽっちになってしまったら、表面的に仕事に熱中していても、どこか満たされないかもしれませんよね。

 いて当然ではなく、お互いにいてくれることに感謝出来たら、家族は円満でいられると思うのです。いつもそう思えなくても、何かの折に相手に伝えられたらいいなと思います☆

  

 それではまた明日。

おやすみなさい。
 
 

|

« 高円寺 ケーキ 「ラ レーヌ」 | トップページ | マックのカフェラテ 無料配布 »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高円寺 ケーキ 「ラ レーヌ」 | トップページ | マックのカフェラテ 無料配布 »