« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

チロルチョコ 抹茶






普通のチロルより大きめ!

抹茶が美味しくて真ん中のお餅とマッチ!

コンビニで売ってますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポシティブな子供を育てる

私は子供にはこれだけは伝えたいと思うことがありました。

まず、人間としての思いやり。これは本当に大事ですね。

次に世の中のルールを大事にすること。時間を守ること、約束を守ること。

プラスして、柔軟さを兼ね備えられたら…と思うのは欲張りでしょうか。自分の芯はしっかり持って、嫌だったらNOが言える人間になること。

その上で、人の意見を聞いてあげられる柔軟さを持てたら、社会生活に苦労することはないでしょう。

でも、これは私が伝えることというより、自分で学んでいくだろうと期待しています。

    

さて、私が特に伝えたかったことは、ポシティブシンキング(前向きな思考)です。これは現段階では誰もが認める、息子の長所となっています。

 

もちろん、これから思春期を迎えます。自分に自信がなかったり、人の賛同を得られなかった時、揺らぐこともあるかもしれません。

そんな時でも、最終的に助けてくれるのはポシティブな考え方だと思うのです。

 

雨が降ったとき、ああ、雨が降っちゃった…と落ち込むのか、いつまでも降る訳じゃないし、雨が降るのもたまにはいいかもと思えるのか。

起きた現象が同じであっても、自分の心の捉え方で、ガッカリしたり残念だったりする気持ちは少なくてすむと思うのです。

私が思うのは、明らかにプラスが増えるだけでなく、マイナスが減ることだけでもプラスだと思うのです。

 

私は具体的に息子にしてきたことといえば、大した秘策がある訳ではないのでがっかりされるかもしれませんが、聞いてくださいね。

 

1. 基本的に否定はしない

「あなたは…だから」

「こうに決まっているじゃないの」

「こういうことは苦手よね。下手よね。向いていないわよね」

という、可能性を否定する言葉は口に出ることはあまりありません。特に気をつけている訳ではないのですが、言おうと思っても馴染みがなくて言えないのかもしれません。

でも、私も絶対ではないので、ふいに成り行きで言ってしまうこともあるのですが…、必ず謝るようにしています。

もちろん、明らかに息子に向いていないと思う部分もあるのです。

これは才能がないなと思うこともあります。

でも、口にしてしまったら、本人が自覚してしまうでしょう?

もしかしたら、自覚しなければ、努力するかもしれないのに、自覚したとたん、やっても無駄と思うような気がするのです。

私は、もともと暗記が苦手ではなかったのに、何かのはずみで苦手と思った瞬間、本当に覚えられなくなった時期があるのです。

なので、人間って暗示に弱いと自分で知っているからことかもしれません。

それから、これは別にたまたまなのですが、子供が小学校入学前まで、ものすごーーーく絵が下手でした。

顔を描いてもただのなぐり書き。誰もが絵とは認められない代物でした。でも、私は、無意識のうちに褒めてました。うまくしようと思った訳ではなく、正直、あまり深く考えていなかったのかもしれません。

それが良かった訳でもないと思うのですが、小学校に入ってから、息子の絵がぐんぐんうまくなって(といっても、子供らしい上手さで技術はありませんが)、4年の時に区の展覧会に選ばれた時はビックリしました。

なので、子供の可能性は本当にわからないので、目先のことで、駄目だなと思わない方がいいかもしれません。

 

2.注意はその場で

ある程度大人になれば、きっと遡っての注意や話し合いも可能かもしれません。でも、まだ子供のうちは(この子供がいつまでかは、個性によるかも)、その場で注意して後に引きずらないこと。

朝失敗したことを、夜注意しても、子供自身覚えていないうえに、嫌な気持ちが残るだけ。なので、その場で注意したら、あとは忘れる。

もちろん、一度注意しただけでは直らないので、繰り返し、繰り返し。

いつまでも繰り返しのまま…、現在なのですが。(笑)

まあ、これは家のことなので、色々な家庭でそれぞれの方法があると思います。

3.長所を褒めて伸ばし、短所は明らかに直さなければならない部分以外は触れないようにする。

例えば、その子の人生において、これは直しておかないと、みんなとうまくやれないというような癖があれば、多少の修正は必要だと思うのです。

でも、言ってもどうにもならない短所は、もちろん、人並みにしてあげることも大事だけど、それよりも長所を褒めて、自信をつけてあげて、伸ばした方が、短所も引っ張られて伸びていくことがあると思うのです。

人って本当に不思議です。自分にできることが増えていくと、ほかの部分でも積極的になったりできるんですよね。

 

とまあ、当たり前のことばかりでごめんなさい。あとは普通の会話の時に、何か話している時に、私の考えを求められた時に、自然に前向きな考え方を話しています。

そういうことも移っていくのかもしれませんね。

 

また、何か思いついたら書かせてくださいね。

私の子育ては正直、完璧ではないため、あまり参考にならないかもしれません。ついでに言えば、ポシティブなのに、あまり欠点がないという人はかなりスペシャル!

私は自分でも自覚する大ざっぱです。そして息子も…。

ポシティブとは、ある意味、「なるようになるさ」的な所があるので、お気をつけください。

それが致命的にならないようには気をつけています。おおらかさも度を超すと大変なことになっちゃいますから。(笑)

それではまた♪

読んでくださって有難うございます。

| | コメント (0)

卒業式でした

今日は息子の小学校の卒業式でした。

ほんのちょっぴり涙が出たけれど、笑顔、笑顔の卒業式でした。

息子の小学校はとても小さな小学校で、数年後に廃校が決まっています。

地域に子供が少なくなってしまったのです。

でも、その代わりといっては何ですが、小さな学校ならではの良さが満載の学校でした。先生方が生徒全員の顔を知っていて、子供たちも明るく伸び伸び、個性を認め合いそれがいじめにつながるようなこともなく、健やかに育ってくれました。

  

学校の先生方、保護者の方に感謝しています。

こういう温かな学校で育った心があれば、きっとこれから大きな世界に出てもやっていけると信じています。

正直、今更ですが、遠くの中学校に通うことに少し心配も出てきてしまったのです。

でも、きっと大丈夫と今日思いました。

明るく元気で、生きる意欲があれば、どこでもやっていけると思います。

小学校最後の成績表に書いてあった先生の言葉、「ポシティブな性格が長所なので、これからもその部分をなくさずに中学でも頑張って」と書いてあり、嬉しくなりました。

ポシティブシンキングこそ、私が息子に伝えたかった一番のこと☆

息子の明るさと笑顔に周囲が幸せになってくれたらいいなと思います。

(私事ですみません)

さて、また明日から新たな毎日がはじまります。頑張らなくっちゃ!

| | コメント (4)

何かできることはある?

皆さん、こんばんは!

海外ドラマが好きな私ですが、アメリカのドラマで好きな表現があるのです。

それは何か困ったことが起きた時、悲しいことが起きた時に、友達や恋人が男女問わず、必ずこういうのです。

 

「私に何かできることはある?」

 

とても素敵な言葉だなと、毎回感じていました。

周囲に何か起きた時、具体的に手を貸してほしいのか、話を聞いてほしいだけなのか、何もしない方が(聞かない方が)いいのか、判断に困る場合があると思うのです。

何かしてあげたいけれど、迷惑になるかもしれない。

相手は何か手を貸してほしいと思っているかもしれない。このままそっとしておいた方がいいのかもしれないし、でも、そうしたら淋しいと思っているかもしれない。

 

そんな時に、私はたいがい、

「大丈夫?」

「話を聞くだけならできるけれど」

そんな感じの言葉が口から出るのですが、「私に何かできることはある?」という言葉は、最適だと思うこの頃です。

その時は「大丈夫」と断ったとしても、あとからそう言われた言葉が心に残って、本当に助けてほしい時に言ってきてくれるかもしれません。

 

いつも吹き替え版で見てしまっているので、英語ではどう言っているのかわからずにすみません。英語だとCan I help you? とでも言っているのでしょうか…。

直訳するとイマイチだけど、日本語の翻訳がうまい場合もありますよね!

日本は「雰囲気」を大事にする国ですし。

また、そこが素敵な所でもあると思います。

空気を読むのは外国でも同じなのでしょうか。

日本でスムーズに生きていくためには、空気を読むのは必須だと思う私です。

さて、日付は変わって今日は息子の小学校の卒業式です。

今までは忙しさに追われて特別な感情はなかったのですが、明日はもしかしたらグーっとくるかもしれません。

 

また話を聞いてくださいね!

おやすみなさい。

| | コメント (2)

ミニストップのパフェ






ミニストップのソフトクリームは濃くて美味しいのです!

パフェも美味しかったです。295円でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況報告

皆さん、こんばんは!

また、しばらく日記更新が滞ってしまいました。

 

最近、息子の小学校卒業に向けて行事があり、その準備に追われていた私です。(役員だったので)

正直、役員は面倒だなあと思っていました。

終わった今も(まだ後片付けや申し送りミーティングが残っているのですが)、正直、大変だった…という気持ちの方が大きいのです。

息子はお陰様で希望の学校に通えることになり、これからはこんなに大変な役員を2年に1度引き受けなくても良くなって嬉しいのです。

ただ、もしかしたら、ずっとあとになって、自分が行事に関われたこと=家庭以外に学校でも親として関われたことを、良かったと思いだせるような気もしています。

 

何より、息子を含めて、卒業する小学校がとても明るくて素直な子供たちばかりの学校でよかったです!

子供たちは、皆、「生きる力、輝く目、意欲、前向きが心」を持っています。

生命力がなければ、知識があっても活かせないでしょう。

楽しい毎日を発見できなかったら、しなければいけないことが苦痛でしかないでしょう。

頑張ろうという意欲がなければ、強制されて行動するのは辛いことでしょう。

楽しいことばかりでない子供社会で、それでも明るく前向きになれることは、生きている全ての根源になっている気がするのです。

 

そんな子供らしい素直で元気な心を大事にする、小学校で本当によかったです!

先生方、保護者の方たちもきっと素敵だったからなのですね。

私もこのめぐりあわせに心から感謝しています。

 

さて、そんな日常の中、おいしいお店も発見しました。

今日は大好きな吉祥寺散策に行ってきました♪

また、そんな日常も近々、聞いてくださいね!

とりあえずのご報告でした。

おやすみなさい。

| | コメント (0)

オーギョーチ





中華料理のデザートとして知られる「オーギョーチ」ですが、私の好みの味なのが、ファミレスのバーミヤンのオーギョーチが一番好きです。

小さなレモンとクコの実が入っていて、とてもさわやかな甘み!

正直、このお店の他の料理は脂っぽいしまあまあ、の味ですが、オーギョーチだけはお勧めです♪

| | コメント (0)

オニ花トマト






携帯からの記事投稿です。



スーパーで美味しそうなトマトを目にしました。



オニ花トマトはその枝から始めてなったトマトだとか。

味もサッパリとした味で美味しかったです。



最近のスーパーの野菜はお洒落ですね。普段は八百屋さんで買っているのでびっくりしました。


| | コメント (1)

とうとう3月 居場所について

みなさん、こんにちは!
2月は本当に忙しくて日記更新が滞ったまま、3月です。
3月初めの日は日記更新が出来ました☆
 
今までの壁紙もとっても気にいっていたのですが、気分をかえるために変更しました。
今回の壁紙も私の好みです。
 
前の日記にも少し触れたのですが、働いて良かったと思うことについて書かせてくださいね!

仕事って、お給料をもらうために働くということではありますが、それ以外に喜びが沢山あると思うのです。
 
人に評価される喜び。
社会的な場で活躍できる喜び。
働くこと=遊びではないので、自分も我慢しなければならないことも多く、そこから得られる成長。
 
など。
それから、自分の働きがお金になるというのは、単にお金をもらうというだけでなく、大きな意義のような物も感じるのです。
 
そして私は上に書いた一般的なこと以外に、こんな風に感じたことがあるのです。
 
「働く場、所属する場があって良かった」
 
人って自分の存在感を認識するためには、自分一人きりでは難しいと思うのです。
家族、周囲の人などの存在があってこそ、自分という人間の存在も認識しているように思います。
 
それに加えて私は時々、「働く場があって良かった」と思うことがあるのです。
上手く言い表せませんが、自分がいる場所があって良かった、ということなのかもしれません。

家庭から出ても、自分を必要としてくれる場所がある安心感。
会社から出て、家に帰り、自分がホッと出来る家や家族がいる安心感。

両方に所属する場があることに、ふと感謝することがある私なのです。
多分、どちらかだけではバランスがとれなくて不安定になりそうに思います。
ずっと家庭にいてのんびりしたい! と思うこともあるのですが、それは今だからそう思うことであって、本当にそうなったら淋しくなりそうな気がします。

そして、会社人間も私には向いていません。
家でのんびりしたり、子どもと過ごしたり、友人と過ごすことが息抜きになっているのです。
なので、家庭が荒れていたら、子どもでも大人でも学校、会社に集中できないだろうと思うのです。
家庭は大事ですよね。

それではまた!

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »