« 自分自身に枠をつくらない  | トップページ | ハリーポッターと謎のプリンス »

周囲を変えるには自分が変わること

自分が何かをしようと思っている時、また、良い方向に向っている時に、好きな友人や周囲の人、家族に応援してもらったり、喜んでもらえたら嬉しいですよね!
心強くて、勇気百倍です♪


 
私は、周囲は自分で変えられると実感しています。

例えば、誰かの悪口を言ったり、文句を言ったりする時に、仲良くなるのはそれに同調してくれる人です。
でも、そういう人は、同じ思考なので、いつ自分のことをそう言うか分からなくて、完全に信用することは出来ないと思いませんか?

 

もし、そういう仲間に入りたくないと思った瞬間、その人たちと疎遠になっていくと思うのです。

 
「何、あの人」と陰口を叩かれても、自分には関係ないと思って割り切れば、耳に入って来ても何も感じなくなっていきます。

 

実は私が今の職場の入ったばかりの頃、前任者と職場の人達との軋轢をそのまま受け継いでしまい、人生で初の人間関係でうまく行かない時期を経験しました。

 

でも、その時も全く心配はしていませんでした。
その逆風こそ、受けて立とうと思っていた程です。(当時は入ったばかりで、戦う気になっていた 笑)

 

そんな時、とある女性がこう言って来たのです。
「ある部署の、○○さんと○○さんが、白猫さんのことを悪く言っていたよ。それを聞いてすごく嫌で。
私、白猫さんの力になりたいから、何か出来るようだったら言ってね」

 

彼女は簡単に言うと、とても寂しがりで、グループに所属するために、人の関係をゴチャゴチャにして、そのことをきっかけに仲良くなるというタイプでした。

私は、「有難う。気持ちはとっても嬉しいわ。でも、大丈夫。言わせておけばいいのよ」と言いました。
本当にそういう気持ちだったのです。

 

その後、彼女にお互いの悪口を言われて、喧嘩別れして退職した人も出ました。その後、彼女は淋しさから問題行動を起こし、退職をやむなくされることになりました。

 
悪口を仲介にして仲良くなっても、良い友達にはなれないと思うのです。
 

周囲に自分の幸せを喜んでくれる人ばかりにするにはどうしたらいいか。
私が思うことを書かせてくださいね。

 

1、自分が人の幸せを喜べる人になる。

  → 運のいい人、いい人生を歩く人を喜べれば、自分もいい影響をもらえるから、嫉妬すること自体無意味だと思います!

 
2、自分自身が少しずつでも成長しようと心がける。

  → 少しずつでも成長していくことって素敵だなと思います。

 
3、人にプラスの何かを提供できる自分になる。

 → もらうだけでなく、与えられるものを持つ人間になれたらいいなと思います。

 
4、話していて、気持ちのよい人間になる。

 → あの人と話すと、とても楽しい、気持ちがスッキリする、不快にならない、と思ってもらえたら、好意を持ってくれる人が増えていくと思います。

 
5、無理をしない生き方をする。

 → その人らしく生きている人が、一番一緒にいて気楽です。(私は少なくともそうですし、友人もそういう人がいいです)

その人らしく成長していけたらいいですね♪

きっと、周囲も成長に従って変わっていくと信じています。

 
読んでくださって有難う。

|

« 自分自身に枠をつくらない  | トップページ | ハリーポッターと謎のプリンス »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分自身に枠をつくらない  | トップページ | ハリーポッターと謎のプリンス »