« サンタフェ ステーキ スパイス | トップページ | 悩みの所有者 »

茨木のり子 さんの詩 「みずうみ」

私の大好きな詩に、茨木のり子さんの「みずうみ」という詩があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
茨木のり子
「みずうみ」

だいたいお母さんてものはさ
しいん
としたとこがなくちゃいけないんだ

名台詞を聴くものかな!

ふりかえると
お下げとお河童と
二つのランドセルがゆれてゆく
落葉の道

お母さんだけとはかぎらない
人間は誰でも心の底に
しいんと静かな湖を持つべきなのだ

田沢湖のように深く青い湖を
かくし持っているひとは
話すとわかる 二言 三言で

それこそ しいんと落ちついて
容易に増えも減りもしない自分の湖
さらさらと他人の降りてはゆけない魔の湖

教養や学歴とはなんの関係もないらしい
人間の魅力とは
たぶんその湖のあたりから
発する霧だ

早くもそのことに
気づいたらしい
小さな
二人の
娘たち

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しいんとした湖って皆さんはどのように解釈されますか?

私は、
「自分だけの価値観」
「自分を内省する場所」
「自分を映す鏡」

のような印象を持ちました。

 
誰にも左右されず、そして、人の言った言葉や行動を、一度この湖に落としてその意味を考える。
 
自分が話したことを、この湖に入れて、それが正しかったのか、内省する。
 
そして、自分の行動を考え、省みる鏡のような存在。
 
決して嘘をつかず、裏切らず、自分が正しい気持ちの時は温かく、後ろめたい気持ちの時は冷たく、存在する湖。
 
しいんと、静かで落ちついていて、誰も入り込めない自分だけの世界を感じます。
 
 
「教養や学歴とはなんの関係もないらしい
人間の魅力とは
たぶんその湖のあたりから
発する霧だ」
 
 
この部分にとても共感しています。

人間的魅力は外についているラベルやレッテルなどではないのでしょう。
どんなに大きなことを言う人でも、一見、華やかな人であっても、このしいんとした湖がなければ、薄い水たまりのような人になってしまうと思います。
 
私も、しいんとした湖を持つ女性でありたいです。
そして、しいんとした湖を持つ人と、これからも友人でいたいなと思いました。
 
私の親友たちは、皆、しいんとした湖を持っています。
だから、引かれ合うのかもしれません。
 
その湖の色が違っても、あるというだけでいいのです。
どこか、その深い湖同士で共鳴しあう感覚を覚えます。
 
油断すると、浅くなったり、色が変わったりしそうな、心の奥の湖は、大事に育てることで、もっと広く深く綺麗になっていく気がします。
 
私もまだまだ未熟な人間なので、日々、精進です。
一進一退ですが、1年を振り返った時、1年前の自分より、成長できていたら嬉しいです。


|

« サンタフェ ステーキ スパイス | トップページ | 悩みの所有者 »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンタフェ ステーキ スパイス | トップページ | 悩みの所有者 »