« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

納豆…の話

先日、あるある大辞典で、納得で痩せる、という話題を取り上げてから、納豆の売り切れが続出しているとか!
皆さんはご覧になりましたか?

私は番組は観ていないのですが、スーパーで「売り切れてごめんなさい」のチラシを観て興味を抱き、ネットで検索して番組HPで概要を知りました。

納豆は好きなのですが、毎日食べる程ではなかった私。

でも、番組を観てから、朝、晩と1パックずつ食べています。(私って…)

ご存知ない方のために、私が知った情報を簡単にお話しますね。

 1、納豆は朝、晩、1パックずつ食べる。血液中のイソフラボンの値を一定に保つため。

 2、納豆を良く混ぜてから20分放置する。若返りホルモン「ポリアミン」が増えるから。

 だそうです!

 とりあえず結果はともかく、体にいいことは間違いないですよね。
1週間、朝、晩と食べてみようと思っていますが、飽きてしまうかも。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

手紙

こんにちは!
久しぶりの日記更新です。

というのも、最近、すごく眠くって家でパソコンを開くことなく眠ってしまう毎日でした。
なので、家のパソコンにメールが溜まっていて、申し訳ない一件もありました。

私のメールは携帯、ウェブ上アドレス、パソコンとあって、最近パソコン固定のメールアドレスにメールをくれる友人が少なくなってきているため、段々と開かなくなってしまっているのかもしれません。

ちなみに面倒くさがりの私は、携帯メールでの返信もすっごく苦手なのです。
もらえると嬉しいのに、ちまちまと打ち直すのが何とも大変で…。
携帯メールに関しては、恋愛が絡んだとしても、打つのが面倒なのは変わらないだろうと、現時点では確信しています。

そういえば、私は元々筆無精でした。
手紙をもらうとすごく嬉しいのに、なかなか返事が書けなかったことを思い出します。

ところで、皆さんは、友達や恋人からもらった手紙は大事に保管してありますか?
私はずっと保管してあったのですが、去年、ほとんどを捨てさせてもらいました。

昔の恋人からの手紙は少し読み返したけれど、こそばゆくて、思い出としてとっておいても読み返さないだろうなと思い、思い切って処分しました。

また、友人からの手紙は、励まされたり、元気をもらったり、心を整理させてもらったり、また、友人自身の悩みを書いてくれていたり。
自分が頼りにされているようで、嬉しかったことを思い出します。

でも、そういったものは、きっと、私が読んだという事実だけでもう用は済んだと思えたのです。
私にくれた手紙は、私が読み、心にとまり、そして流れて行くことで、もう終わりにした方がいいと思ったのです。

いつまでも形として残ることが由という訳でもないかなって。

手紙などの私信は、人の目に触れないうちに処分していくことがいいのかもしれません。
そんなことをふと思った私です。

| | コメント (0)

「いっぱい」にすること

最近出会った児童書の中に、こんな展開がありました。
それは、あれも欲しい、これも欲しいとねだる兄弟の中で、物をねだらない主人公のことを、お父さんが「お前が一番欲張りだ!」と怒るシーンがあったのです。
最初、主人公はそう言われてムッとするのですが、段々と、「確かに私は欲張りかもしれない」と思うのです。

欲張りはいけないことではありません。
この児童書については、近々本のブログで紹介予定ですが、主人公は現状に満たされず、心も現実にも放浪してしまう癖があるのです。
そんな満たされない主人公に比べ、物をほしがる他の子供の方が欲張りではないと思ったお父さんの気持ちも理解できます。物欲の方が分かりやすく、解決もしやすいですものね。
(ちなみに、この本は深刻な家庭崩壊にはならないのでご安心ください)

人間は確かに欲深な生き物だと思うのです。

一つが満たされれば、次が欲しくなり、それが満たされても、次が欲しくなるのです。

人間が満足できない生き物なのは、知能レベルが高いからだと言います。
原始時代の人間なら、その日の食べるものがあり、今日も生きていることに満足していたのではないでしょうか。
衣食住が満たされる現在、家族、友人、職場、人間関係、ゆとり、豊かさ、などなど、それが全て満たされても、満たされきれない空虚さがあると思うのです。

どん欲とも言えますが、欲がなければ人は目標がなくなり生きて行けないかもしれませんね。

私は、心が淋しくて満たされないのは、胸が満たされないように思うのです。
もっと沢山のことを吸収したいと思うのは、おなかの中心が満たされていないような感じかなと思うのです。(胃袋とは別ですよ!)

元々、満月のように、まあるい幸せはないというのが持論です。

かけていても、そこを丸くするのではなく、それはそれとして、自分らしい幸せを見つけられれば、胸の空虚さは満たされて行くかもしれません。
もちろん、人間ですから、浮き沈みはありますが!

最近の私は、ずっと何かを吸収したくて、吸い取り紙のような状態です。
だから、本を読んだり、映画を見たり、人と話したり、美味しいものを食べたり、出かけたりしているのでしょう。

それが楽しくて、ワクワクしている毎日なのです。

〜上で紹介した本について、こちらのブログで詳しく書いています。〜

ビロードのへやの秘密


| | コメント (1)

サラダ

サラダ


今日は忙しくてパソコンを立ち上げる余裕がなかったので、携帯からのアップです。

先日お店で食べたサラダが美味しかったので、真似して作ってみました。

水菜、アボカド、トマト、おぼろ豆腐のサラダです。胡麻ドレッシングをかけて食べました!

それではまた明日。おやすみなさい☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

今日は1月4日。
昨日まで実家に帰省していたので、5日ぶりのネットです!

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

私は30日に慌ただしく家の掃除を簡単にして(本当に簡単に…)、夜、子供と共に実家へ行きました。

そして、お正月はダラダラとTVを観たり、本を読んだりして過ごしました。
子供は父と遊んだりして楽しかったようです。
子供といっても、今年中学。でも、父と息子はとっても気が合うので、二人で意気投合して、バトミントンやキャッチボール、卓球など、体を使った遊びを満喫していました!
父も75才なのですが、若いんですよね。昔に比べたら年ととりましたが、私より動こうという意思があるので、尊敬してしまいます。

また、母も色々と料理を作ってくれて感謝です。
私は両親が健康なのですごく甘えていると思うのです。
感謝しないといけないと改めて感じています。

3日は友人とバーゲンを梯子して、楽しい時間を過ごしました。
気を許す人と過ごすひとときは本当にホッとできる時間ですね!
友人とは夜も飲んだり食べたりして、本当にお正月の最後に楽しい時間を過ごせて嬉しかったです。

友人と話していたのですが、家族に感謝していてもなかなか口に出せないけれど、本当はすぐにその場で口にしていたら違って行くのかもしれないよねって。

職場、家族、友人。
当たり前になっていく関係だからこそ、思いついた時に「有難う」って言えたらいいなと思いました。

今年はそんな年にしていきたいな。

ところで大晦日に紅白はご覧になりましたか?

いくつか心に残る曲がありました。
トキオの「宇船」 スマップの「ありがとう」 が特に胸に響きました。

それでは、皆さんにとっても私にとっても、良い一年となりますように!

今年もよろしくお願いします☆

| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »