« 今日は色々な気付きがありました。 | トップページ | みんなもっと自由でいい! »

周囲の人が自分の内面をあらわす!?

昨日、今日とセラピスト養成講座でした。

ここで学んだことを手初めに、また色々な場面で学びを深めていきたいと思っています。

 

今回は、講座で気の合う仲間と、授業後に語り合った時間がとても充実していました。

ある程度の年齢になり、色々な苦労を経験して、そこを乗り越えて(途中の方もいますが)出会い、心理学を好きで集まっている人たちの中で、また気があう仲間という関係なので、あっという間に距離が縮まり、まだ数回しか会ったことがないなんて信じられないほど、心を開いて語り合っています。 

 

この勢いでいくと、永遠に語り合えるのではないでしょうか。(笑)

 

その会話から気付いたことを、少しずつシェアさせてくださいね。 

 

まず、今日は、自分が抑圧したことを、周囲の人が持って現れるという現象です。 

 

例えば、私はあまり短気ではないのですが(もちろん、たまに怒りますが、平均よりは少ないと思っています)、仲間に、こう指摘されました。

「周囲に短気な人、怒りっぽい人が多くない?」

そういえば…。多い。

びっくりの指摘です。なぜそう思ったのか聞いてみました。

「白猫さんの抑圧している怒りを感じるから。今までに我慢していた怒りを、他の人が持ってそれを見せているんだよ。だから、その怒りを一度出さないと、周囲に短気な人が集まってくる可能性があるよ」

って。

本当に私的には、度肝を抜かれました。

職場はかなり短気な人が多く、「こういう感情的な人ってどうなんだろう…」と感じることが多かったのです。

私はそのたびに「なるべく冷静に生きたい。そういうお知らせなんだ。反面教師なんだ」と思っていたのです。

 

でも、その人がおっしゃるには、「あなたにも怒りがあるよということを、周囲の人が見せてくれているんだと思う。一度怒りを出せば、短気な人が消えていく(去る、もしくは、短気の回数が減る)」とのこと。

 

こういう考え方が今までなかったので、新たな発見です。

例えば、自立している人の周囲に、依存型の人が集まるとか、依存したい人の周囲は、自立している人が集まるとか、静かなことが好きなのに、周囲は騒々しい人が多いとか。

 

自分が苦手と思う人が寄ってくるのは、一つの考え方としては、反面教師、引き寄せ(苦手だから寄ってくる)ということもあるけれど、自分の中の抑圧したことを、見せるために寄ってくるのかもしれません。

 

つまり、自分の中の陰も陽もどちらも大事にしないとならないということなのだと思います。

短所や長所、明るい部分、暗い部分、どちらも大事な部分で、排除するとお知らせがやってくる。

新たな視点でびっくりでした! 

 

それでは今日はこのへんで。

読んでくださって有難う。

明日からの1週間が、みなさんにって良い1週間となりますように。 

 

おやすみなさい☆

|

« 今日は色々な気付きがありました。 | トップページ | みんなもっと自由でいい! »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は色々な気付きがありました。 | トップページ | みんなもっと自由でいい! »