« 受けとり上手になる | トップページ | 受け取り上手になる その2 »

誰でも毎日もらっている宝物

また、すごく素敵な本を発見しました。

マイケル ルボーフ「一生お金に困らない人のシンプルな法則」という本です。

ごくごく普通の人でも、ある一定の成功をおさめることができる方法を伝授してある一冊です。

決して、一部の人しかできないことではなく、誰もが実践すればできる。でも、実践するかどうかの部分で、差がでるということでした。

この本の一節で、すごくいい文章があったので、皆さんにご紹介したくって、転記させていただきますね。

ほんの一部なので著作権法に触れないと思いますので。(読んで自分のこととしてわかりやすくするため、ドルを円表記に変えました)

==================

毎朝、あなたの預金口座に8万6千400円を振り込んでくれる銀行があると想像してみよう。

そのお金は1日分で、使い切れなかった残高は次の日に繰越しできないことになっているとすれば、どうするだろう?

もちろん、最後の1円まで引き出すはずだ。

実は誰でもこの口座をもっている。それは「時間という口座」だ。

そこには毎朝86,400秒という時間が振り込まれる。

有効に使えなかったとしても取り戻すことはできない。翌日に残高を繰り越すことも、前借りすることもできない。

あなたの口座には、毎日新しい「時間」が振り込まれ、その日が終わると残りの時間は末梢される。

その日の時間を使い損ねても、それは自分の責任である。

誰でも今日の預金だけで生きなければならないのだ。

最高の健康と幸福と成功を得るために、時間を投資しよう。時計は動いている。今日という日を最大限に生かすのだ。

「昨日」という日はヒストリー

「明日」という日はミステリー

「今日」という日はギフトなのだ。今日という日をプレゼントと呼ぶ由縁である。

一瞬一瞬を宝物として大切に扱おう!

そして、あなたの特別な人、時間を分かち合う価値のある人と共に過ごすようにしよう。歳月人を待たずである。

昨日は無効の小切手。で、明日を約束手形だとすれば、今日は手元の

現金だ。今日という日を賢く使おう。

===================

以上です。

つい、時間を無駄にしてしまう私なので、とても感銘を受けました。

時間はどんな人でも平等に与えられたものであり、チャンスなんですよね。

読んでくださって有難う。

|

« 受けとり上手になる | トップページ | 受け取り上手になる その2 »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受けとり上手になる | トップページ | 受け取り上手になる その2 »