« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

可愛い本

可愛い本
低学年向けの可愛い本です。
表紙がかわいかったので!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炊けました!

炊けました!
ふっくら、白いご飯が炊き上がりました。
すごく簡単でした。美味しいです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってきました! 南部ごはん釜

やってきました! 南部ごはん釜
普段からネットで買い物を良くする私。
年末にクレジットカードのポイントを交換しました。
今日届いたのが、この南部ごはん釜です。

鉄製の可愛い形。岩手県の水沢で作られた物です。

早速ご飯を炊いてみますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミル付七味

ミル付七味
皆さんご存じかと思うのですが、私は今日発見したのが、このミル付七味です。
ミルでガリガリ。いい香りです〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心を開く

最近、ふとしたことで目にとまる、「心を開いて人と接する」というフレーズ。

以前から、私はこれを大事にしてきました。

 

心を開くのってすごく簡単。だけど、勇気がいるものなのかもしれません。

 

「心を開く」ということですが、そのポイントを私なりに解釈して書かせてくださいね。

 

まず、誰もがもつ、自分のプライベートな部分はあるはず。

そこをさらけだす必要はないと思うのです。そこの扉をきちんと閉める訓練をする。

これはとっても大切なポイントです。

なぜなら、自分のウィークポイントをさらけ出しすぎると逆に傷つきます。(ネット世界ではなく現実世界の話です)

私を信用してくれて話してくださっているのならうれしいことですが、誰にでも聞いてほしいというタイプの人を多く見受けます。

色々な人に自分の心の悩みや、苦しいこと、辛いことを打ち明けすぎると、その反動で、自分をさらけ出しすぎて、立ち直れなくなることもあるかと思います。

また、不思議と、こういうタイプの人は、誰かのせいにすることも多いのです。こうなったのは誰のせい、こんなことを言われた、あの人がこうした、あの人がこうしてくれていれば。

そうなってしまうと、苦しいだけ。

そこをクリアしてから、心を開くという行為にうつらないと傷ついてしまうかもしれません。

 

まず、一人で生きる力をつけること。これが第一歩。

次に大事な奥深くへの扉をきちんと閉めたら、その先は何段階かの扉を作ってもいいと思います。でも、その扉は、その階級に合わせて開けておくのです。

職場ではこの扉まで。友人とはこの扉まで。親友とはこの扉まで。彼とはこの扉まで。

そんな風に使い分けできるように自然となっていくと思います。

 

そして、その扉は惜しげもなく、開けておくといいのです。

まず、自分が心を許さずに、相手が先に心を許すことはありません。

相手を好きにならずに、好かれることもありません。

心を開くということは、イコール、人の欠点ではなく、長所を見つけることが得意になること。その人のいい部分を好きになること。話す時に警戒せず、心を開いて話を聞き、自分も話すこと。

これが私の思う、心を開くということだと思うのです。

 

心を開けば、相手も開いてくれます。

そして、仲良くなりたい自分の段階まで、相手の心を開かせればいいのです。

自分が望むより接近された時は、そっとそれを知らせてあげればいいのです。相手が傷つかないように。

心を開けば、必ず生きやすくなります。

 

まず、最初の一歩は自分の問題は自分で解決し、人に助けてもらった時は感謝をして、それにおぶさらず、うまくいかなくても人のせいにしないこと。

次に、相手に応じて心の扉を開き、長所の部分だけと接すること。

ぜひ、実践してみてくださいね☆

私の経験ですが、これが一番楽で楽しい生き方じゃないかな、と思っています。

| | コメント (0)

ワクワク☆

昨日は久々に友人と子供と一緒に、お気に入りのアジア料理のお店に行ってきました。
店作りも庶民的なお店なのですが、安くて美味しいのです。
味が私の好みと一致しているという感じでしょうか。

ここしばらく、食べログも更新していないので、美味しい出会いがあったお店をまた紹介したいな〜と思ってます。

実は、今年の私は、去年より心が新しいことを求めている気がします。
新しい発見、経験、出会い。
何となく、行動出来そうな一年となりそうです。

そして、今年はワクワクする気持ちをどんどん自由に広げて行きたいなと思ってます。
ワクワクしたり、嬉しいことをするのが、きっと笑顔への近道かなと思うのです。
原点はきっとここなのでしょうね。

本も沢山読みたいし、映画も見たいな。
そして、もちろん、友とも語りたいし、皆さんともお話したいです☆

ワクワクを大事にする一年にしよう、と思う私の初志を書かせて頂きました。
読んでくださって有難う。

| | コメント (1)

居酒屋料理

居酒屋料理
辛いもの好きの息子発案のおつまみを即席で作りました!

まず、キュウリを細切りにして、キムチの素と混ぜ合わせておきます。
次に白菜キムチを細切りにしておきます。

お湯を沸かして、もやしをサッと茹で、水でさらして熱を取ります。

もやし、キュウリ、白菜キムチを混ぜて出来上がり。
キムチの素は多めが美味しいかもしれません。もやしが水っぽいので。
5分で出来る簡単おつまみ。美味しかったですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お財布

あっという間にお正月休みも終わりです。
今日から仕事の私ですが、皆さんも今日が仕事初めの方はいらっしゃるでしょうか。
  
皆さんにとって良い一年となりますように。
今年もよろしくお願いします。
  
ところで、この冬休みの話しを聞いてください。
  
まず、年末から元旦は実家で両親と子供と過ごしてきました。
家事をしなくていいので、子供とずっと一緒にいれることが新鮮でした。
ゆっくり家事のことも食事のことも何も考えずに、子供とテレビ観たりするのも楽しいですね!
両親に感謝しています。
(その気持ちをうまく伝えられていないことも心残りではありますが)
  
一昨日、友達と恒例のホテルステイをしてきました。
美味しいフレンチを食べて、満喫してきました!
気の置けない親友なので、気楽なので続くのでしょうね。
  
笑ってしまうのですが、フレンチでは量が物足りなく、いつもお腹がすいちゃうので、夕食前にたくさんお菓子とかケーキとかお酒とか買っておいたのですが、予想以上にお腹が一杯になってしまって…。
それでもせっかく買ったんだからと、無理にお菓子を食べた私たち。
自分たちの食欲に笑ってしまいました。
  
昨日はバーゲンに行って来たのですが、あまり金銭的に余裕はないので、ちょっとセーブしてしまいました。
すごく気に入った服もあまりなかったので良かったです。
ただ、財布を新調しました。
前の財布は約4年使っていたので、まだ使えるのですがそろそろ買い換え時だったと思います。
  
ピンクが大好きな私。
前の財布は大好きなアナスイのピンクの花柄の財布でした。
今回も、好きなクレイサスのピンクの財布です。花柄ではないのですが、可愛いリボンがついています。
  
形に好みがあって、がま口がついた折り畳む財布が好みなのです。
がま口はファスナーではなく、あくまでがま口。
  
今回の財布は、カード入れがものすごく沢山ついていて、そこに惹かれて購入しました。
今までごちゃごちゃだったカード(お店のポイントカードなど)を整理出来たので良かったです。
買った早々、お金ではなく、ポイントカードなどで財布がパンパン。
若い子の財布はペッちゃんこ(お金がないという意味ではなく)なので、自分の年齢を感じます。(苦笑)

ピンクが元々大好きな色。
好きな色ナンバー1はピンクと言っても良いくらい。
以前の私の服はピンクがすごく多かったのですが、だいぶ前から、ほとんどピンクは着なくなりました。
たまに着ても濃いピンクとかでしょうか。
年齢的に浮いてしまうのも恥ずかしいですしね。
なので、小物だけは思う存分、好みのものを使っています。

それではまた☆


| | コメント (0)

お守り

お守り
普段はあまりお守りを買わない私ですが、今年は毘沙門天のお守りがかわいかったので購入。
毘沙門天は己に勝つ=開運の神様のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

靴屋さん

靴屋さん
神楽坂(飯田橋)にある、昔ながらの靴屋さん。店構えも情緒がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂

神楽坂
お正月、友人と神楽坂の毘沙門天に初詣に行って来ました。
神楽坂は情緒があって、くつろげる街です。坂道、石段がいい感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹林

竹林
実家の近くの小さな竹林の中は、自然に出来た冒険コースです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
今 実家に帰省中です。実家の庭で母が作っている唐辛子を摘んで帰ります。
美人さんに撮ってねと唐辛子に言われた様な気がしました。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »