トップページ | 2006年11月 »

スープを作るように

恋も友情もゆっくりがいいと私は思っています。

何でも育てるには時間がかかります。
すぐに結果を求めると、早く枯れてしまったりするように思うのです。

恋愛も友情もスープを作ることを想像してみてください。

早く親しくなりたくて、早く結果が欲しくって、肉も野菜もお湯に入れて、強火で煮立てたら、底は焦げるし、味は単純で、美味しいスープは出来ないですよね。
何より、作る過程を楽しんでいないと思うのです。

「私を好き?」「どう思っている?」「なにを考えてる?」
って、心配になって、ジャガイモや人参をつついてばかりいたら、あらあら、穴あきになって、くずれちゃいますよ。

お水からダシをとって、弱火で少しずつ温めて、順序よく、煮えない野菜から加えていって、途中でいためたお肉を入れたり、柔らかな野菜を入れたり。灰汁をとったり。
そうする手順が人と親しくなる感覚と似ていると思うのです。

じっくり大事に。

友達も同じです。
知り合って、気が合いそうと思い、毎日のように連絡をしたり、メールの返事が遅いと心配したり。
自分のことを一番にして欲しいと思ったり、他の子と仲良くしていると気になったり。
自分の予定や考えていることを、全部知って欲しいと思ったり。

そんなに慌てないで!

自分を変えようと無理はしないこと。
相手を知ろうとしすぎないこと。
早く自分を知って欲しいと思わないこと。
相手には相手の世界があるのです。自分にも自分の世界があるはず!
それを忘れないで欲しいのです。

じっくりゆっくり が大事かもしれません。

美味しく出来たスープは長く楽しめます。また作りたい、食べたいと思うでしょう。
そこから得るものも沢山あるのです。

人との関係は、ゆっくり大事に育てていきたいなと思うのです。

| | コメント (3)

自分を大事にすること

私は友達も、家族も、恋愛も、全て同じ人間関係の一つだと思っています。
もちろん、多少の依存度に差はあるにしても、どれも自分があっての相手。
自分を尊重し、相手のことも尊重する。相手からも自分を尊重してもらう。相手も自分自身を尊重していてほしい。
そんな人間同士の関係が一番居心地がいいと思うのです。

適度な距離があって、依存しすぎない関係。
それが長く続くコツです。

友達同士だと自分と他人は別のものって分かるのに、なぜか恋愛や結婚だと、2人で1人になるんだって思ってしまいがち。
確かに「人」という字は、2人の人が寄りかかって1人の「人」になるって言うけれど、助け合うという意味ではそうでも、やっぱり基本的に1人、1人があっての2人で、2人で1人になるには無理があると思うのです。
今まで生きて来た時間も、価値観も、人間関係もあるのですし、何より、自分という自我があるのですから、それを全部合わせるのは無理。
そんな無理する必要なんてなくて、重なりあった部分で共感しあえばいいと思うのです。

友達より、家族、恋人の方が、重なる部分は多いかもしれませんが、重ならない部分を大事にするからこそ、重なる部分がより発展性があったり、いい関係になるのかなと思うのです。

自分を大事にすること。
これが私のスタンスです。

| | コメント (0)

羊カフェ 〜三月の羊〜

JR中央線、西荻窪で可愛いカフェを見つけました☆
「三月の羊」という、小さな、小さなカフェです。
店内は厳重な撮影禁止。
なので、表通りの看板を撮影するにとどめました。

手作りのパンとケーキ、アイスなどを販売しています。
私が食べたパンは、手作りの優しい味でした。

http://www.rum-lamb.com/

Hituji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログで日記を始めました

皆さん、こんにちは。
初めましての方もいらっしゃるでしょうか。

永くお世話になっていた日記から、ココログサイトにお引っ越ししました。

色々な情報を皆さんと共有出来るココログで、新たな気持ちで日記を楽しんで書いていきたいなと思っています。
これからもよろしくお願いします☆

|

トップページ | 2006年11月 »