« 友人の親子 | トップページ | 映画を観てきました! »

恋愛依存症

私には、とても気の合う仲のいい年下の友人がいるのですが、彼女の周りは恋愛依存症の子が多いらしいのです。
  
依存症という言葉は私が勝手につけたのですが、つまり、世界が彼中心になってしまい、そのせいで恋愛がうまくいかないということです。
  
私の友人は好きという気持ちがあっても、あくまで恋愛は生活の一部。
なので、彼がずっと追ってくれているのです。
 
でも、彼女の周囲の子たちも、また、私の今までの職場で出会った子たちも、どうしても彼中心になりがちな子が多いのが事実です。
   
恋愛が楽しみになればいいのですが、不安と心配を抱える恋愛は不安定だと思うのです。
つまり、彼といない時も心配、いても未来が心配、いつでも心配なのです。
そういう心配は、顔に出さなくても伝わっています。そして、彼の態度が大きくなっていくのです。
  
なぜそんなに心配かというと、やっぱり将来結婚するかどうか、その結論をもらっていないからなのでしょうか?
  
結婚してからも、妻が夫に被害妄想を抱く程、執着する場合もありますが、それはよほどのこと。
大体は、奥さんはデンと構えていられるようになるのは、安心感から来る物かもしれません。
  
正直、男性はあまりしつこかったり、うざかったりするのは好まない人が多いと思うのです。
中にはすごい嫉妬されるのが大好きという人もいるかもしれませんが、それは一部の人。
ちょっとの嫉妬は嬉しくても、携帯を見たり、スケジュールを管理しようとする女性を好きな人は、ほぼいません。
もし、誰かにとられるかも、と思うような魅力のある男性を好きになったとしたら、逆に、彼に執着するのは逆効果だと思います。
  
できれば、まず、自分で精神的にも経済的にも、ある程度は自立してから恋愛した方がいい恋愛が出来ると思うのです。というのは、欠けている部分を彼に補ってもらおうとすると、彼をなくす時、自分の一部もなくしてしまって、立っていられなくなってしまうからです。
彼を失うだけでなく、自分の足場も揺らいでしまう。そんな不安な状態での恋愛は怖いです。そして、うまくいかないことが多い。
  
まず、自分が幸せであること。自分だけでも友達や趣味、生活が充実していること。
その状態から恋愛をはじめれば、どんなに好きになったとしても、彼が自分の世界の中心になることはないと思います。

そう、言い換えれば、自分の主人公はあくまで自分。
彼を自分の世界や生活の主人公にしたらうまくいかないのです。
なぜなら、彼にも人格がある他人なのですから、他人に自分の心や人生、生活の舵取りをさせるなんて無理。
自分の期待通りに彼が動くなんて空想の世界です。だから、がっかりするし、悲しくもなるのです。
   
彼に依存すれば、最初は良くても、段々と重くなり、ウザくなり、隠し事が増え、それが不安になり問いただし、男性が苦手とする「話し合い」が増え、彼が避け始め、電話に出ないことも増え、メールの返信もへり、なかなか連絡がつかなくなり…、の悪循環にはまってしまいます。
   
最初は彼が追ってきてくれていたのに、いつのまにか立場が逆転してしまう、という自覚のある人は、恋愛のはじまりこそ、冷静になるように、自覚してみてくださいね!
   
恋愛依存症は、お互いにとってもったいないことだと思います。
 
最近、友人と「恋愛ではなぜか段々、女性が弱くなる」 というテーマで良くメール交換しているので、久しぶりに恋愛のテーマでブログを書いてみました。
それではまた!

|

« 友人の親子 | トップページ | 映画を観てきました! »

恋愛、友情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友人の親子 | トップページ | 映画を観てきました! »