« 人の言動に左右されないために | トップページ | 「ない」ことより「ある」ことをさがそう! »

人を励ますように、自分を励まして

人は、好きな人が落ち込んでいる時に、励ましますよね。

  

励ます時は、こんな言葉をかけませんか?

 

「あなたなら大丈夫」

「今は時期が悪いだけ。きっといつか努力が実るはず」

「簡単にあきらめないで。あなたなら出来る」

「地道にやっていれば、きっと誰かが見ているから」

「たまたま運が悪かっただけ。あなたが悪い訳じゃない」

などなど。

このメッセージには、

あなたが好き。

あなたに元気になってほしい。

あなたはダメなんかじゃない。

すごい力が眠っている。いつか必ずそれが花開く時が来る。

 

そう心から信じてあげたいと思うメッセージが込められていますよね。だから、一生懸命、励ますのだと思うのです。

(嫌いな人、どうでもいい人、自分の状況が悪い時はこんな風に励ませないと思いますが)

 

でも、自分についてはどうでしょう?

 

「どうせ私なんて」

「私は努力しても無理かもしれない」

「こんな年齢だし」

「代り映えのしない一生なんだろうな」

「私は幸せになれるのかな」

「そろそろあきらめよう」

「こんなに頑張っているのに、私って報われない」

 

疲れている時はそんな風に思ってしまいますよね。

一過性ならいいのです。

でも、いつもいつも、自分に、あきらめる理由を探したり、ダメな理由を探したりして、「ダメでいる自分」に安心していることはないでしょうか。

  

自分らしい自分になるためには、多少の傷は負うかもしれません。

でも、ダメな自分でいる間は、すでに傷を負っているので、自分をいたわりつつ、自分の傷に甘えて、自分を信頼していないように思えるのです。

また、悲しい時はどうでしょう。苦しい時、落ち込んでいる時はどうでしょう。

大好きな恋人(家族、子供、親友など)には、寄り添い、その苦しみを変わってあげたいと思い、一緒に泣いてあげたいと感じ、悲しんでいるその人を抱きしめたいと思う瞬間ってありませんか?

 

では自分が苦しんだり、悲しんだりしている時はどうでしょう。

 

「なぜ、こんなことで泣いているんだろう」

「私ばっかり、苦しんでいる気がする」

「苦しい、悲しい、辛い。もう嫌だ」

「ここから逃げ出したい。私自身じゃなくなりたい」

 

相当落ち込んだ時、こんな風に思うことって、ありませんか?

 

私は、嬉しい時も、悲しい時も、落ち込んでいる時も、自分を他人のように大事に扱ってあげてほしいと思うのです。

 

自分を一番近い親友として、まるで他人にするように、心から信頼し、ねぎらい、辛い時は理解してあげてほしいのです。

 

「こんなことがあったんだもの。辛かったよね。嫌だったよね」

「泣いて当然だよ。思いっきり泣いてしまおうよ」

「苦しいよね。そんなこと言われて、悔しいよね」

 

そんな風に、自分の泣き言を、ちゃんと受け止めて理解してあげてほしいのです。どうでもいいことだと、邪険にしないで、寄り添ってあげてほしいのです。

  

そして、その悲しみが落ち着いたら、思い切り励ましてあげてください。

他人にするように、大好きな人にするように、

 

「あなたなら大丈夫。私がずっとついているから!」

「安心して、甘えていいよ。私はあなたから離れないからね」

「あなたなら出来る。私が保証する!」

 

って。

きっと、自分自身が落ち着くはずです。

なぜなら、自分の自己も、客観性を求めているから。

 

客観的に自分を見て大事にしてほしい!

そんな悲鳴が自分から聞こえませんか?

そんな時は、自分を大好きな一番の他人として、いたわってあげてほしいのです。

 

つい自分だから後まわしになっちゃったり、自分だから分かってくれると思ったり、嬉しかったり悲しかったりすることに、自分だと思うからこそ、いちいちつきあってあげられないんだと思うのです。

 

大好きで嫌われたくない人なら、話を聞こうと思うでしょう?

そんな風に、自分と会話してみてくださいね!

 

私もつい、自分をおろそかにしちゃうこともあるのですが、ハッと気づいた時は、大事にしたいと思うのです。

そうでないと、いくら自分とはいえ、へそを曲げちゃうからね。(笑)

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

読んでくださって有難う♪

 

また明日。おやすみなさい。

 

|

« 人の言動に左右されないために | トップページ | 「ない」ことより「ある」ことをさがそう! »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

白猫さん
いつも 心が元気になるようなアドバイスをありがとうございます。以前に相談させていただいた事ですが ようやく気持ちの切り替えが無理なく出来そうです。ここまでくるのに かなりの時間を要しました。気持ちも 一歩前向きになれたかと思ったら 3歩後退したり しばらく動けなかったり… 本当にしんどかったです。でも 白猫さんのおかげで 自分を一番に考えよう 大事にしようと 心底思えるようになれました。今日から 新たにスタートの気持ちで がんばります。長くなってすみません。
白猫さん ありがとうございました。

投稿: なむ | 2009年10月18日 (日) 22時39分

なむさん、こんにちは!
書き込みしてくださって有難うございます。
 
なむさんが行ったり来たりする気持ち、とっても分かるのですよ。
私も深い問題に突き当たると、先に進んでは、やっぱりあの時ああしていたら、と後悔することも多々あるのです。
 
そして、気持ちを切り替えて前に進むけれど、やっぱり…と思って、ああ、こんなこと考えてもしょうがないと諦めたりの繰り返しです。
 
人の受け売りですが、行きつ戻りつしながら、それでも、最終的に1歩前に進んでいたなら、大成功だそうです!

 
なみさんがご自分を大事にするとおっしゃってくださって、私もとても嬉しいです☆
 
元気な時も、そうでない時も、そのままのなむさんでOKだと、私は思います。
 
また遊びに来てくださいね。いつも有難うございます♪

投稿: 白猫 | 2009年10月19日 (月) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人の言動に左右されないために | トップページ | 「ない」ことより「ある」ことをさがそう! »