« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

境界性人格障害 公開講座受講

みなさん、こんばんは。

今日は、都立松沢病院精神科 林直樹先生の、「境界性人格障害」についての公開講座を受講してきました。

境界性人格障害は、他の呼び方としては、ボーダーライン、境界性パーソナリティ障害などの呼び方をするようです。

なぜ境界性と呼ぶかというと、統合失調症と正常との境界に位置するからだそうです。

 

実は以前から人格障害については興味があり、色々な本を読んでいました。(職場にさまざまな人格障害に当たる言動をされる方が複数いたため、接し方を知りたくて、色々な人格障害について勉強しました)

 

今日は人格障害の中でも比較的多いと言われる、ボーダーラインについて講義がありました。

 

前半は境界性がどのような病気かについて。後半は、治療について、家族のかかわり方についてでした。

 

どのような症状があるか、簡単にまとめると、

1、見捨てられ不安が非常に強い。後追い衝動が強い

2、他人に対して、過大評価と過小評価の両極端を揺れ動くため、相手への評価が不安定で激しく、対人関係がうまく成立しない

3、自己を傷つけるような行動がある

4、感情的に不安定

5、空虚感

6、激しい怒りがあり、制御できない

7、ストレスに関連した妄想

 

以上はあくまで簡単にまとめたものですが、この中のいくつかが当てはまるとボーダーラインの可能性があるそうです。詳しくは本などで調べてみてください。(私は専門家ではないので)

 

私がそうではないかと思う人に関しては、かなり感情の起伏が激しく、妄想があるため、人を疑い、また、人の気持ちを気にしすぎて、感情が高ぶり、仕事になりません。 

激しく怒るかと思うと、泣いて謝ったり。いったりきたりしてなかなか制御できないようです。

 

まだ社会に参加できる人は軽い方かもしれません。参加できない方も多くいらっしゃるようです。家庭内での暴力や、事件を起こすなどもあるそうです。 

 

家族は、見守りつつ、時に励ましたり、注意したり、支えることも大変なようです。 

林先生がお勧めされていたのは、「BPD家族会」に参加し、共有されることをお勧めしていました。

私の職場の同僚は、やはり、ある人に頼り相談し、絶賛していたかと思うと、相手が親身になって伝えたことで腹を立て、憎しみに燃え上がり押さえきれない怒りを表したりします。

かと思うと、いつも自分ばかりが損をしている、みんな自分だけに冷たいと泣き続けて、みんなが仕事にならないなど、負担がとても大きいのですが、家族ではないため、非常に接するのが難しいのが現実です。(本当のことを言えば、もっと大騒ぎになるため、言えないのです)

 

人の心や精神はとても複雑で、周囲の愛情と、医師との連携で、改善していくのだと分かりました。

 

簡単ですが、レポートです。

重い話ですみません。読んでくださって有難うございます。

 

それではまた明日。おやすみなさい。

 

| | コメント (0)

神様に愛される人

みなさん、こんにちは!

 

今日は「神様に愛される人って、どんな人だろう」と、ふと想像して思いついたことがあるので書かせてくださいね!

 

神様に愛されるというと漠然としていますが、良いタイミングでチャンスが訪れる人、運がいい人などをそう表現しました。 

 

果報は寝て待てと言いますが、これはもちろん、「やるべきことをやって、後はのんびり構えて待とう」という意味ですよね。 

 

神様に愛される人は、そういう人だと私は思うのです。 

 

ただ、待っているだけではなく、行動を起こす人。

 

どうしてそう思ったかというと、私の知人の中に、夫との関係が悪くなり悩んでいる人がいます。

詳細は書けませんが、彼女は、原因を夫の中に探し、夫が変わることを待ち、夫が何かしてくれることを待っています。 

 

もちろん、自分自身は、苦しんでいるし、やるべきことはやっているので、何も悪くないというスタンスです。

そう思わないとやっていられないのだとは察しますが、これでご主人の気持ちがますます離れている所をみると、この方法は間違っているように思うのです。(彼女もそれは分かりつつ、やはり自分の気持ちを修正することは難しいのは無理はないかと思いますが) 

 

ここで言いたいのは、王子様が訪れるのを待っても、来ないだろうということです。

 

実は、恥ずかしながら、私も若いころは王子様が訪れるのを待っていました。(笑)

なので、相手から来ること、相手が変わること、幸せが自動的に訪れることを待っていた私なので、そう期待する気持ちは、とても分かるのです。

 

そして、待つということは大事だけど、その前に、何かしてみたか、ということがもっと大事だと思うのです。 

 

相手を理解しようとしてみたか。

叶えたいことについて、小さいことでもいいので行動してみたか。

悩んでいることについて、解決する方法を考えて、行動してみたか。

 

きっと、行動する人にこそ、神様は笑いかけるのだと思うのです。

 

世の中は自分中心で動いています。

それは自分が自分の人生の主人公だから。

 

そして、誰もが、自分中心で動いています。自己中心で生きている人たちが集まっているのが、地球です。

だから、相手の気持ちも理解しようとした上で、人は人、自分は自分と思わない限り、心の平安は訪れないと思う私なのです。

 

小さいことでも行動して、神様に愛されるようになりたいと思う私です。

共感してくださる方がいれば、とても光栄です。

 

読んでくださって有難う。

それではまた明日☆ おやすみなさい。

| | コメント (0)

トリシア・カエタノさんのヒーリングセッションに参加しました

昨日は、トリシア・カエタノさんの、ヒーリング集団セッションに参加してきました。
 
 
トリシアさんはとても素敵なオーラのある、本当に癒される女性でした。
笑顔がチャーミングで、時に笑いも混じり、本当に気さくで優しく、温かな心の方で、一目でファンになってしまいました。
 
 
しかも、引き寄せたのか、たまたま行きのエレベーターで一緒になり、ごあいさつできたのも、とってもラッキーでした☆
友人と一緒に参加したのですが、友人いわく、「白猫ちゃんが引き寄せたのよ! 運がいい」と言ってもらえて、その言葉でまたラッキーを2度味わった感じです♪
 
 
ところで肝心のセッションですが、あくまで私の個人的な感想ですが、海外の方のセッションは私には合わないと思いました。
 
  
理由としては、私はあまり英語は得意ではないのですが、それでも、トリシアさんの英語がとても綺麗で丁寧なため、なんとなく理解できるのです。その後に日本語の通訳の方の言葉が繋がってくるため、脳がその2つを処理するのに精いっぱいになり、瞑想が途切れてしまう感覚でした。
 
 
そういう理由で、自分の中にゆっくり浸る時間が少なくなる感じがしました。
ちなみに今回の通訳の方は、とても上手で、違和感はありませんでした。念のため付けくわえさせていただきます。あくまで2ヶ国語がきついということだけなので。
 
 
英語がネイティブに理解できるのなら、通訳の入らない個人セッションなら得るものは多いと思いますが、私の場合、日本人の方のセッションやセミナーの方があっているようです。
 
 
それが分かっただけ、参加して良かったです。
でも、トリシアさんは、とても素敵な笑顔の方でした。
 
私もあのような、癒しとオーラのある女性になりたいと思いました☆
 
読んでくださって有難う!
 
 

| | コメント (0)

今日はグループセッションに参加しました

今日は退行催眠とインナーチャイルドの、グループセッションを夜、受講してきました。

先ほど帰ったばかりで、今日はまとめられないので、明日にでも感想をアップさせてくださいね!

 

ここしばらく、予定がギュウギュウです。

私がそれをきちんと消化できるのかなあ。と思いつつ、今はそういう時期だから、これだけ興味あることがやってくるのだと、ワクワクもしています。

 

今はたくさん吸収して、このブログでアウトプットさせてくださいね!

 

いつも読んでくださって有難う。

また、明日、ゆっくり書きます。おやすみなさい☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は息子の音楽祭でした。

みなさん、こんばんは!

 

今日は、息子の中学最後の音楽祭でした。

中学生も3年になると、皆、ものすごーく歌がうまくなり、クラスもまとまり、シッカリと立っている姿が、どの子もとても美しくて感動しました☆

男子もしっかり大きな声で歌っています。思春期ともなると、男子は恥ずかしくて歌わなくなるそうですが、息子の中学はそんなことはなくて、本当に心をこめて歌い、歌いながら、男子が何名も泣く姿がありました。

 

本当に素直に、純粋に、そしてたくましく成長していってます!

素敵な中学に縁があって良かったと感謝しています。(ここまで来るのに、本当に山あり谷ありでした)

 

1年生は、まだかわいらしく、自信なげに歌っているのですが、3年ともなると、最上級生との意識からか、堂々していて、人の成長って素晴らしいなあ! と感動した私です。 

 

さて、このところ、ゆっくり読書する余裕がないのが残念です。細切れ読書から解放されたいと思っているのですが、なかなか難しいですね~。

 

明日は、友人と退行催眠の集団ワークショップなるものを受けてきます。

こう書くとちょっと怪しい感じですが、ちゃんとした会社のものなので安心して行ってきますね。

 

個人セッションもしたことない私なので、集団での退行催眠とはどんな気づきがあるでしょうね!

楽しみです♪

 

みなさんにも感想をお伝えさせてくださいね!

 

それではまた明日。おやすみなさい。

| | コメント (0)

問題解決セラピスト養成講座 3、4回目受講レポート

今日は、週末に受けていた心理学セミナーのレポートを書かせてください。

現在も受講中ですが、9月からはじまった、矢野惣一先生の、問題解決セラピスト養成講座を受講中です。

 

10月24日、25日は、2ヶ月目で、解決志向ブリーフセラピーと、交流分析のエゴグラムを学んできました。

 

解決志向は私がとても好む感覚です。

なぜなら、私個人がもともと、問題を抱えて同じ状態でいることが、とても苦手なタイプだからです。

さっさと解決して、明るい気分に戻りたい、せっかちタイプです。

もちろん、そうなれない人の気持ちも、とっても理解できますし、どちらにもいい部分とそうであい部分があると思っています。(私が正しい訳ではないという意味です)

 

ちなみに、何か起きた時に、どうしたら問題が解決するか、ということをまず考えるのは、どちらかというと男性の方に多いそうです。

男性か女性かで区別するつもりはありませんが、どうしても性差というのはあると思うのです。

女性の特徴としては、悩んでいる時は、解決策よりも、その悲しい感情に浸り、その気持ちを分かってほしいと思うそうです。

誰かが理解してくれれば、前を向けるんですよね。

でも、なかなか周囲に、しっかり話を聞いて、理解してくれる人がいないと、辛いかもしれませんね。

そんな時は、私個人の考えですが、自分自身を大事にして、優しくしてあげてほしいなと思います。自分で自分を理解してあげてくださいね!

 

話は戻って、昨日習ったことでとてもよかったことがあるので、このブログで共有させてください。

 

ブリーフセラピーの中心哲学3つ

 

1、うまくいっていることは、変えずにそのまま続ける

2、一度やってうまくいったら、再びそれをせよ

3、うまくいかないのであれば、違うことをせよ。うまくいかない方法を続けるな。

 

4つの発想の前提

 

1、変化は絶えず起こっていて、必然である

2、小さな変化は大きな変化を生みだす

3、「解決」について知る方が、問題と原因を把握するより有用である

4、クライエントは、彼らの問題解決のためのリソース(資源・資質)を持っている。クライエントが、(彼らの)解決のエキスパート(専門家)である。

 

いかがでしょうか。

小さな変化が、大きな変化をもたらすというのは、すごく実感として分かります。最初はまず、小さな一歩ですよね。まず、小さな小さな行動が、その人自身を大きく変えることもきっとあると思います。

 

ところで私は、すごく奇妙なセレンディピティを経験しました。

 

土曜日に上のことを学んだ翌日の、日曜の早朝、「私は良いことを、はそのまま続けているだけなんです」という声にハッとしました。

 

テレビから流れているCMだったのですが、高齢の男性が、縄跳びの世界一記録を保持していて、それを保つ理由が、何十年もゴマを食べているおかげだと、おっしゃっていたのです。 

 

矢野先生がおっしゃるには、人は、悪いことが起きると、どうしてこうなったんだろうと考えるが、良いことが起きた時、もしくは、平常の状態(つまり平安なのでうまくいっているということ)に、それがなぜなのかを、考えない。 

 

一流のスポーツ選手は、うまくいっている時にこそ、それを考えているということでした。

すごい発見です。

 

私も、うまくいかなかった時にこそ学びはあると思っていましたが、平凡な日常から何かを探そうとはあまり思っていなかったかもしれません。

 

これからは、良いことの中から、良いことに至った原因探しをして、それを膨らませていきたいと思います。

 

エゴグラムも興味深かったので、本を読もうと思っています。興味深い発見があれば、また本のブログにアップさせてくださいね!

 

読んでくださって有難う☆

 

| | コメント (2)

低いハードルの目標を実行してみる

土日は心理学系のセミナーでした。

土曜日はセミナー後、懇親会。

日曜の今日は、親しくなった人たちとお茶をして、あっという間に夜になりました。

丸2日間、充実していました。(でも、今週はちょっと疲れました。明日からも忙しい1週間の予定です)

 

ところでセミナーは、聴講することから得られるものも大きいですが、それと同じくらい出会う人から得ることも大きいと思います。

 

正直なところ、見知った人、親しい人と話すのは気楽ですが、初対面の人と会話するのは多少緊張します。しかも、複数と初対面ですし。

セミナー後に疲れている時などは、パスしたいなあと思うことも、以前からありました。

 

でも、出席すると、出て良かったといつも思うのです。

なので、今は、セミナーと懇親会は、セットで考えることにしています。

 

ところで、最近、週に3日くらい、ウォーキングを数年ぶりに再開しました。これもまた、疲れている時などは、出かける前に「面倒だなあ」と思うこともあるのです。

でも、靴を履いて、数十歩歩く時には、「歩いて良かった!」と思えるのです。I-potを聞きながら、決まった時間になっても、「もうちょっと歩こうかなあ」と思う程、いい感じに気持ちが高まっていくのです。

 

成功本のジャンルで好きな佐藤富雄さんも、毎朝5時からのウォーキングは欠かさないそうですが、歩き始めるとセロトニンが出て、成功脳になっていくとか!

閃きを得るのに、歩くことは脳科学的にも欠かせないそうです。

 

本当は毎日歩きたい所ですが、何かと多忙なので、ハードルを厳しくせず、絶対に出来ると思える週3日を掲げて実行中です。

 

自分で課した課題は、守らなくちゃいけないって思うと苦しいけれど、やっぱり守れた方が、成功体験になるのでいいと思うのです。

 

なので、守れる課題を自分に課す、というのがお勧めです♪

 

明日は、週末のセミナーレポートを書かせてくださいね!

みなさんのお役に立てることが書けたらいいな☆

 

読んでくださって有難う。

おやすみなさい。

明日からの1週間、みなさんにとっても私にとっても、良い1週間となりますように。

| | コメント (0)

今日もセミナーでした

今日もセミナーでした
今日明日と心理学系セミナーです。先ほど懇親会から帰宅しました。
またゆっくりレポートは書かせてくださいね!
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜はセミナーでした!

今夜はセミナーでした!
すごく有意義なセミナーでした。
懇親会も楽しかったです。
詳しくはまた明日。駅でSuicaペンギンが可愛かったので♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガストで和食ランチ

091020_125058 職場の同僚とガストでランチしました。

 

ガストは、3品お好みで選ぶランチがあります。体に良いものを選んで食べれるので嬉しい☆

ご飯は13穀米です。

| | コメント (0)

自宅でスパイスティ☆

091019_100421                  ジークレフで買ったアッサムの紅茶と、マサラチャイミックススパイスを少量入れて、自宅でスパイスティを楽しんでます☆

 

作り方はとっても簡単です。

1、ミルクパンに少量のお湯を沸騰させたら一度火を消して、紅茶の葉を入れて、蓋をして数分置く。

2、アイスミルクティの場合は、このままグラスに濾して、氷を入れて、ミルクを入れて出来上がり。

3、ホットミルクティの場合は、1の次に、ミルクを注ぎ、沸騰する前に火からおろします。カップに濾して出来上がり。

4、スパイスは少量入れるのがポイント。このジークレフのスパイスはとっても美味しい上に、量が入っているので、かなり長く楽しめます。念のため冷蔵庫で保管しています。

 紅茶の葉が美味しいから、お店で飲むのと同じ味が、家庭でも再現できます。少しの手間で、とっても癒されます。

 紅茶大好き☆ (コーヒーも好きだけど)

 

| | コメント (0)

好きなことをすることは、自分を大事にすることにつながる

最近、読んだ本がとてもよかったのでご紹介させてくださいね!

「ソース あなたの人生の源はワクワクすることにある」という本です。

 

この本を読んで実感したのは、自分を大事にすることと、ワクワクすること(自分が好きだと思うことをする)ということは、繋がっているなあということなのです。

 

以前私は、自分が好きなことだけをしていたら、自分勝手になり、社会が崩壊するのではないか、と考えたことがありました。

 

でも、今は、それはないと思うのです。

 

私なりの理論ですが、

1、好きなことをするということは、無理がないので、心が穏やかになる。そうすると、一人だけで幸せであればいいという自分勝手な気持ちにはならず、自然と人の幸せも助けようという気持ちになる。

2、それぞれの好きなことは違うので、全ての人が同じ行動をとる訳ではない。なので、きちんと社会は成り立つだろうと思う。

 

 もちろん、今まで我慢して、「役割」をしていた場合、それを抜けようと思えば、周囲からの抵抗はあるかもしれませんね。(このあたりは別の話題として書かせてくださいね!)

 

 好きなことをすることが、自分を大事にすることと共通すると思ったのは、こういう理由があります。

1、まず、好きでもない仕事を一日することは、自分をいじめていることになるのではないか。

2、好きでもない場所に長く居続けるのは、自分を苦しめているのではないか。

3、いつも人に気を使って合わせているだけでは、自分を労わっていないのではないか。

4、思うことと言うことが違うのは、自分に正直ではない。自分を裏切っていることになる

5、人生は限られている。苦痛ばかりの人生から学ぶより、楽しいことから得ることを、人に分けていく方が有意義ではないか。

 5に補足すると、私は以前は、苦労から学ぶ方が大事で、楽しいことから学ぶことなどないと心から思ってました。

 だから、苦労も苦にならなかったのです。

 今は、違う考え方です。楽しいことのための苦労から学ぶことはあるけれど、嫌々やっていることからの苦労から学ぶことは、あまりないということ。 それよりも、自分がやりたくてやっていることを遂行すること、そこから得たことを人に分かち合って喜びあえる方が、心が穏やかで幸せだなあ、と心底思えるのです。

 

 好きなことというのは、理屈じゃなくて、本心からやりたいと思ことですよね。

 自分を解放し、好きなことをひとつでもはじめてみれば、いかに今まで、自分を大事にしていなかったか、自分と向き合ってあげていなかったかに気付くと思うのです。(私はそうでした)

 

 多くの人は優しいので、自分より家族や周囲の人を優先して、自分は二の次という人も多いと思うのです。

 それで成り立つ関係もありますが、それでは誰の人生か分かりませんよね。また、我慢の上になりたつ関係が、本当にいつまでも気持ちよく続けていけるでしょうか?(家庭や職場において、自分を優先しないことを我慢していないならいいのですよ! あくまで、無理していたらの話です)

 そういう意味で、自分に正直になることも、自分を大事にすることと一致すると思うのです。

 

 人に嘘はつかない。誠実でありたい。人に対して正直でありたい。

 こんな風に思っていたとしても、あえて自分自身に正直でありたいときちんと考えている人って、意外と少ないのではないでしょうか。

 やっぱり先に自分ありきだと思う私なのです。

  

 紹介した「ソース」という本は、とにかく、生活、人生全てをワクワクで埋め尽くそう(笑)という感じなのですが、いきなりそこまで飛躍せずとも、少しずつでもいいと思うのです。

 

 もし、ぴんとこなければ、自分が何をしたら楽しいか、何をしたら嬉しいか、を小さなことでもいいので、ノートに書いてみて欲しいなと思います。

 そして、小さなことから実行してみてください!(いきなり大きなことからでもいいですが、性格によるので、そこはご自由にね)

 

 小さな喜びが、次の喜びを生んでいくことを実感されることを願っています♪

 笑顔が笑顔を呼ぶように、自分の喜びが、もっと大きな喜びになり、しいては周囲が一緒に喜んでくれたら素敵ですよね。簡単ではないかもしれませんが。

 

 でも、私が信じているのは、自分の喜びは、決して人を犠牲にすることではなく、周囲も一緒に喜び、周囲の人自身も、その人らしい喜びを見出そうという連鎖を起こしていくと思うのです。 

 だから、遠慮せず、自由に解放していってほしいと願っています!

 読んでくださって有難うございます。

 

| | コメント (0)

高円寺散策 続きの続き

さて、次は、私の好きな雑貨屋さん、「オレンジテラ」です。

店頭は、ハロウィン花盛り。どれも安くて可愛いので、お客さんもたくさんきていました。  091018_132137_5

画像は高校時代からの親友のKちゃん。

ハロウィン眼鏡をかけたら似合っていたので、パチリ☆

彼女の了解を得て、アップしました。

 

実は!お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、私のブログで人物画像を出したのは初めてです♪

 

記念の一枚目は、Kちゃんになりましたね。有難う~。

 この後、電車で中野へ。ブロードウェイやサンモールを散策した後、あおい書店に入ると、甘い香りがするではありませんか。

 「クロシェットカフェ」の、甘い匂いに誘われて、またもやお茶&デザート。

 私は画像のマロンパフェを食べてしまいました。

パフェの中のパフェといった感想。とっても美味でした~。

生クリームも栗のアイスも美味しく、大満足♪ 合格です。(何の合格でしょう!? 笑)

 

 数時間で、どのくらい食べているのでしょう。怖い…。

 でも、お茶しながら話す楽しみって、女性特有の喜びのような気がしませんか?

 女性に生まれて良かった~! といつも思う瞬間なのです☆

 

 ちなみに家の息子は、中3だけど、とても素直でおしゃべり。

でもね! 喫茶店で長々とおしゃべりするのは、飽きちゃってNO。ランチに行っても、食べたら出るという感じ。

 おしゃべりは、歩きながらでも、家でも出来る。時間がもったいない、という感じ。まあ、いつか彼女とデートするようになったら、そういう時間も楽しめるようになるのかな? (想像するとちょっと淋しいような、こそばゆいような 笑)

 こんな感じで、高円寺~中野散策は終わりました。

  

 楽しい休日は笑顔で終了です。今日からまた新しい1週間が始まりましたね。

 みなさんもよい1週間にしてくださいね♪

 

 

 091018_162714

 

| | コメント (0)

高円寺散策の続き

091018_140023 さて、昨日の高円寺散策の続きを書きますね!

 ランチ&散策&ティーの後、洋服屋さんをのぞいてみました。

 こんな可愛い不思議ちゃんウサギの人形があったので、中に入ってみました☆

 「高円寺 Funny Bunny」

 店内は、ファンシーな雰囲気で、私が20歳だったら、間違いなく即買いだったろうと思われる、可愛いカジュアル洋服屋さんでした♪

 そして、一目ぼれした、白のフワフワなジャンパーを購入してしまいました☆

一緒にいたKちゃんが似合うと保証してくれたので、ついつい。(笑)

 

 画像の中に「高円寺直売所」とありますが、ここは今年オープンしたお豆腐屋さんでした。

 「三代目 茂蔵」  

 どのお豆腐も美味しそうなのに安いのです。荷物になるというのに、マツタケ入り豆腐、冷ややっこ用の豆腐、揚げだし豆腐などを購入。

 食べてみたら、美味しかったです♪ また行かなくっちゃ。

 続きます。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

高円寺「ジークレフ Gclef」でお茶

091018_141929 さて、「花鳥風月」でランチをした後、散策後、高円寺「ジークレフ Gclef」でお茶しました。

 

紅茶専門店なので、とても紅茶が美味しいのです。

 

画像は友人のKちゃんが飲んだ、「栗のミルクティ」季節限定です。

一口いただきましたが、やわらかで優しい栗の味のするミルクティでした。小さな栗も中に入っていたようです。

帰りに紅茶の葉を買って帰りました♪

 

ポイントがすぐに貯まるので、嬉しいです。(お店によっては、なかなかポイントがたまらなくて、おまけに期限が切れてしまうポイントカードってありますよね!) 

 

こちらのお店は、無期限の上に、ポイントがすぐに貯まるので本当に嬉しいです。

| | コメント (2)

高円寺 「花鳥風月」

091018_123555 今日は親友のKちゃんと、高円寺で遊びました♪

 

なんと楽しい一日だったでしょう。彼女と遊ぶと、高校時代からお互い変わらなくて、キャッキャキャッキャと周囲が振り向くほど、盛り上がってしまいます☆

 

高円寺散策記、まずはランチを食べたお店「花鳥風月」の紹介です。

 

アパートの1室を改装した、レトロで落ち着く店内の雰囲気です。

  

ランチコースは3つあり、Aコース ガーリックパン(オリーブつき)+パスタ+飲み物。Bコース デザートつき Cコース 生ビールもしくは赤ワイン

です。

 

画像は、今日のパスタ、キャベツのペペロンチーノでした。ペペロンチーノにしてはめずらしく、チーズが混じっていて美味しい☆

 

雰囲気も穏やかで、好きなお店になりました。また訪れたいです。

| | コメント (0)

西荻窪 「あしかホテル喫茶室」のランチ

091009_124655 西荻窪にある「あしかホテル喫茶室」にランチを食べに行ってきました♪

 私が食べたのは、手前の画像、「アフリカシチュー」です。

 

 うんうん。美味です。

ちょっぴり辛いスパイスを入れると、すごくおいしい。

 なんとなく、優しい味がするのです。

 

 そして、ドアに金色のあしかがついていたり、店内の雰囲気が穏やかだったりして、とても気に入りました。

 

 一人でもはいれるお店だと思います。

 難を言えば、西荻窪の駅から10分は歩くことでしょうか。歩くのが好きな方なら、ぜひ、行ってみてくださいね!

 私はまた行こうと思っています。

| | コメント (0)

「ない」ことより「ある」ことをさがそう!

職場の同僚の相談に乗っていた時に気付いたのですが、問題が起こった時の考え方の癖で、何人かに共通するものに気付きました。

 

それは、「出来ない」ことを探す癖です。

 

「でも、こうだから出来ない」

「私には無理」

「あの人はきっと聞いてくれない」

「きっと、こう言うと思う」

  

など、問題を解決しようとするより、「ない」ことを探そうとしているように感じたのです。(一人ではなく複数から)

 

確かに、「できない」ことはたくさんあるけれど、「できる」ことも、多少はあると思うのです。

 

解決方法には穴があって、小さな穴でも、道は探せばある場合が多いのです。

もしくは、色々と組み合わせてみたり、一度形になったものを壊してみたり。

時間をおくというのも一つでしょうし。

 

それこそ、一人で思いつくアイディアは少ないけれど、何人かで話し合えたら、色々とアイディアも出るかもしれません。

 

そんな時、「ない」ことを探すのではなく、「出来る」こと「ある」こと、を探してみてください!

 

物事には色々な側面があって、ないものを探すより、あるものを探す方が、とても有意義だと思うのです。(ちなみに、この場合、新しい製品開発で、あえてないものを探すなどの場合は別ですが)

 

探すのが上手になるころには、きっと、「ない」ことを探す癖を忘れていると思いますよ!

 

ところで今日は、職場の同僚と夜、食事をしてきました。

色々と有意義なことを聞くことが出来て、良かったです!

 

それではまた明日☆

良い週末をお過ごしくださいね♪

おやすみなさい。

| | コメント (0)

人を励ますように、自分を励まして

人は、好きな人が落ち込んでいる時に、励ましますよね。

  

励ます時は、こんな言葉をかけませんか?

 

「あなたなら大丈夫」

「今は時期が悪いだけ。きっといつか努力が実るはず」

「簡単にあきらめないで。あなたなら出来る」

「地道にやっていれば、きっと誰かが見ているから」

「たまたま運が悪かっただけ。あなたが悪い訳じゃない」

などなど。

このメッセージには、

あなたが好き。

あなたに元気になってほしい。

あなたはダメなんかじゃない。

すごい力が眠っている。いつか必ずそれが花開く時が来る。

 

そう心から信じてあげたいと思うメッセージが込められていますよね。だから、一生懸命、励ますのだと思うのです。

(嫌いな人、どうでもいい人、自分の状況が悪い時はこんな風に励ませないと思いますが)

 

でも、自分についてはどうでしょう?

 

「どうせ私なんて」

「私は努力しても無理かもしれない」

「こんな年齢だし」

「代り映えのしない一生なんだろうな」

「私は幸せになれるのかな」

「そろそろあきらめよう」

「こんなに頑張っているのに、私って報われない」

 

疲れている時はそんな風に思ってしまいますよね。

一過性ならいいのです。

でも、いつもいつも、自分に、あきらめる理由を探したり、ダメな理由を探したりして、「ダメでいる自分」に安心していることはないでしょうか。

  

自分らしい自分になるためには、多少の傷は負うかもしれません。

でも、ダメな自分でいる間は、すでに傷を負っているので、自分をいたわりつつ、自分の傷に甘えて、自分を信頼していないように思えるのです。

また、悲しい時はどうでしょう。苦しい時、落ち込んでいる時はどうでしょう。

大好きな恋人(家族、子供、親友など)には、寄り添い、その苦しみを変わってあげたいと思い、一緒に泣いてあげたいと感じ、悲しんでいるその人を抱きしめたいと思う瞬間ってありませんか?

 

では自分が苦しんだり、悲しんだりしている時はどうでしょう。

 

「なぜ、こんなことで泣いているんだろう」

「私ばっかり、苦しんでいる気がする」

「苦しい、悲しい、辛い。もう嫌だ」

「ここから逃げ出したい。私自身じゃなくなりたい」

 

相当落ち込んだ時、こんな風に思うことって、ありませんか?

 

私は、嬉しい時も、悲しい時も、落ち込んでいる時も、自分を他人のように大事に扱ってあげてほしいと思うのです。

 

自分を一番近い親友として、まるで他人にするように、心から信頼し、ねぎらい、辛い時は理解してあげてほしいのです。

 

「こんなことがあったんだもの。辛かったよね。嫌だったよね」

「泣いて当然だよ。思いっきり泣いてしまおうよ」

「苦しいよね。そんなこと言われて、悔しいよね」

 

そんな風に、自分の泣き言を、ちゃんと受け止めて理解してあげてほしいのです。どうでもいいことだと、邪険にしないで、寄り添ってあげてほしいのです。

  

そして、その悲しみが落ち着いたら、思い切り励ましてあげてください。

他人にするように、大好きな人にするように、

 

「あなたなら大丈夫。私がずっとついているから!」

「安心して、甘えていいよ。私はあなたから離れないからね」

「あなたなら出来る。私が保証する!」

 

って。

きっと、自分自身が落ち着くはずです。

なぜなら、自分の自己も、客観性を求めているから。

 

客観的に自分を見て大事にしてほしい!

そんな悲鳴が自分から聞こえませんか?

そんな時は、自分を大好きな一番の他人として、いたわってあげてほしいのです。

 

つい自分だから後まわしになっちゃったり、自分だから分かってくれると思ったり、嬉しかったり悲しかったりすることに、自分だと思うからこそ、いちいちつきあってあげられないんだと思うのです。

 

大好きで嫌われたくない人なら、話を聞こうと思うでしょう?

そんな風に、自分と会話してみてくださいね!

 

私もつい、自分をおろそかにしちゃうこともあるのですが、ハッと気づいた時は、大事にしたいと思うのです。

そうでないと、いくら自分とはいえ、へそを曲げちゃうからね。(笑)

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

読んでくださって有難う♪

 

また明日。おやすみなさい。

 

| | コメント (2)

人の言動に左右されないために

誰でも人の評価って、気になると思うのです。

人からの良い評価を得たいし、良く思ってもらいたいし、好かれたいし、嫌なことは指摘されたくないですよね。

 

ついでに、あれこれ指示もされたくないし、不必要な命令もされたくないし、当然ですが、非難もされたくないし、誤解して悪くとらえたくもない。

 

ただ、残念なことに、それを完全に防ぐことは不可能だと思います。

なぜなら、何を言うかを決めるのは、言う人自身なので、止められないこともあるからです。

 

難しいかもしれませんが、私がしている、人の言動に左右されなくなる方法を書かせてくださいね。

 

1、アドバイスや助言を、余計なお世話だと感じた時

 

 良く、親戚の人にこういうことを言う人はいませんか?

 

 「まだ結婚しないの?」「そろそろ子供は?」「子供は一人っ子じゃ可愛そうよ」

 と、これは一番大きなお世話バージョンですね。

 実は、自分に対して、一番、強烈な批判や、非難、助言をするのは、実は、身近な人だそうです。

 

例えば、親、友人、親戚など、親身になっている人こそ、厳しいことを言ったり、言われたくない指摘をするそうです。

 

遠慮がないからともいえますが、身近なので言いたくなるというのもあるし、自分が分かる道を歩いてくれると安心、ということもあるでしょう。

 

 例えば、昔の時代なら、ひとつの会社に就職したら、一生そこに勤めるのが安心だったけれど、今は、外資系を渡り歩いて、最後は独立という女性もいてすごいなあと、私などは心から憧れますし、そう思うのです。

 

現実には、その途中の場面で、危険だと止める親もいるのではないでしょうか。

 

また、友人でも、「世の中そんなに甘くないわよ」「今、こんなご時世なんだから、良く考えた方がいいと思う」

と、ありがたいことを言ってくれる人もいると思うのです。

 

そこから得ることがあるなら、それを吸収するのも一つ。

でも、よーく分かっているけれど、今はそういう言葉を聞きたい訳じゃない時は、私は以下のこと思って線を引くことにしています。(口にはせず、思うだけですけれど!)

 

「でも、実際に、私の人生を生きてくれる訳じゃないよね?」

 

 つまり、私の変わりに人生を生きてくれる訳でもなく、働いてくれる訳でもなく、子供を産んで育ててくれる訳でもなく、家事をしてくれる訳でもなく、上司の相手をしてくれる訳でもなく、仕事を一日こなしてくれるわけでもない。

一生生きれるお金をくれる訳でもないし、生きがいや夢をかなえてくれる訳でもない。

 

 もちろん、言ってくれることは、本当にその通りのことだと思うのですが、生きるのは、私自身です。

 だから、いくら言ってもらったとしても、「でも、変わりに生きてくれないよね?」と思って、流すことにしています。(口にはせず思うだけ!)

 あえて口にして逆らわないのは、不遜ですが、聞くのも、孝行なのかなと思うからです。

 

 また、本心から心配してくれる友人に関しては、こんな風に思わないです。心から感謝すると思います。

 ただ、自分の価値観で「それってどうなの?」と言う友人程度なら、ことを荒立てたくないので、聞き流してしまいます。それ以上の対応をする必要はないと思うんですよ。相手は、自分が正しいと思って言いたいだけなので、言わせてあげればいいのです! 

 

2、いわれない非難や批判、悪口を言われた(言われた気がする。言っていたと人伝に耳にした)

 

 これは正直、非常に、嫌な思いをすると思います。

 さて、私ならどうするか。

 

 まず、2種類に分けます。

 

 言っている人が、私が信頼する人か、しない人か。もしくは、好きな人か、そうではない人か。

 そして、言われていることが、自分にとって、落ち度があったかないか。(反省する点はあるかないか)

 

 もし、自分に非はないと思った上で、信頼する人、好きな人から言われたなら、非常にショックでしょう。

 私に非があったのかもしれないので、考えたり、反省したり、相手にきちんと事情を聞いて、私の「言い訳」も聞いてもらいたいです。冷静にね!

 

 でも、思い当たる節もなく、相手が大事な人ではない場合。

 冷たいようですが、その人の非難は私の人生にとって、不必要なことだと思うのです。

 申し訳ないですが、心の中のごみ箱行きです!

 

 なぜなら、大事なのは私であって、その人ではない。

その人のために、大事な私がやられっぱなしでは、可愛そうだからです。

 

とはいえ、不愉快な気持ちは残りますよね。

それは、仲の良い友人に聞いてもらったり、なんらかの形で、発散します!

 

 私がお勧めしたいのは、落ち込むよりは、怒りに持っていった方が、立ち直りは早いと思うのです。

 落ち込むのは、心が優しいから。でも、自分ばかり責めてしまったら、自分が可愛そうだし、助けられるのは、自分しかないでしょう。

 

 なので、そこは怒りに変えて、一人の家で椅子を蹴飛ばすなり(笑)、紙を破くなり、何人かに分けて聞いてもらうなり、そこで同意が得られないストレスがあるなら、以下の方法もお勧めです。

 

 「私は、あなたにこういうことを言われました。でも、真実はこうです。

言っても分かってもらえないので残念ですが、私は、自分を信じているので、あなたが分かってくれなくてもいいと思えるようになりました。

 私は、私が信頼する人に信頼してもらえれば構いません。なので、あなたの言った言葉には、もう左右されません。

有難い言葉は、あなたにお返しします。さようなら!」

 

 と言ってその紙をびりびりに破いてしまうか、紙飛行機にして飛ばすか(家の中でね!)、台所の水のある所で燃やしてしまうのです。

  

 実は、心理学的にも根拠がある行動なんですよ。

もし良かったら、試してみてくださいね!

 

 本当はね。

誰もが自分の評価を、人に映して考えてみたい生き物だと思うのです。

 

人に好かれたら、自分はいい人間。

ぞんざいに扱われたら、自分はどうでもいい人間。

 

そんな風に感じるのは当然ですよね。

 

なので、私は出来るだけ、自己完結する人間 (自分の人生の主人公である責任を負う人間) になりたいなと思ってますし、お勧めしたいのです。

どういうことかというと。

 

自分で自分の道を決めて行動すること。そして、その結果を自分で責任をとること。

付き合う人も、考えていることも、自分で選ぶこと。

そして、何か言われたとしたら、それは私が取り入れて、「自分で決める」こと。

 

 どうして自分で決めるかというとね。

 例えば、自分が野球のピッチャーだとしますよね。味方の応援や、味方の観客から、応援の言葉が届けば嬉しいし、「そんなボールで相手が倒せるのか!」「しっかりしろ! 寝てんのか~!」と言われれば、頑張らなくちゃと思いますよね。

 叱咤激励も、愛情です。

 

 でも、敵チームから、「お前なんて、そのチームのお荷物だ!」と言われ、「お前みたいな人間、良くピッチャーになれたな。笑っちゃうよ」と言われ、「お前のチームの人間が、お前なんていらないと言っていたぞ。知らないのはお前だけだな」と笑われたとしますよね。

 それをまともに受けて、良いボールが投げられるでしょうか?

 つまり、そこで、受け入れる声はどれかを線引きしないと、自分の人生のマウンドで、自分がピッチャーとしてボールが投げられないと思うのです。

 

 そこで自分がシャンとして、「そのヤジは、僕には不必要だよ」と心から言いきれた時、なぜか、そのヤジは飛ばなくなっていくのです。

 本当に本当に不思議だけど。

  

 私が実際、経験したことですが、今の職場は、人生で一番、過酷な職場でした。ここでは詳しく語れませんが、多分、客観的に見ても、過酷だったと私は思えます。(私以上に過酷な人もたくさんいることは承知の上で)

 

 最初は、大変なブーイングやら、非難やらがありましたが、半年間、私は自分で線引きをして、やり過ごしました。

 本当に空気が変わっていきました。

 実感として、正しいことを、自分を信じてやればいいのだなと思えたのです。

 まず、自分の飛ばしたヤジが相手に影響を与えなければ、面白くないでしょう。そこで、言うのをやめる人もいれば、もっと過激になる人もいます。

 でも、そういう人は、必ず自滅していくので、ただ、見ているだけで大丈夫でした。

 

 敵が味方の顔をして近づくこともあれば、本当に味方になる人もいるし、逆にどちらにもいい顔をする人もいるけれど、だんだんと時間とともに、表面的でも、味方と思える人しか、いなくなっていきました。

  

 それは、自然淘汰されていったことと、私が自分の道を歩いたことで、私に言える人がいなくなっていったと思うのです。

 私のことだと、イメージが湧かないと思うので、またたとえで言いますね。

 

 新人の女優だと、先輩からいじめられることもあるでしょう。温かい励ましもあると思いますが、明らかないじめもあると思うのです。 

 でも、それに左右されず、芯を持って、女優として地道に仕事をしていれば、たとえ表面的であっても、ほぼ、あからさまなことは言われなくなっていくと思うのです。影では分かりませんが。

 でも、表面だけでもいいではないですか。とりあえず、親しい人が何人か存在すれば、後は、表面だけでいいと私は思うのですよ。

 そして、あくまで表面的には、言われなくなっていくし、味方も確実に増えていきますよね。

 

 例えばね。デビュー仕立ての鈴木京香さんをいじめる人はいたかもしれないけれど、今の鈴木京香を、あからさまに非難していじめる人は、少ないと思いませんか? 

 なかなか出来にくいですよね。

 

 樹希きりんさんのような実力派さんに、正面切って、「あなたは正当派美人じゃないから、女優は無理」なんて言える人はいるでしょうか。 

 彼女のような人は、本当に素敵な魅力があると思いますし、女優らしい女優さんだけど、言おうと思えば、そんな非難もできる。

 

 もしかしたら、言われたこともあるかもしれませんよね。でも、それを気にせず(気にしても、除外して)、ただただ、地道に活動していって、今、言われないオーラがあると思うのです。

 そうするには、自分の人生を自分が主人公だと、腹をくくらないと難しいかもしれません。

 

 何より、自分を大事にしてほしいです。

 言われた言葉から、自分の心をかばってあげてほしい。優しい人ほど、自己反省するより、その言葉を撥ね退けてほしいと、願っています。

 

 難しいかもしれないけれど。分かっているけれど。

私の願いです。

 書いていて、すっかり長くなってしまいました。

長文を読んでくださった方、有難うございます。

 それではまた明日☆ おやすみなさい。

| | コメント (2)

ちょっと小休止

みなさん、こんばんは!

 

最近、忙しい中、遊びすぎて、昨日はダウンしてしまいました。(恥)

滅多に体調を崩さない元気な私ですが、さすがに疲れがたまっていたみたいです。

 

でも1日で元気になりました。

良かった~。

 

普段元気だと、体調が崩れただけで、すっかり落ち込んじゃうんですよね。そして、健康のありがたみに気付きます。

 

ところで、子供の学校が2期制なので、今日まで秋休みでした。

秋休み、なんだそれ~? と思われる方もいらっしゃるでしょうか。

公立学校は、2期制が増えているようです。したがって、短い秋休みもあるのですよ!

 

最後に、コメントくださった方、有難うございます。嬉しかったです。

また、明日、お返事させてくださいね♪

おやすみなさい☆

| | コメント (0)

伊東駅前のお饅頭屋さん

伊東駅前のお饅頭屋さん
おっぺけ屋というお饅頭屋さんの店頭の顔が可愛い♪
試食で食べた胡麻饅頭が美味しかったので、買ってしまいました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空と雲

青空と雲
静岡の青空は澄んでいて綺麗です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪カエル

♪カエル
ホテルのショップで売っていた可愛いカエルをパチリ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東のマリンポート

伊東のマリンポート
いい雰囲気です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東マリンタウンに来てます♪

伊東マリンタウンに来てます♪
ここでランチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東に来てます☆

伊東に来てます☆
秋の連休に伊東温泉に来てます♪
海が綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダッフィーのハロウィンの限定お皿

ダッフィーのハロウィンの限定お皿
先日TDSに行った時、ハンバーガーショップで購入しました☆
デザートがのってます。カップもありましたよ!

ハロウィンバージョンなので、今だけ限定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢、目標のリストを書く

みなさん、こんばんは!

東京は毎日雨で、肌寒く、ちょっと憂鬱な雰囲気ですが、そこをぐっと持ち上げて(笑)、元気な私です。

 

少し遅れてのご報告ですが、4日の日曜は、自己実現の講座を受講してきました。

自分の夢のリストを作ったりして、とても楽しかったです。

 

書く前に約束があって、

「たくさん書く。

 実現するかしないかを考えない。

 したいことを全て書く」

でした。

 

実際に書きながら、ワクワクしてきました♪

 

出来る、出来ない、叶う、叶わないは、人間の知識や常識が考えることですよね。

 

小さい子供は、そういう枠がなく、自由に成長してきます。

でも、大人は頭にある常識が邪魔をして

「そんなこと無理に決まっているし」

「常識で考えても、不可能だし」

と、自分で制限を決めてしまいがちですが、それって本当にもったいないな、と改めて思いました。

実際に書くことで、まさかの成果を出してきた人はたくさんいます。

その人と自分は才能が違う、と思うかもしれません。

それは本当かもしれないし、自分の思い込みかもしれません。

それはそれとして。

夢を書くだけで、気持ちが明るくなってきます。

少なくてもそれだけで十分、楽しめるので、書く価値はあると思いますよ!

 

みなさんも、夢のリストを、書いてみてくださいね!

誰にも見せずに、自分だけなら、ビックリするようなことを書いても大丈夫でしょう? ね!

それではまた明日。

おやすみなさい。

| | コメント (2)

モチベーションをあげる方法

みなさんはモチベーションが下がったり、上がったり、日常で経験していらっしゃいますよね。 

 

どういう時に下がり、どういう時に上がるでしょう。

 

私なりに分析してみました。

 

まず、下がる時。

これは、体調や、マンネリ、嫌なことがあったなども影響しますが、実は、重要なことですが、やっていることが、本当は好きなことではない、という根本的な理由もあると思うのです。

 

義務や責任、しょうがなくてやっていることは、どうしてもモチベーションを保つのは難しいと私は実感しています。

 

さて、あげるにはどの方法がいいでしょうね?

 

私は、やっぱり人に「認められること」だと思います。

自分で自分を分かってあげればいい、とはいいつつも、やっぱり他者評価は必要です。

 

褒められたり、評価されることも、悪いことではなく、モチベーションアップにかかせない要因だと思うのです。

 

なので、私は、人のことで「いいな、素敵だな、良かった」と思う時は、なるべく、口にするようにしています。

 

ちょっと勇気が必要な場面もありますが、

「すごく良かったです」

「また来ます」

「助かりました」

「美味しかったです」

「楽しかったです」

「次もあなたに担当してもらいたいな」

 

などなど。

嘘ではなく本当に感じたと思う良かったことを、なるべく、本人に伝えたいと思う私なのです。

 

それはほぼ間違いなく、その人のモチベーションアップには、多少なりとも役立ちますし、また、私も良いことをしたという嬉しい気持ちが、元気につながるからです

 

読んでくださって有難う!

また明日☆

| | コメント (0)

チョコパイ ハロウィンバージョン

チョコパイ ハロウィンバージョン
チョコパイ
ハロウィンバージョンです
可愛い☆
今だけですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子の誕生会

息子の誕生会
息子の15才の誕生会を家族で開きました☆

息子は外食も好きですが、家はゆっくり出来るとの希望で、家で誕生会です。

メニューは簡単ですが、ステーキ、お寿司、モッツァレラ&トマト、フライドポテト、画像にはありませんがホールケーキなどです。

息子が今日まで元気に成長してくれたことに感謝です。

聞いてくださって有り難う。

明日は朝早くから夜までセミナーです。その話はまた明日!
おやすみなさい☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトクリーム人形

ソフトクリーム人形
イクスピアリのフードマーケットで見つけました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ディズニーシーでハロウィン

東京ディズニーシーでハロウィン
都民の日で息子が学校が休みだったので、私も休みをとって東京ディズニーシーに行って来ました☆
ハロウィンの飾りで楽しかったです♪
都民の日は非常に混みます。来年はやめておきます(汗)

個人的にはブロードウェイビッグバンドが素敵でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »