« 運転したいか 助手席い乗っていたいか (人生の道) 続き | トップページ | 抹茶フロートラテ »

親子が理解しあえる関係になる   その1

今日は以前の記事で少し予告させて頂いた、親子関係について、私が思うことを書かせてくださいね。
 
まだ、子育て途中なので、偉そうなことは言えませんが、また、いつもながら、私が気付いたことを書きたいなと思っています。

ここで書くのは、小学校高学年以上のお子さんがいる方が対象になるかもしれませんが、よろしくお願いします。
(小さいお子さん向けのことも、いつか書けたらいいな という希望はあります!)
 
親が子育てをしていて、辛いなあ、切ないなあと思うことについて、一般的に共通するのは以下のことが思い浮かびます。
 
 
1、子供が反抗的。言うことを聞いてくれない

2、子供が口を聞いてくれない

3、私がこうしたらいいと言うことを、その通りにしてくれない。(子供のためなのに〜)

4、勉強しない。将来が心配

5、自分の価値観と一致した人間になって欲しい (でも、現実はそうなってない気がするのでイライラ)
     → 大きなことでいえば、職業、将来の進学など。小さなことでは、片付けをしない、髪型、考え方などの不一致

6、子供が悩んだり、成績が良くなかったり、友達とうまくいかないのを見て、自分のことのように辛い。何とかしてあげたくなる。苦しい


まだ沢山あるかもしれませんが、ここで、話題をかえて。
 

次はお子さん側の、親に対しての不満や嫌だなと思うことを書きますね。(これも一般的ですが)
 

1、親が口うるさい

2、自分の価値観を押し付けて来て、迷惑

3、いちいち、干渉してこないでっ!

4、ああしろ、こうしろって、命令ばかりする

5、心配されるのが、負担

6、何気ない言葉に傷つく

7、自分のことで、父親と母親が裏で相談している感じが嫌だ (自分に不利なような展開になる場合がある)

8、ちゃんと話しを聞いてくれない。私を分かってくれない。

9、自分の意見ばかり言う

10、親だから自分が正しいと思っている感じがする


いかがでしょうか。

親には親の気持ちがあり、子供には子供の言い分があるような気がするのです。

そのどちらも、正しいのだと思います。
その人が、その人のまま生きているからこそ、お互いの立場の差が、不満の差となっているんだろうなと思います。

双方がうまくいかないのは、親は子供時代のことを忘れてしまい、どうしても親の気持ちが優先してしまうこと。
それだけ、子供への思いが強いのだと思います。そして、責任もね!

子供は、これから育って行こうという、エネルギーの持ち主。
だから、親から押し付けられる子育ては、とても辛いのです。
 
双方が相手に成り代われないからこそ、起こる不一致について、また次回、続きを書かせてくださいね!

|

« 運転したいか 助手席い乗っていたいか (人生の道) 続き | トップページ | 抹茶フロートラテ »

子供を育てる 心を育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運転したいか 助手席い乗っていたいか (人生の道) 続き | トップページ | 抹茶フロートラテ »