« 「自分を大事にする」 ということの意味 | トップページ | 朝マックで無料コーヒー »

その人そのままを受け入れること

昨日の日記で、私が友人の力になれたことを書かせて頂きました。
でも、私が言いたいことは、私だから力になれた、ということではないということです。
 
何よりも、その人の話しを親身になって聞いてあげることが大切なのだ、ということをハッキリ確信しました。
 
   
家族がそれぞれ忙しく、お互いにに関心を持っていないということは、良くあることだと思うのです。
家族以外にいる場があれば、そこまで深刻にならないのですが、例えば家庭の主婦だったりすると、自分のアイデンティティに大きく打撃を与えて、自分自身でいることができなくなることもあり得るのです。
 
自分が誰にも関心を持たれないことが、どれほど大きく自分を損なうか。
私はその姿を見て、とても深く感じることがありました。

人は一人では生きて行けないのだな。
まず、誰かに関心を持ってもらい、人として大事に扱われない限り、自分であることを、自分が許せなくなっていくのだなと感じたのです。
 
  
彼女は自分には価値がない。存在を消したいと思っていたそうです。
 
私はその思いを時間をかけて、ただただ、聞いていきました。
 
私がしたことは、話しを聞くこと、相手の心を汲むこと、理解すること、彼女の気持ちをちゃんと理解しているか、フィードバックすること。
 
だけでした。
その後で、少しだけ、客観的な視点についてヒントをあげました。
そして、彼女自身を、まず、大事にして欲しいということを伝えました。
 
でも、多分、一番彼女に必要だったのは、関心を持ってくれる人が、ただ話しを聞いてくれることだったと思います。
 
今まで彼女の話しを聞いてくれた人たちは、「こうした方がいい」「こうしなかったらダメ」「だからそうなるのよ」「人に期待したって無駄」というような言葉ばかりだったそうです。

彼女も、その人たちが言うことは、全てその通りだと思うと言っていました。
分かっているのに、納得できない自分がものすごく苦しい。

それは、当然です。

彼女自身の思いを、誰も「理解」した上で言っていないのですから。
つまり、本当に彼女に関心を払い、話しを聞いていないのだと思います。
聞いている人が、逆に自分のこととして捉え、自分の気持ちを話す側になってしまっているのだと感じました。
 
 
まず、沢山の思いの渦を吐き出さないと、何も入ってこないのは、器に溢れる水を思えば当然ですよね。
 
人って、分かって欲しいんだと思います。もちろん、私も。
誰かに、本当にそのままを、誤解なく分かって欲しい。
世間一般の常識から考えて、それがあっていても、間違っていても、そんなの関係ないのです。

その人の心の世界で、その事実であるならば、それが他人からみて大したことなかったり、それは気のせいだと思ったりすることは無意味です。

その人の世界をそのまま分かってあげるだけで、人は元気になっていけるのだと実感しました。

人は誰でも淋しいです。
自分が世界で一番可愛そうな自分であっても、私はいいと思います。
そのままの自分を愛おしく思って、可愛そうだと思ってなぐさめてあげて欲しいと心から思うのです。
 
その上で、外に目を向けることが出来たら、少しずつ何か変わってくるかもしれません。
 
意思が動き出すには、強制では難しい。
自分以外の誰かの関心と、好意と、そのままを受け入れてもらうことが応援になって、人は外に出て行けるのだと思います。
  
そんな風に人の力になれたことが、私にとっては本当に光栄で、有り難く、嬉しい出来事でした。
そして、もちろん、私にも、そのままを受け入れてくれる友人たちがいることに、本当に感謝しています。

当たり前のことなんて何一つない。
全てに感謝です。有難うございます。

|

« 「自分を大事にする」 ということの意味 | トップページ | 朝マックで無料コーヒー »

コミュニケーション力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「自分を大事にする」 ということの意味 | トップページ | 朝マックで無料コーヒー »