« 今日は息子の三者面談でした | トップページ | 相手に伝える時、相手の悩みを聞く時 »

行動だけを、感情を入れずに見るということ

今日は、子育てで問題を抱えている友人と、夜お茶してきました。

苦しんでいるのは彼女もお子さんも同じ。本当は愛があるのに、それが伝わらないのがとても残念です。 

 

彼女と話していて気付いたことを、ここでも共有させてください。(親子だけでなく、人間関係全般で使えるので)

 

相手が思い通りにならない、不満がある、思った行動をとってくれない、など、相手のやることなすこと、期待に添わないということはあると思うのです。

 

例えば、「感情」と「価値観」というフィルターを通してみると、こういう感じになります。

● 私だって疲れているのに、夫は私だけに家事をさせる

● 子供はちっとも宿題をしない

● 私からメールしても、友人はなかなか返事をよこさない

● 箸を箸置きから持つ時は両手で持てと言っているのに、片手で持つ

 

いかがでしょう?

確かに不満に思うのも分かるのですが、自分の「こうすべき」という価値観と、「こうしてほしいのに」という願望のフィルターを通して、相手を見ているのが伝わるでしょうか。

 

これを、フィルターを通さないとこうなります。

● 夫は仕事から帰ると、横になってテレビを見る

● 子供は学校から帰るとゲームをする

● 私が友人にメールした返事が2日後に来る。

● 子供が箸を片手で持つ

いかがでしょう。

これがいわゆる「行動」です。

これを読んだ時、この行動を良いと思っているのか、悪いと思っているのか、分かりますか?

 

夫が帰ってからテレビを見ていること、子供がゲームをしていること、返事が2日後に来ること、箸を片手で持つこと。 

これについて、嫌と思う人もいれば、別にいいんじゃない? と思う人もいますよね。

これが価値観です。

 

人は嫌だと思った場合、「こうするべきなのに」「こうして欲しいのに」という気持ちが入ると、非難がましくなると思うのです。

 

そんな非難や「べき」を入れずに、そのままの行動を、まず、自分の中で把握してみるのです。

つまり、色眼鏡で見ないということがまず、第一ステップだと私は思うのです。

 

でもやっぱり人間なので、嫌だと思うことは嫌でしょう。

それは、また伝える方法はあると思うのですが、私がここでお伝えしたいのは、「無意識にフィルターを通しているなあと自覚できるといいな」ということなのです。

 

誰もが自分の眼鏡で人を見ますよね。

自分が正しいと思う価値観や、好き嫌いの価値観の眼鏡で、人の行動を見て色々と思うのです。

  

でも、「私は色眼鏡をかけている」と自覚できるかどうかで、きっと次の行動が変わってくると思うのです。 

行動を単純に行動ととらえ、それについてどう思うかは、それぞれの自由であり、価値観です。

それを相手に伝えるかどうかは、また次のステップだと思うのです。

 

1、他者が、自分の思う行動をとる。

2、行動だけをシンプルに捉える。

3、それについて、私は自分の価値観の眼鏡で相手を見ていると自覚する。

4、自分がどう思っているかを、自分で把握して、いいと思っているのか、嫌だと思っているのかを分けてみる。

 

このステップを飛ばさずにできれば、つい非難がましく、その場の感情で責めることは避けられるのではないか、と期待したいです。

 

読んでくださって有難う。

それではまた明日。

おやすみなさい。

|

« 今日は息子の三者面談でした | トップページ | 相手に伝える時、相手の悩みを聞く時 »

コミュニケーション力」カテゴリの記事

コメント

白猫さんこんばんは☆

夫とも中学3年生の娘とも
何かとぶつかってしまう
最近の私

イライラするし
話し合っても
全然伝わらなくて
悲しくなってしまうし・・・

今日教えていただいたこと
やってみようと思います

だってきっと
ものすごく
色眼鏡かけている気がしました

結果はまたいつか
ご報告させてくださいね

投稿: まむ | 2009年11月 7日 (土) 21時47分

まむさん、こんにちは!
書き込み有難うございます。
 
私もいつもいつも仲良しという訳ではなく、喧嘩もしてしまいます。

でも、それが自然ですよね。
 
ただ、大事な時に、逃さないコミュニケーションが出来たらいいなと思っています。
 
また、良かったら書き込みお待ちしていますね。

まむさんの気持ちが伝わり、笑顔で過ごせますように。
心から願っています。

投稿: 白猫 | 2009年11月 8日 (日) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は息子の三者面談でした | トップページ | 相手に伝える時、相手の悩みを聞く時 »