« トリシア・カエタノさんのヒーリングセッションに参加しました | トップページ | 境界性人格障害 公開講座受講 »

神様に愛される人

みなさん、こんにちは!

 

今日は「神様に愛される人って、どんな人だろう」と、ふと想像して思いついたことがあるので書かせてくださいね!

 

神様に愛されるというと漠然としていますが、良いタイミングでチャンスが訪れる人、運がいい人などをそう表現しました。 

 

果報は寝て待てと言いますが、これはもちろん、「やるべきことをやって、後はのんびり構えて待とう」という意味ですよね。 

 

神様に愛される人は、そういう人だと私は思うのです。 

 

ただ、待っているだけではなく、行動を起こす人。

 

どうしてそう思ったかというと、私の知人の中に、夫との関係が悪くなり悩んでいる人がいます。

詳細は書けませんが、彼女は、原因を夫の中に探し、夫が変わることを待ち、夫が何かしてくれることを待っています。 

 

もちろん、自分自身は、苦しんでいるし、やるべきことはやっているので、何も悪くないというスタンスです。

そう思わないとやっていられないのだとは察しますが、これでご主人の気持ちがますます離れている所をみると、この方法は間違っているように思うのです。(彼女もそれは分かりつつ、やはり自分の気持ちを修正することは難しいのは無理はないかと思いますが) 

 

ここで言いたいのは、王子様が訪れるのを待っても、来ないだろうということです。

 

実は、恥ずかしながら、私も若いころは王子様が訪れるのを待っていました。(笑)

なので、相手から来ること、相手が変わること、幸せが自動的に訪れることを待っていた私なので、そう期待する気持ちは、とても分かるのです。

 

そして、待つということは大事だけど、その前に、何かしてみたか、ということがもっと大事だと思うのです。 

 

相手を理解しようとしてみたか。

叶えたいことについて、小さいことでもいいので行動してみたか。

悩んでいることについて、解決する方法を考えて、行動してみたか。

 

きっと、行動する人にこそ、神様は笑いかけるのだと思うのです。

 

世の中は自分中心で動いています。

それは自分が自分の人生の主人公だから。

 

そして、誰もが、自分中心で動いています。自己中心で生きている人たちが集まっているのが、地球です。

だから、相手の気持ちも理解しようとした上で、人は人、自分は自分と思わない限り、心の平安は訪れないと思う私なのです。

 

小さいことでも行動して、神様に愛されるようになりたいと思う私です。

共感してくださる方がいれば、とても光栄です。

 

読んでくださって有難う。

それではまた明日☆ おやすみなさい。

|

« トリシア・カエタノさんのヒーリングセッションに参加しました | トップページ | 境界性人格障害 公開講座受講 »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリシア・カエタノさんのヒーリングセッションに参加しました | トップページ | 境界性人格障害 公開講座受講 »