« 私の分岐点 | トップページ | 初恋レモン »

ケーラーコミュニケーション PCM セミナーの体験記

こちらの記事で紹介した心理学のセミナーについて、ご紹介しますね!

 

ケーラーコミュニケーション PCM

 

私はこのセミナーを受講したことがある、というだけですが、とても良かったので、著作権に触れない範囲でお伝えします。

 

アメリカの臨床心理学者テービー・ケーラー博士が生み出したコミュニケーションモデルです。

人は生まれながらにして6つのパーソナリティタイプを持ち合わせています。

それをコンドミニアムの形で、階段型のように持っているのですが、どれがベースか、で表面的な印象が決まり、どのパターンで持っているかで、性格が決まり、今、どれを使って生きているか、で現在の心理状態や好むものがわかります。

  

自分を知ることで、自分を愛することができるようになる。

そして、人を知ることで、その人を受け入れやすくなる。

一番納得したのが、人はそれぞれ、認識パターンが違う。だから皆が一致しないのだということを知ることで、他者を受け入れやすくなることができました。

この心理学モデルは実際に体験してみると、本当に納得することばかりです。

「なぜあの人はわかってくれないんだろう」

「なぜ、私は人と違うんだろう」

「私はどうして、こういう時に落ち込むんだろう、イライラするんだろう」

と感じていたストレスが氷塊します。

 

その人それぞれによって、嬉しくなる褒め言葉も違えば、居心地よくなる部屋も違います。

また、ホッと落ちつく、自分を満たす方法もそれぞれ違うのです。

(たとえば、人とワイワイはしゃぐと楽しくなる人もいれば、一人で部屋にいるのが楽しい人もいるのです)

 

相性がいい人や苦手な人がいることも、理論的に判明しますので、スッキリします。

感覚的に生きている人も、理論的に生きている人にも、両方が納得する心理学モデルだと私は感じています。

このセミナーを受けることで、私は自分を客観的に知ることができました。自分を満たす方法を具体的に知って行動が変わりました。

 

そして、無理に人と合わせようとせず、自分と一致する部分で付き合っていくのが楽だなあ、ということを感じています。

 

もちろん、皆が同じ感想を抱いてくださるかはわかりませんので、あくまで、私の感想です。

参考になれば嬉しいです☆

読んでくださって有難う。

|

« 私の分岐点 | トップページ | 初恋レモン »

セミナー受講」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の分岐点 | トップページ | 初恋レモン »