« ピンチをチャンスにかえる☆ 本田健さん講演会レポート | トップページ | 夢に向かっての実践方法 »

夢に執着しないで叶える方法

「夢に執着しないで叶える方」については、数々の成功者がおっしゃっていることですが、私なりの解釈で、書かせてくださいね!

 
 愛と執着は違う、と言われますが、夢であっても、そこに執着や、絶対に人に認めてもらわなくてはいけない、など、「ねばならない」が入ると、窮屈になっていくイメージってないでしょうか。

 
 本当はすごく好きすぎない方が恋愛がうまくいくのと同じで、夢や目標についても、同じような気がします。

 
 誰かに愛されたとイメージしてください。
 大きな存在の中で、くるまれるような感じで、自由を確保され愛されていたなら、安心感もあり、喜びもあると思うのです。
 
 でも、「こうして欲しい」「ああなって欲しい」「服や考え方はこれがいい」「僕の好みに変わらなかったらだめ」「来年の5月にハワイで結婚式をあげましょう」と指示され、結果を期待されたらどうでしょう?
 
 何となく逃げ出したくなりませんか?
というより、これが本当に愛されているということでしょうか。
  
 相手の自己満足を押し付けられているだけですよね。
つまり、自分を大事にしてもらっていない。尊重してもらっていないと感じませんか?
 
 
 夢ももしかしたら同じでは、と思ったのです。
 
  
 大きな夢には、自由を与えてあげましょう!
 
 そう、小さい頃、風船に夢を書いて飛ばした感覚です。
忘れた頃に、きっと叶っているはず。
 
 そして、大きな目標や夢ほど、軌道修正していくかもしれません。アメリカに行ってほしかったのに、インドに行ってしまったり。(笑)
 
 でも、それは自分の人生の流れと共に、行き先を自由にしてあげてもいいのかなと感じるのです。
 
 
 愛も恋も夢も、すべて同じだと感じます。 
 
 こちらの思いを伝えたら、相手に決断は任せて、信じてあげるのが成就のポイントだ! とひらめいた私です。
 
 共感してくださる方がいらっしゃったら嬉しいです。
 読んでくださって有り難う☆

 

|

« ピンチをチャンスにかえる☆ 本田健さん講演会レポート | トップページ | 夢に向かっての実践方法 »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンチをチャンスにかえる☆ 本田健さん講演会レポート | トップページ | 夢に向かっての実践方法 »